なぜハゲる人とハゲない人が居るのか?

考える薄毛の男性

なぜハゲる人とハゲない人が居るのか?

成人男性によくある薄毛の症状。ところが、同い年でもハゲる方とハゲない方が居たり、若いのに薄毛が気になる方が居たりと、人によって頭髪の状態には大きな違いがありますよね。
このような違いが出る理由のひとつとして、薄毛の「遺伝」が考えられます。こちらでは、薄毛が遺伝する仕組みをはじめとして、男性型脱毛症についてお伝えします。

掌の抜け毛を見る様子

ハゲる人とハゲない人が居る理由

一般的に、男性は加齢とともに薄毛になりやすいといわれています。
しかし、同じ男性でも加齢にともない薄毛になる人と、薄毛にならない人がいるのは、一体なぜなのでしょうか?
このように頭髪がハゲる原因のひとつとして挙げられるのが「遺伝」です。薄毛になるときには複数の原因が考えられますが、遺伝も関係しているといわれています。
ハゲる人とハゲない人がいる理由のひとつとして、遺伝的な要因が関係している可能性も考えられるでしょう。
もしも同じ家系にすでに薄毛の方がいる場合には、将来的に薄毛になりやすい体質であるかもしれません。ただし、それでもすべての方が薄毛になるとは限らないため、まだハゲが気にならないうちから薄毛予防の習慣を始めておくと安心です。

薄毛が遺伝する仕組み

DNAのイメージ

薄毛の原因のひとつとして、遺伝的な要因が関係している場合があります。
多くの成人男性に見られる薄毛は、「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるものです。この男性型脱毛症が生じる仕組みに、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質が関係しています。
ジヒドロテストステロンには、毛髪の成長期を短くさせてしまう作用があります。この影響を受けると、毛髪が十分に成長できずに抜け落ちてしまったり、細くて短い毛髪が増えてしまったりして、薄毛の症状が出てしまうのです。
ジヒドロテストステロンは、体内にある男性ホルモンの「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素によって変化させされることで生じます。この5αリダクターゼが分泌される量は、体質により異なり個人差があります。つまり、遺伝によって5αリダクターゼが分泌されやすい体質を受け継いだ方ほど、薄毛になるリスクがより高くなるといえるでしょう。
また、ジヒドロテストステロンによる影響を受けやすいかどうかも、体質により個人差があり、遺伝が関係しやすい部分です。
ジヒドロテストステロンは、「アンドロゲンレセプター」と呼ばれる男性ホルモン受容体と結びつくことで、薄毛の症状を引き起こします。遺伝によって、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターと結びつきやすい体質を受け継いだ方ほど、薄毛になるリスクがより高まります。

遺伝が原因のハゲは母方の影響を受けやすい

笑顔の母と子

男性型脱毛症の原因のひとつに遺伝が考えられますが、この遺伝の影響を受けるのは、母方の家系だと考えられています。
男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターは、遺伝子にある「X染色体」から受け継がれます。人間は性別により染色体が異なり、男性は「XY」女性は「XX」という形で、染色体を持っています。
男性のX染色体とY染色体は、それぞれX染色体が母親から、Y染色体が父親から受け継がれているのです。そのため、X染色体から受け継がれるアンドロゲンレセプターの感受性は、母方の家系からの影響を受けると考えられています。
もしも母親に薄毛の症状がみられないにもかかわらずハゲが気になるという方は、母方の祖父から隔世遺伝をしているか、あるいは遺伝以外の原因で薄毛になった可能性が考えられます。薄毛の原因のひとつとして遺伝が考えられるのは事実ですが、必ずしも遺伝が原因で薄毛になるとは限りません。

遺伝以外に考えられるハゲの原因

苦しそうにお酒を飲む男性

頭髪がハゲてしまう原因は、遺伝以外にも考えられます。たとえば、頭髪や頭皮に良くない食生活を続けていたり、運動不足で血流が滞っていたりするのは、その一例です。ほかにも、強いストレスが薄毛につながることもあります。過度の飲酒や喫煙も、頭皮に負担をかける生活習慣といえます。

