坊主や短髪にはメガネが似合う!おしゃれなメガネの選び方|メガネソムリエ監修

「薄毛進行したせいで、今までのヘアスタイルが似合わなくなってしまった……」。こうしたきっかけから、ファッションへの興味を失ってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 薄毛になったからといって、おしゃれができなくなるわけではありません。髪型や小物にこだわることで、スタイリッシュにみせることは可能です。 今回は、坊主や短髪の方に似合うメガネの選び方メガネソムリエの山下修(やました おさむ)さんにお伺いしました。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修(やました おさむ)
横浜馬車道に60年以上店舗を構える山下眼鏡店の3代目店主。メガネソムリエとして、これまでに見立てたお客様は5,000人を超え、政界人・著名人の見立ても行う。 「モヤさま」「ヒルナンデス」「ぶらり途中下車の旅」「有吉くんの正直さんぽ」他メディア出演歴多数。 https://www.otaota.jp/

薄毛なら、短髪や坊主頭のほうがおしゃれ!

眼鏡が似合う坊主の男性 出典 https://chrisevansgallery.tumblr.com/post/178798664195

薄毛になると、生え際や頭頂部を覆い隠すような髪型をする方も多くみられます。隠そうとすればするほど薄毛は悪目立ちし、人目につくものです。また、こうした髪型は無理に髪の毛を寄せることも多く、見た目のおしゃれさが二の次になることも少なくありません。 薄毛の方はあえて短髪や坊主にすることで、清潔感が出てスマートにみえるはずです。スタイリングやカラーリングなども工夫し、おしゃれなヘアスタイルを目指しましょう。

坊主頭にメガネをプラスしてスタイルアップ

坊主でメガネ 出典 https://beauty.hotpepper.jp/slnH000361582/style/L039947168.html?cstt=128

髪型をおしゃれな短髪や坊主頭にしたものの、全体的に寂しい印象が気になるという方もいるのではないでしょうか。そんなときはアクセサリーをプラスしてみましょう。 特におすすめなのがメガネです。自分に似合ったメガネを着けると、全体の雰囲気を変えられます。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修さんのコメント
メガネを掛けることで、お顔の中の余白(スペース)をどれだけ埋めることができるか?もしくは、余白(スペース)を作ることができるかを意識してメガネを選んでみましょう!前髪を下ろしていない分、額(おでこ)が広く見えてしまいますよね。そういうときには、メガネをかけることでお顔全体のバランスを整えることがポイントです。 例えて言うなら、額縁の中に余白を感じることなく、バランス良い構成になっているかということを大切にする「絵」と似ています。 他人から見て違和感を与えないような大きさや、メガネの縁の太さに留意しながら選択すると良いでしょう。お顔の輪郭が額だとするならば、眉毛・目・鼻・口・耳そしてメガネが、絵の構成パーツになります。

また、仕事でスーツを着用する方は、メガネと坊主の組み合わせで知的にみえる効果が狙えます。元々強面の方は特に、メガネのおかげで優しげにみえるはずです。最近は伊達メガネの種類も豊富なため、似合うものが選びやすくなっています。目が悪くない方も、ファッションの一部として伊達メガネをかけてみましょう。 メガネのデザインにも流行があり、フチの太さやレンズの大きさなど、そのときにはやっているものは異なります。ただ、坊主や短髪の方は基本的に太いフレームがおすすめです。メガネの存在感があることで、頭への視線をそらすことができます。カラーも黒や茶色などの濃いものにすれば、よりメガネの印象が強まります。

自分に似合うメガネの選び方は?

面長とウェリントン型眼鏡、逆三角&オーバル型眼鏡、丸顔&ウェリントン、資格顔&オーバル型眼鏡 メガネは顔の幅や長さとのバランスが大切です。自分に適したメガネは、目や鼻などを印象よくみせてくれる効果があります。 基本的に、メガネの縦幅は眉からあごの長さの3分の1程度が丁度よいとされています。ただ、最近は縦幅の広いものがはやっているので、あえてそういったものを選ぶのもおしゃれです。 メガネの横幅は、顔の幅と同じか、狭いものがバランスよくみえます。メガネの上半分のフチの形状は、眉と似たラインのものだとよりマッチ。 メガネは、うまく選べば顔のコンプレックスをうまく隠してくれる効果が期待できるアイテムです。目が離れ気味なのが気になる方は、鼻にあたるブリッジ部分が太いものを選びましょう。目の中心に視線が集まり、離れ目の印象が弱まります。 ブリッジは、位置を上にすれば鼻が高く、下にすれば鼻が低くみえる効果もあります。目の小ささが気になるときは、レンズが小さいものを選びましょう。相対的に目が大きくみえます。

メガネは輪郭を参考に選ぼう!

