あなたの薄毛は遺伝かも。薄毛のタイプと原因

隔世遺伝の図

薄毛の原因は、大きく「遺伝」「ストレス」「生活習慣」に分けられます。なかでも、遺伝が要因となるケースは少なくありません。もし現在、薄毛で悩まれているのであれば、ご自身が薄毛になりやすい遺伝子を受け継いでいるかを調べてみましょう。また、ストレスや生活習慣によって薄毛の進行が促進されている可能性もあります。そこで今回は、薄毛と遺伝の関係性と合わせて、薄毛のタイプと原因について解説します。

遺伝

遺伝のイメージ

薄毛は遺伝すると分かっており、家系に薄毛の方がいる場合は本人も薄毛になりやすいとされています。これは薄毛を起こしやすい遺伝子が受け継がれていることが原因であり、それが体質として現れるからです。

ここでいったん、薄毛のメカニズムについておさらいしておきましょう。男性脱毛症(AGA)には、男性ホルモンが深くかかわっています。男性ホルモンのテストステロンが、血液を通って頭皮に存在する酵素5aリダクターゼと結びつくと、薄毛を誘発するジヒドロテストステロンに変化するのです。

ジヒドロテストステロンは、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結びつくことで、「TGF-β」という脱毛因子を増やします。TGF-βには、毛乳頭や毛母細胞へ向け、脱毛を促す作用があります。そのため、TGF-βが増えると、髪を作る毛母細胞は分裂をやめてしまい、髪の毛はしっかりと成長しないまま退行期を迎えて抜けていってしまうのです。結果的に髪全体に産毛のような薄い毛が増え、薄毛につながります。

ただし、男性ホルモンが多ければ多いほど薄毛になりやすいわけではありません。男性ホルモンの影響を受けるかどうかは、遺伝によって決まります

● 薄毛になりやすいタイプ
体質的に薄毛になりやすいのは、「5aリダクターゼが活性化しやすいタイプ」「男性ホルモン受容体の感受性が高いタイプ」です。

・5aリダクターゼが活性化しやすいタイプ

テストステロンと5aリダクターゼが結合すると、薄毛を引き起こすジヒドロテストステロンに変換されてしまいます。そのため、5aリダクターゼが活性化しやすいタイプは、薄毛になりやすいと考えられています。5aリダクターゼの活性化を決める遺伝子は優性遺伝です。そのため、両親のどちらかが活性化遺伝子を持っていれば、子どもにも遺伝してしまいます。

・男性ホルモンの感受性が高いタイプ

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容体に結合することで、薄毛を引き起こします。そのため、男性ホルモン受容体の感度が高い方は、注意が必要です。男性の場合、男性ホルモン受容体の感度は母親から遺伝すると分かっています。女性ホルモンの働きにより母親は薄毛にならないケースが多くなりますが、子どもに薄毛が受け継がれる可能性が高いため、注意しましょう。気になる場合は、母方の祖父が薄毛かどうか確認してみてください。

● 薄毛体質か調べる方法

自分が薄毛遺伝子を持っているか、正確に調べたい場合は、検査を受けてみましょう。検査には、病院に行く方法とキットを使って自分で行う方法があります。

検査キット

病院で検査する場合、口内粘膜・唾液・血液・毛髪の採取を受けます。医師から直接結果を聞けるため自分の体質をよく理解できるのがメリットです。もしも薄毛遺伝子を持っていると分かったら、そのまま治療に申し込むこともできます。ただし、費用は20,000~30,000円と少し高めになるため、ご注意ください。

費用を節約したい方や、病院で検査を受けるのに抵抗がある方には、検査キットがおすすめです。口の中の粘膜を採取して専門機関に送るだけで、簡単に体質を調べられます。料金は、10,000円ほどです。薄毛遺伝子を持っているか気になるという方は、ぜひ検査を受けてみてください。なお、キット自体はAmazonなど、インターネットでも購入可能です。

ストレス

ストレスで頭を抱える男性

遺伝のほかにも、ストレスが原因で薄毛が進行するケースがあります。人間の体はストレスがかかると、交感神経が緊張し、血管が収縮します。すると血流が悪くなり、髪の毛や頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまうのです。栄養が不足すると、髪が健康に成長できなくなってしまいます。

さらに、ストレスによって睡眠不足に陥ると、ホルモンバランスが乱れかねません。ホルモンバランスが乱れると、成長ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、髪の成長が妨げられてしまいます。

