増毛という選択が人生の転機に!父のカツラに影響されて

30歳になる前からカツラを着け始めた男性は、現在63歳。今も医者として活躍している。その活力に、到底60歳を超えているとは思いもしなかった。

「増毛していなかったら、今の人生と違っていたんだろうなぁ」

取材の最後になって、男性が放った一言。なぜそう考えたのだろうか?彼が出したその答えとは…。

薄毛がコンプレックスだった学生時代

わたしが薄毛を意識し始めたのは、20歳の頃だ。その頃からだんだん薄毛が進行しているのを感じていた。

髪先をつまむ男性

特に風の強い日は嫌だった覚えがある。日光が輝くサンサンとした日も嫌だった。頭皮の薄い部分が透けて見えてしまうからだ。皆で集合写真を撮るときも、前列にいたら、後列の人に頭をのぞかれているのではないかと、気が気でなかった。

医学部時代、友人に「薄くなったねぇ」としみじみ言われて苦笑いした記憶がある。女性関係も含めて、全ての面において消極的になってしまった。完全に薄毛がコンプレックスになっていた。

30歳手前で医学部を卒業し、その大学に残るのではなく、違う病院で働こうと思った。新しい人たちに出会うから、そのタイミングで増毛を考えた。なぜいきなり増毛という考えに行き着いたのかと言うと、父がカツラをしていたからだ。

若ハゲで悩む日々…意を決してカツラの父に相談

腰に手を当てる男性

父は、わたしが中学生の頃に急に増毛した。それでわたしに「カツラかぶったぞ!」とストレートに宣言した。父の頭が急に変わったことも相まって、すごく鮮明に覚えている。

正直、あまり仲が良いわけではないが、中学時代のことを思い出して、思いきって薄毛のことを相談して「同じようにカツラをつけたい」と言った。すると父は「つけないほうがいい」と反対した。

手入れが手間だし、「自分が考えるほど周囲は気にしていない。だからありのままでいたほうがずっと良い。そのほうがずっと楽だ」と言われた。

しかし、20代で薄毛になると、ものすごく悩み考えてしまうものだ。「父さんの主張は理解できるけど、わたしはわたしで毎日とても悩んでいる。だからちょっとだけカツラにトライしてみたい」と頼み込んだ。育毛剤やAGA治療という選択は全く考えなかった。

父のカツラは、町の床屋製のものだった!?

老舗理容室

父は、自分のカツラを作っている店にわたしを連れて行ってくれた。そして驚いた。大企業のカツラメーカーではなく、どこにでもある町の床屋だったのだ!

ただ、他と少し違うのは、一般の人が髪を切る場所の奥に、人目を避けるような個室があったことだ。おそらく、わたしのような薄毛で悩む人のためのスペースだったのだろう。そこの店長がオーダーメイドでカツラを制作していた。

カツラ作りを相談しに行ったとき、そこの店長も自身のカツラをとって見せてくれた。それにもまた驚かされた。

店長は、ラップで頭の型取りを行い、カツラの生地を作った。それからわたしの頭髪に両面テープのようなもので接着した。その後に関わったカツラメーカーに近い方法でカツラを作っていた。あのテクニックはどこで学んだのか、今でも分からない。思い出すと、気になってしょうがない。

増毛したことによる人生への影響

その理容室のカツラはおよそ15年利用した。増毛したからか患者の目も強風も気にならなくなった。

医師

人前に出るのが恥ずかしくないし、頭髪を気にせず、積極的に前に出ていけるのが嬉しい。もしカツラをつけなかったら、患者さんの視線が上に行くと「わたしの髪を見ている!」とネガティブに考えただろう。一種の被害者意識のようなものだ。

頭を気にしてとどまるか、前に踏み出るか。増毛は前に出る勇気をくれた。自分の人生に多大な影響を与えた。

結婚も、カツラをつけた後だ。29歳のときに今の家内と出会い、30歳で結婚した。カツラのことを打ち明けたのは結婚後だったが、よくよく話を聞くと、家内も勘づいていたらしい。

45歳になってからは、別のメーカーのカツラを使い続けている。カツラを替えたきっかけは、本屋で立ち読みしているときにたまたま見つけた『カツラーの秘密』という本だ。その中で著者が、とあるメーカーのカツラの良さを謳っていて惹かれた。

思い切って問い合わせをし、まずはお試しでやってみようと思った。この本との出会いがなかったら、メーカーを切り替えなかったかもしれない。

「髪あって良いな」と言われる今、薄毛で悩んだ過去を振り返って

結論から言うと、切り替えて正解だった。今までのカツラはテープで着けるもので、ズレることがよくあって心配することが多かった。しかし、今のメーカーは地毛とカツラを編み込むもので、ズレる・取れるといったような不安がない。高校の同級生に会ったとき、「地毛なの?」と指摘されて「地毛だよ」としれっと言えるくらいしっかりした作りだ。

テニスラケットとボール

ただし、今通っているテニスサークルの仲間には打ち明けた。「髪あっていいなぁ」「俺もやりたいよ」なんて反応だった。

将来、体が元気なら、内科医の仕事は70歳過ぎまで続けたい。それまでは今のこの地毛を活かしたカツラをつけると思う。退職する時期には、カツラも卒業するのかもしれない。

ただ、増毛をしていなかったら、今の人生と違っていただろうなと、過去を振り返ってそう思う。テニススクールに行く気にもなっていなかっただろう。髪のあるなしで、良くも悪くも人生は左右されるものだ。

薄毛で悩み、一度きりの人生を自分で狭めてしまうのはもったいない。

増毛という選択が、人生の転機にもなることなのだと、声を大にして言いたい。

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...