人の輪郭はさまざまですが、ほとんどの場合、「面長」「逆三角形」「丸」「四角形」の4タイプに分けられます。ここでは、スーツにも似合うメガネの形を、輪郭別にご紹介します。

面長の人に向いているメガネ

ウェリントン・ボストン   面長の方には縦幅の広いメガネがおすすめです。代表的なのは、下のフレームがやや長い台形のような形をしているウェリントンや、下が少しとがった丸い形のボストンなど。 選ぶためのポイントを山下さんにお伺いしました。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修さんのコメント
メガネを掛けることで、面長顔を短く見せることができます。メガネの縁はフルリム(レンズの周りに縁があるもの)かアンダーリム(下縁メガネ)がオススメです。テンプル(メガネのツル)は、中央よりまたは下から出ているものが良いでしょう。 縁があるとメガネの存在感が生じてくるので、スッキリとしたファッションでバランスを取りましょう。

ウェリントンもボストンも、どちらもクラシカルな雰囲気のあるメガネです。スーツと合わせると、知的でエレガントな雰囲気を醸し出しやすくなります。

逆三角形の輪郭の人に向いているメガネ

オーバル・ラウンド オバールメガネ、ラウンドメガネ 逆三角形の輪郭の人に向いているメガネは、オーバルやラウンドのように縦幅が小さく丸みを帯びたものです。山下さんは、ずばりポイントをこのように挙げていました。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修さんのコメント
逆三角形で比較的ほっそりされているお顔立ちは、短くてふっくらしているお顔立ちにメガネで近づけてあげたいものです。そのためには、比較的縦幅の深いもので曲線的、かつ淡くて細いフレームがオススメです。 ファッション的には、膨張色(暖色系)の洋服を選ぶと全体で見た時にバランスが良くなります。

オーバルは楕円形で、万人向けの形ともいわれています。ラウンドは正円に近く、個性的な印象も強まるメガネです。どちらも優しげな印象を与えられるでしょう。 丸い形が苦手な方は、ハーフリムもおすすめです。下半分のフチがないタイプで、スマートな雰囲気を出しやすくなりますよ。

丸顔の人に向いているメガネ

ウェリントン・スクエア ウェリントンメガネとスクエアメガネ 丸顔の方は、顔の長さと幅が同じくらいなのが特徴です。どんなメガネが似合うのでしょうか?山下さんに聞いてみました。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修さんのコメント
短くふくよかな顔立ちを長くほっそりとしたイメージに近づけるためには、比較的シャープなフレームが似合いやすいです。ただし、目が大きい方はレンズの縦幅に気を付けてメガネが負けないようにして下さい。 一般的に丸顔の方は丸メガネNGと思われがちですが、丸顔の方でも縁なしの丸メガネであれば似合うこともあります。ぜひ、チャレンジしてみて下さい。 レンズにカラーを入れるのであれば、収縮効果のあるカラーを淡くいれてみるのもひとつの選択肢でしょう。ファッション的には寒色系ですと、メガネと統一感が出て調和します。

直線的な形のウェリントンやスクエアのメガネをかけることで、顔の印象が引き締まります。ウェリントンは面長の方にも似合う、縦幅の広いメガネです。丸顔の方が着けるとカジュアルな印象が強まります。スクエアは四角い形をしたメガネで、大人びた雰囲気を強めてくれるでしょう。

四角い輪郭の人に向いているメガネ

オバール・ボストン オバールメガネとボストンメガネ 四角い輪郭の人にもぴったりなメガネはあります。山下さんによる服装のポイントも必見です。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修さんのコメント
縦幅の狭いフレームで、正面から見た時に上の方にポイントのあるものか、テンプル(ツル)が上の方から出ているフレームが良いです。 なおかつ、お顔の横幅よりもフレームの横幅が小さく見えないように注意しましょう。服装的にはしっかりとした色味のあるものを着用されると凛々しく見えます。

輪郭が四角の方は、オーバルやボストンのように丸いレンズのメガネをかけるとバランスがとれます。オーバルはスタンダードな形のため、さまざまなシーンでかけやすいメリットがあります。顔幅の広さが気になる方は、レンズが大きいボストン型がおすすめです。

まとめ

メガネソムリエの山下さんは、メガネ選びに大切なマインドについて、最後に話してくださいました。

山下修
山下眼鏡店 メガネソムリエ 山下修さんのコメント
ご自分の顔型に似合うかどうかは、とにかく敢えてタイプの違うメガネをさまざま掛けて、お店の方や周りの方の意見を聞いてみることも重要です。どうしても自分の好みに左右されがちですが、ぜひ客観的意見も取り入れて、楽しい眼鏡選びをしてみて下さい。 「メガネが似合う」イコール「理想の顔立ちに近づく」であり、「メガネが似合わない(上記の定義とは反対のことをする)」イコール「個性的な印象になる」で、決して悪い意味ではありません。 人からどう見られたいか?もしくは、自分をどう演出したいかを、メガネというひとつのアイテムで自由に変えることができるのです。

メガネ選びはおしゃれや個性に繋がるだけでなく、坊主や短髪にもマッチするアイテムです。 薄毛で悩んでいるひとも坊主や短髪で清潔感を増して、更にメガネを合わせてみることで「新しい自分」に出会えるかもしれません。ご自分の輪郭に似合ったメガネをかけて、おしゃれを楽しみましょう。  

参考URL
https://firststyle.jp/4948 https://vivre-media.jp/12020#head-c9f927fdf7887a31a83365b215fba8e3 https://mens.tasclap.jp/a1316 https://firststyle.jp/4948/3#post-body https://www.paris-miki.co.jp/knowledge/glasses/choice/ https://www.megane-enjoy.com/wp/?p=1445 https://www.ohmyglasses.jp/blog/facetype-frame/
シェアする
いいね!1つ星 2
読み込み中...