スカルプDの購入はストップ?効果が出やすい人、出にくい人

趣味はお酒で、一人でしんみりと飲むのも、仲間とワイワイ飲むのも、家で飲むのも、お店で飲むのも、外で飲むのも大好きです。要するにお酒があればなんでもありです。あまり物怖じしないタイプなので、出張先でぶらっと知らない店に立ち寄るのも大好きです。独身生活満喫中で健康的な生活を送っていると言えず、髪が薄くなってきたのが一番の悩みです。育毛剤はかなりの商品を試している中でも育毛剤のフィンジアを信じ、粘り強く使用した経験があり、効果を実感したので、今でも愛用しています。
ライター歴10年以上で、男性の美容・健康ジャンルを得意としており、実際に自分でも試してみることをモットーとしており、知識と実体験に基づいた記事には自信があります。
(東京都在住、30代男性、独身)

スカルプD シャンプー

スカルプDには、効果が出やすい人と出にくい人がいます。原因は個人差があるため、実際には利用してみないことには分かりません。ただし、商品選びの時点で選択を誤り、「効果が出ない!」と思い込んでしまう方も少なくないようです。そこで今回は、スカルプDの効果をしっかり得るためのポイントについてご紹介します。

正しい目的とスカルプDの組み合わせが大切

はじめに、スカルプD自体の種類について簡単に解説します。

スカルプDは、頭皮の状態や悩みに合わせて選べるラインナップが用意されています。それぞれに配合されている成分などが異なるため、適切な選択が求められます。ここで誤った商品を選ぶと、思ったような効果が得られません。以下で、各ラインナップがどのような人向けの商品なのかを大まかにご紹介します。

  • 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー[超脂性肌用]

体質的に、頭皮の皮脂が多い方向けのスカルプDです。起床時からすでに頭皮がベタつくような方を想定して作られているので、皮脂汚れに強い洗浄力を発揮します。ただし、皮脂が少なめな方や乾燥肌の方が利用すると、必要な皮脂までもが取り除かれてしまう可能性があるので、注意が必要です。

  • 薬用スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用]

昼頃になると頭皮のベタつきが気になってくるという方には、「オイリー」タイプがおすすめです。必要な量の皮脂をシャンプーによって取り除き、健康な頭皮を維持します。なお、乾燥肌の方も利用できなくはありませんが、頭皮の状態を最適に保とうとする効果が薄くなるため推奨はされません。

  • 薬用スカルプシャンプー ドライ[乾燥肌用]

皮脂が少なく、頭皮が乾燥気味という方向けのスカルプDです。頭皮にとって皮脂は保護膜の役割を担っています。しかし、皮脂の量が足りず乾燥状態が続くと、肌荒れや抜け毛の原因になることもあります。また、後に皮脂の過剰分泌につながるケースもあります。

  • 薬用スカルプシャンプー デオドラントオイリー[脂性肌用](臭い対策向け)

スカルプD オイリーに、臭い対策の機能を追加した商品です。薄毛だけでなく、頭皮の臭いも気になるという方向けです。

  • 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー[脂性肌用](フケ、かゆみ対策向け)

スカルプD オイリーに、フケ、かゆみ対策の機能を追加した商品です。フケやかゆみは、頭皮の状態に問題があると考えられます。その発生サイクルに着目したシャンプーです。

  • 薬用スカルプ パックコンディショナー

どの種類の薬用スカルプシャンプーとも併用して利用可能です。「オイリー」の場合は、シャンプーのみより併用した場合で髪のボリュームが168%にUPした実績があります。

NG1.発毛目的×スカルプD(薬用スカルプシャンプー)

次に、ご自身が思っている効果と、スカルプDの効果に食い違いがあるケースをご紹介していきましょう。まずは発毛目的でのスカルプD使用です。

スカルプDはあくまでもスカルプシャンプーであり、育毛剤ではありません。そのため、発毛目的で利用したとしても、思ったような効果は得られないでしょう。ただし、発毛でも育毛でも、改善のためには頭皮が健康であることが大前提です。スカルプDは、その手助けをしてくれるヘアケアアイテムになります。

ちなみに、スカルプDブランドには「スカルプD メディカルミノキ5」という発毛剤もラインナップされています。血行促進と毛母細胞の活性化により発毛効果があるミノキシジルの濃度を5%配合しています。しっとりとした使用感や、頭皮への負担を軽減するクッションラバーヘッド採用など、使い勝手にも優れた発毛剤です。

NG2.薄毛改善×スカルプD ネクスト

スカルプD ネクストは 「20代からはじめるシャンプー。」というキャッチコピーが示すとおり、まだ薄毛が進行していない方向けの商品です。そのため、発毛や薄毛改善というよりは、毛髪や頭皮のケアが効果の中心となっています。すでに薄毛が進行しているという方は、スカルプD(薬用スカルプシャンプー)を選ぶようにしてください。

なお、スカルプD ネクストの種類は大きく2つに分けられます。

  • スカルプD ネクスト プロテイン

頭皮や髪に必要な栄養が足りていない方向けのシャンプーです。食生活が偏っていたり、睡眠不足が続いていたりする場合は、こちらをご利用ください。髪の細さ改善にも役立ちます。

  • スカルプD ネクスト オーガニック

紫外線やヘアカラー・パーマなど、頭皮のダメージが気になる方向けのシャンプーです。頭皮のケアと同時に、髪の傷みやパサつきの改善に役立ちます。

このように、スカルプD ネクストはそれぞれの頭皮・毛髪の状況に合わせた商品が提供されています。適切な種類を選ぶことで、期待した効果が得られるでしょう。

NG3.薄毛予防×スカルプD メディカルミノキ5

「まだ薄毛というわけではないけれど、早いうちから発毛剤を使いたい」。こうした考えのもと、「スカルプD メディカルミノキ5」を使用される方もいらっしゃるでしょう。これは間違いではありませんが、得られる効果はそこまで大きいとは言えません。

薄毛が進行していない状態であれば、先に取り組むべきは頭皮ケアです。スカルプD ネクストなどを使って、健康な状態をキープしましょう。その後、薄毛が進行してしまった場合には発毛剤である「スカルプD メディカルミノキ5」を使うのがおすすめです。

まとめ

スカルプDは非常に幅広いラインナップの商品を提供しているブランドです。薄毛予防・改善だけでなく、発毛・育毛関連の商品も多数開発されています。しかし、それぞれの目的・役割を理解して使わなくては、思っているような効果は得られません。スカルプDをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考に自分にあった商品選びにお役立てください。

参考URL

https://scalp-d.angfa-store.jp/lineup/scalpd/

https://scalp-d.angfa-store.jp/lineup/next/

https://scalp-d.angfa-store.jp/brand/medicalminoxi5/