おすすめな育毛手法をピックアップ

頭皮マッサージする男性、シャンプーする男性、バランスの良い食事

抜け毛や薄毛が気になったとき、おすすめの育毛手法としては頭皮ケアや日常生活の見直しが挙げられます。

頭皮ケアに関しては頭皮マッサージが効果的であり、自分の肌質に合ったシャンプー選びや髪にやさしい洗い方も大切です。

日常生活では、食事の見直しが望まれます。たくさんの栄養を摂取すると髪の成長にも好影響を及ぼすため、栄養バランスを考えた食生活を送りましょう。

頭皮マッサージの育毛効果

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、頭皮の血行促進に効果を発揮します。血液には、髪の成長にとって欠かせない各種の栄養を運ぶ役割があります。血の流れが悪くなると、髪の毛には十分な栄養が届けられません。そんなとき、頭皮マッサージにより血の流れを改善すると髪の毛には必要とされる栄養が届けられ育毛に役立つのです。

同時に、頭皮マッサージは毛穴の皮脂汚れを取り除く方法としても効果的といわれています。頭皮に分泌された皮脂は毛穴に詰まると髪の成長を妨げるため、そのまま放置するのは好ましくありません。基本的に皮脂汚れは毎日のシャンプーで洗い流すことが必要ですが、その際、頭皮をマッサージすると毛穴から皮脂汚れが押し出され洗浄効果は高まると考えられています。

このように頭皮マッサージは直接的に育毛を促進する方法ではありませんが、十分に栄養が行き渡った清潔な頭皮環境をつくるうえで有効です。

手軽にできるマッサージ方法と注意点

現在、頭皮マッサージはいろいろな種類が知られていますが、ここでは「kamikoto」がおすすめする手軽にできる方法を3つご紹介します。

頭皮マッサージ3種類

1. 手のひらを使って、円を描くように頭全体をもみほぐす

2. 指の腹で頭皮を押さえ、指先で円を描くように頭全体をもむ

3. 頭の両サイドと襟足から頭頂部を、指先で軽く叩くように刺激する

その他にも自分で気持ちよいと感じる方法があれば、いろいろ組み合わせて実践してみてください。マッサージは体温が上がっているときほど効果を発揮するといわれているため、入浴中やお風呂上りはマッサージのタイミングとしておすすめです。

なお頭皮マッサージの前には、「首から肩にかけてマッサージしておくとよい」という意見が少なくありません。頭皮には心臓から血液が流れてくるため、その途中にある首や肩もほぐれていたほうが効果は高まると考えられているのです。マッサージで爪を立てると頭皮を傷つけるので、指の腹を使うように心がけましょう。1回あたりの時間は5分程度、そのペースで1日に2~3回が妥当です。あまり回数が多いと頭皮に負担をかけるので、好ましくありません。

シャンプーの選び方

様々なジャンプー

育毛を考えた場合、洗浄力の強すぎるシャンプーはあまり適していません。基本的に洗浄力が強く、頭皮の保湿にとって必要とされる皮脂もすべて洗い流してしまう可能性があるためです。肌が乾燥しやすくなり、場合によっては保湿のため皮脂が過剰に分泌されるといったトラブルも誘発します。頭皮の保湿成分をほどよく維持するためには、数多くあるシャンプーのジャンルの中でも「育毛用のスカルプシャンプー」と呼ばれるものを使用したほうが安心です。

育毛用のスカルプシャンプーを選ぶ際には、自分の肌質に合っているかどうかが大切な基準になります。大まかに頭皮は、オイリーな肌と乾燥しやすい肌の2種類です。オイリーな肌であれば、スカルプシャンプーのうちでも皮脂をしっかり洗い流せるタイプが適しています。乾燥肌の場合は、ヒアルロン酸やアロエなどの保湿成分が多く含まれているタイプを選ぶとよいでしょう。

育毛につながるシャンプーの方法

シャンプーの方法

育毛効果を高めるためには、シャンプーの種類とともに髪の洗い方も大切です。ブラッシング・洗髪・すすぎの順番で進めていきます。まずブラッシングでは、きちんと髪のもつれを解きます。最初に毛先から始め、髪の中頃に移り、最後は髪の付け根部分という流れです。洗髪前にブラッシングしておくと髪全体にお湯が届きやすくなり、髪が切れることも減ります。