ストレスが原因で薄毛になった場合、抜け毛の毛根部分に膨らみがなかったり、毛根部分が黒かったりといった特徴がみられます。健康なときに抜ける髪の毛は十分成長しているため、毛根が膨らんだ状態ですが、ストレスによって抜けた毛は成長する前に抜け落ちているため、膨らみが小さいのです。十分に成長した毛は毛根部分の色が抜けて白くなっていますが、ストレスで途中で抜け落ちた毛は、毛根部分が黒いままです。毛根部分が膨らんでいない髪の毛や、黒いままの髪の毛を見つけたら、ストレスによる抜け毛を疑いましょう。

また、ストレスが積み重なると、「円形脱毛症」になってしまう恐れがあります。円形脱毛症とは、突然円形や楕円形の脱毛斑が生じる疾患です。ストレスによって本来は攻撃する必要のない細胞が攻撃されることで起こります。円形脱毛症の原因ではないかといわれているのが、「自己免疫疾患」という病気です。自己免疫疾患にかかると、免疫系機能に異常が生まれ、自分の体の一部を異物とみなして攻撃してしまいます。自己免疫疾患は、ストレスによって発症リスクが上がると考えられています。

薄毛になりやすい遺伝子を持っている方が、同時に強いストレスを蓄積すると症状がより早く進行する可能性があります。髪の健康を守るために、ストレスをできるだけ溜めないようにしましょう。

生活習慣

寝ながらポテトチップスとビールを食す男性

遺伝やストレスだけでなく、生活習慣によって薄毛になる、もしくは薄毛が進行するケースもあります。髪の毛も体の一部であるため、体が健康でないと、丈夫な髪の毛は生えません。

食事・運動・睡眠を中心に、生活習慣を見直してみましょう。まず、食事は栄養が偏らないように気をつけてください。髪の毛は「ケラチン」というタンパク質からできているため、特にタンパク質不足には十分注意する必要があります。肉・魚・豆類を多く摂るようにしましょう。また、脂っこい食べ物は、皮脂を増やしてしまうため、頭皮環境の悪化につながります。食べ過ぎないように気をつけましょう。

次に運動です。適度な有酸素運動は、血行が促進されて育毛に効果的だと考えられています。薄毛には血行不良がかかわっているケースが多くなりますが、有酸素運動には血行を促進できるというメリットがあります。ジョギング・ウォーキング・水泳・ヨガといった運動を継続して行いましょう。ただし、過度な有酸素運動は活性酸素を増やす恐れもあり、老化が促進されて髪に悪影響が出る可能性も。そのため、あくまでも“適度な”有酸素運動を心がけてください。

また、睡眠は髪の毛を育てるのに重要な時間です。特に夜10時から深夜2時までの4時間は成長ホルモンが出やすく、この時間帯に睡眠を取れれば髪を効率的に修復できます。できるだけ早めに寝るようにしましょう。髪が薄くなってきたと感じている方は、ぜひ一度生活習慣を見直してみてください。

そのほかの原因

遺伝やストレス、生活習慣以外には、以下のような原因で薄毛になるケースがあります。

● 過度なダイエット

少量のごはん

健康のためにダイエットをしている方も多くいらっしゃいますが、無理なダイエットは薄毛リスクを高めます。栄養が不足したり、ホルモンバランスが乱れたりする可能性があるからです。ダイエットは、無理のない範囲で行いましょう。

● タバコ

喫煙

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素には、血管を収縮させたり体内を酸欠にさせたりする働きがあります。さらに、髪の成長に必要なビタミンを消費してしまう働きもあります。髪の健康を維持するためには、タバコは吸わないようにしましょう。

● ヘアワックス

ワックス

ヘアワックスには界面活性剤が含まれていますが、界面活性剤には髪の毛の主成分となるタンパク質を壊す作用があります。また、ワックスをつけていると、髪を洗う際に普段よりも強めに洗わなければならなくなります。ヘアワックスは使い過ぎないようにお気をつけください。

まとめ

薄毛の大きな原因のひとつが遺伝です。薄毛体質は遺伝するため、家系に薄毛の方が多い場合は、本人も薄毛になる傾向にあります。自分が薄毛の遺伝子を持っているか気になる方は、検査に行ってみましょう。遺伝のほかには、ストレスや生活習慣が関係しているケースが多くなります。自分の薄毛の原因は何か確かめて、効果的な対策を採りましょう。

参考URL

https://www.hairmedical.com/usuge/usuge-genin/
https://lab.chapup.jp/cat2/basic/cause-remedy-131
http://home.384.jp/bruzit5r/aga.html
https://www.hairmedical.com/nukege/stress/
https://www.enkei-datsumou.com/enkei/genin/
https://hageryman.jp/life-style/
https://529270.com/life.html
https://www.hairdoctor-men.com/nukege/sleep/

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...

NEW新着記事