遺伝によるハゲを検査する方法

薬品の検査

もしも家系に薄毛の方がいらっしゃり、遺伝による影響が気になるのであれば、遺伝子を検査して薄毛のリスクを確かめてみてはいかがでしょうか?
遺伝子検査は、AGA治療を専門としているクリニックで検査をするほか、簡易的な検査キットを利用してご自宅で検査する方法があります。クリニックで検査をすれば、結果について医師から説明を受けられるだけでなく、必要に応じて治療へと進むこともできます。その一方で、病院へ行くのはハードルが高いと感じる方や、人に知られずに検査をしたい方には、手軽な検査キットがおすすめです。
薄毛遺伝子の検査は、口の中の粘膜や髪の毛を採取するだけで、痛みをともなわずに簡単に行えます。
検査をすることで、薄毛になりやすい体質かどうかが分かると、早い段階から薄毛対策を始めるきっかけになるなど、メリットがあります。遺伝による薄毛対策の第一歩として、検査を行ってもよいでしょう。

遺伝でハゲたときの予防と対策

もしも遺伝が原因で薄毛になってしまっていた場合、薄毛遺伝子そのものに対して行える対策や治療は、残念ながらありません。
しかし、薄毛の原因は遺伝のほかにも数多くあるため、必ずしも遺伝だけが原因であるとは言い切れないのです。万が一、遺伝が関係していたとしても、
早い段階での予防と対策に取り組むことで、薄毛を改善したり、薄毛になるのをできるだけ遅らせたりすることにつながります。男性型脱毛症の症状がまだ気にならないうちから、こちらでご紹介する方法をお試しください。

食生活を見直す

家族で健康的な食卓

日頃の食生活の乱れにより、健康的な毛髪を育てるのに必要な栄養素が不足してしまうと、薄毛が進行してしまうおそれがあります。毛髪の原料である「たんぱく質」、毛髪を成長させる「ミネラル」、血行を促す「ビタミン」をバランスよく摂取しましょう。
また、油分の多い食品は頭皮環境を悪化させ、毛髪の成長を妨げてしまいます。揚げ物・スナック菓子・ファーストフートなどの油分の多い食品はできるだけ避けておきましょう。
アルコールは、体内で分解されるときに毛髪の成長に必要な栄養素が使われますから、同様に控えておくことをおすすめします。

睡眠を十分にとる

寝ている男性

働き盛りの男性は、連日のように仕事が忙しいことから、知らないうちに睡眠不足に陥っているケースがあります。
しかし、本来であれば睡眠中は毛髪の成長を促すホルモンが分泌される時間帯です。
最低でも6時間の睡眠を確保するとともに、睡眠の質を高める工夫を行いましょう。理想的なのは、入浴の1~2時間後に就寝することです。さらには、就寝前1時間以内にスマートフォンやTVなど、強い光を発するものを見ないように意識してみてください。

シャンプー方法を見直す

シャンプーする男性

毎日のシャンプーの習慣が不適切であり、頭皮に刺激を与えてしまっているケースがあります。
まず、シャンプーは手のひらでしっかりと泡立ててから、全体に行き渡らせてください。このとき、爪を立ててゴシゴシと頭皮をこする洗い方は、頭皮を傷つけるおそれがあるため、指の腹を使って優しく洗うように心がけましょう。その後、洗い残しがないように、十分な時間をかけてすすぎを行います。

まとめ

遺伝による影響から、男性型脱毛症になるリスクが高まることがあります。
ただし、必ずしも遺伝により薄毛になるとは限らないうえ、遺伝のほかにも薄毛につながる原因は複数存在しています。薄毛になりやすい遺伝子があるかどうかは、クリニックや検査キットで調べられるため、気になる方は予防の第一歩として確認してみましょう。
薄毛になりやすい体質そのものへの対策や治療はできませんが、薄毛予防のために食習慣・睡眠・シャンプー方法を見直すことができます。まだ薄毛が気にならないという方も、早いうちから薄毛予防を始めておくことをおすすめします。

参考URL

https://agahairclinic.com/times/usuge/article_000303
http://hairs-media.com/baldness-heredity/
https://hagekatsu.com/hage-iden-kakuritsu/
https://hagelabo.jp/articles/102
https://info-of-info.com/archives/447
https://aga-pro.jp/columns/140#%E9%81%BA%E4%BC%9D%E3%82%84%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF

NEW新着記事

もっと見る