シャンプーは、手のひらで十分に泡立ててから髪につけると汚れを落とす効果が上がります。よく泡立ったシャンプー液を髪全体に馴染ませたら、洗髪開始です。爪を立て、力強くゴシゴシと洗ってはいけません。これでは不必要に皮脂が落とされ、乾燥肌の原因になります。指の腹で、やさしくマッサージするように洗います。シャンプーが済んだら、ゆっくり丁寧にすすいで終了です。

食事で気をつけたいポイントは栄養バランス

バランスの良い食事

髪が成長するためには、さまざまな栄養分が必要です。頭皮マッサージにより血行を改善しても、そもそも必要な栄養がきちんと摂取されていなければ栄養不足になっても不思議ではありません。きちんとバランスのとれた食事を心がけると十分な栄養が毛根まで届けられ、健全な髪の育成につながります。

タンパク質、ミネラル、ビタミン

育毛にとって必須といわれる栄養素は、タンパク質・ミネラル・ビタミンの3種類です。タンパク質の一種「ケラチン」は髪の約9割を占める成分であり、髪の生成に欠かせません。亜鉛を始めとするミネラルは、タンパク質からケラチンを合成する機能があります。これらの栄養素はビタミンのサポートがあるとうまく作用するので、いずれも育毛には重要です。

髪の毛の断面図、ケラチン

必要な栄養分を摂取しやすいメニュー

育毛に必要な食材、栄養分

育毛に不可欠な栄養分は、それぞれ摂取しやすいメニューが知られています。髪の基本材料となるタンパク質をたくさん摂取できる食材は、「畑のお肉」とも呼ばれる大豆です。具体的な食品には豆腐や納豆があり、体への吸収率のよさは高く評価されています。

ケラチンの合成を手助けするミネラルは、「海のミルク」の呼び名をもつ牡蠣や青魚、またワカメや昆布といった海藻類に多く含まれています。この栄養分は、タンパク質やビタミンの吸収率を高めてくれる意味でも大切です。タンパク質やミネラルの効果を高めるビタミンは、各種の緑黄色野菜(カボチャやニンジン)や魚(マグロやサバ)を食べると摂取できます。

これらに加え、ニンニクやタマネギは血液をきれいにする作用があります。これらに含まれる「アリシン」という物質が血の塊である血栓を分解し、血流を滑らかにするためです。これまで栄養の偏った食生活を送っていたなら、育毛のために栄養バランスを考えた食事に切り替えることをおすすめします。

こんな食生活は要注意

脂分や糖分の多い食事

脂分や糖分の多い食事は、育毛に適しません。日頃、お肉やお菓子ばかり食べ続けていると皮脂の分泌量が増え、毛穴がつまりやすくなるためです。皮脂がたまった毛穴のなかでは細菌が増殖し、炎症を引き起こします。毛根はダメージを受け、健全な育毛環境は保てません。

過度な食事制限も、育毛を妨げます。たとえバランスを考えていたとしても、食事の摂取量そのものが少な過ぎれば髪は栄養不足になるかもしれません。正常な髪の成育には、栄養のバランスだけでなく必要量を満たしているかどうかも考える必要があります。その意味では、健康のためのダイエットでも、毎日、一定量の食事は続けることが望ましいといえます。

まとめ

抜け毛や薄毛に悩んでいるとき、頭皮マッサージ、肌質を考慮したスカルプシャンプーの使用、髪を傷めない洗髪方法、また栄養バランスのよい食事は育毛にとって効果的です。これらがうまく組み合わされば、育毛のための栄養がたくさん毛根に補給されるだけでなく髪が健康的に成長するための清潔な頭皮環境も整うと期待できます。とはいえ、いずれも育毛剤と異なり直接的に髪を成長させる方法ではありません。あくまで育毛のための土台づくりと考えたうえで、日々の生活に取り入れてみてください。

参考URL

https://ikumou-net.info/yobou-taisaku/massa-ji/kouka/
https://hagekatsu.com/ikumou-massage/
https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/correct_scalp_massage/
https://ikumou-net.info/yobou-taisaku/massa-ji/
https://xn--zdkza194u9jve1v.com/shampoo_erabikata/
https://www.menshealth-tokyo.com/aga/aga_column_02/report06.html
https://www.hairdoctor-men.com/usuge/4880/
https://ikumoukachou.com/ikumousyokuji.html

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...

NEW新着記事