増毛がもたらしてくれたもの。起業や妻の他界を乗り越えて

Happy Retirement
会社を起こした40代になって、薄毛を気にするようになった。社長業は第一印象が大事。だが人目が気になってしまう。
年をとっているようには見られたくないから、ふりかけタイプの増毛法を試したり、いとこの床屋でカツラも作った。

そんな時間を過ごしていたが、髪のことも支えてくれた家内が病に伏せ、ケアに不安が募っていく。そこで増毛を決意した。最初こそ違和感を感じたが、徐々に馴染み、人目が気にならなくなったことで、仕事に集中できるようになった。
それから20年近くが経つ。第一線は退いたが、70代半ばに入り、「増毛したんだから、もっともっと出掛けないと」と、セカンドライフを楽しむ日々を送っている。

起業と同時に進む退毛、不安な第一印象

40代に入り、髪の毛がどんどん抜けるようになった。枕についていたり排水口に溜まったり…。ドライヤーをかけるのも、気が気じゃなかった。

この時期は、会社員を辞めて会社を起こしたとき。社長という立場になり、第一印象や人目は、それまで以上に気になった。

スーツの男性

そんな私のことを察してか、家内が通販などで育毛剤を買ってくれたが、それほど効果は感じられない。それでも薄毛は気になるし、年をとって見られるのが嫌だった。

増毛スプレー、そしてカツラ注文

そこで、ふりかけタイプの増毛スプレーを使うことにした。いつも家内が整えてくれるのが支えだった。そんな時間が5〜6年過ぎたころ、家内が体調を崩してしまった。「これからどうしよう」と思っていたところで、いとこがやっている床屋でカツラを作ってもらうことにした。

だが、これが…着けるとすぐに分かるものだった。とても高価だったが、結局一度も着けずに終わってしまった。

スタッフ自身がカツラを!?その技術に驚く

その後、家内と一緒に行った病院であるカツラメーカーの存在を知った。資料請求に付いてきたビデオテープを見ると、すごく自然で良さそうだったので電話をしてみると、自宅に訪問をしてくれたのだ。

提案を聞く夫婦

一番驚いたことは、実際に来てくれたスタッフから「自分はカツラをしている」と打ち明けられたことだ。私は言われるまで全く気付かなかった。

実は、大手メーカーのカツラを着けている知人が居たのだが、見てすぐそれとわかってしまうほど不自然だった。その後その知人は1年足らずでカツラ使用をやめてしまったと聞いた。

そんな経緯を見ていたから、自然に見えることは重要だし、決め手になった。

現役引退、妻の他界。そして…

ただ、実際に着けてみると、着けた当初は毛の量が多く感じ、自分でも違和感を感じていた。周囲にはカミングアウトをしていたが、みんなもそれは感じていたようだった。

それでも、自分で納得して着けていたから気持ちはとても楽になった。

何より、対人でも人の目線が気にならなくなったのは大きい。仕事もより集中してできるようになり、その後の現役生活を支えてくれた。

電車に乗る男性
今でこそ仕事の第一線を退いたが、増毛をやめるつもりはない。セカンドライフを楽しめる要因だからだ。家内が天国に旅立ち寂しい気持ちが広がる中でも、いろいろな人と会いラオケや食事に出掛けていけるのは、外見が変わって若さを保てていることが大きいし、こういう交流を積極的に出来るのも、増毛のお陰だと思う。

せっかく増毛をしたのだから、いろいろな会合や人の集まる場にも行かないともったいない。これからも家内の分まで、明るく楽しくセカンドライフを送れるようにしたい。

 

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...