女性の薄毛はフェミークリニックグループの親和クリニックへ相談|頭皮が薄く透けてきたら赤信号

父に限らず、父の家系は薄毛の親族が多く、自分自身も遺伝による薄毛の可能性が高いと言われているのが心配ごとで母親からも健康と髪の毛に悪いので油ものを取り過ぎないように言われています。ただ、食べ歩きが趣味で1日で数軒も食べ歩くこともあるので、カロリーの取り過ぎは否めず、髪が薄くなってきたような気がしてます。美味しいと評判を聞くと絶対に食べてみたい!と思い、ラーメンを食べるだけのために片道3時間の移動をすることもあります。
小さい頃から文章を書くのが大好きで、プロのライターとしては、6年の経験があります。得意ジャンルは、育毛、グルメ、スポーツ全般で実際に試してみての体験レポートに自信があります。
(神奈川県在住、20代男性、独身)

薄毛を気にする女性女性でも薄毛に悩む方は多くいらっしゃいます。日本では、現在10人に1人の女性が薄毛に悩んでいるといわれています。髪の毛のことでお悩みの方は、ぜひクリニックに行って相談してみましょう。適切な治療を行うことで、健康な髪を取り戻せる可能性があります。こちらでは、女性の薄毛治療を行うフェミークリニックグループの親和クリニックについてお伝えします。

薄毛にお悩みの女性はフェミークリニックグループの親和クリニックへ

フェミークリニックグループの親和クリニックは、女性のための薄毛治療を行うクリニックです。男性向けの薄毛治療も行っています。男性の場合は毛髪が完全に抜けてしまうケースが多くなりますが、女性の場合は分け目や頭頂部が薄くなり、頭皮が目立ってくるという方がほとんどです。

男女で進行状態が異なるのは、薄毛の原因が関係しています。男性の場合、額や頭頂部の毛根細胞は男性ホルモンの影響を強く受けており、頭皮ケアを適切に行っていても、髪が細くなったり抜けてしまったりする場合があります。

一方、女性の場合はパーマや染髪によるダメージや生活習慣、ホルモンバランスの乱れといった原因が多数です。男性とは異なり遺伝的な原因が関係しているケースは少ないため、ケア方法や生活習慣を改善することで、薄毛を改善できる可能性が高くなります。

親和クリニックでは、女性の薄毛に特化した治療を行っているため、薄毛が気になる方はぜひ行ってみましょう。

【基本情報】

女性向け美容皮膚科のフェミークリニックのグループクリニックで、メスを使わない自毛植毛のパイオニアとして、自毛植毛・発毛・育毛を行っています。

日本国内には、下記の4拠点あり、土日祝日も診療しています。

  • 親和クリニック新宿
  • 親和クリニック名古屋
  • 親和クリニック大阪
  • 親和クリニック福岡

女性の薄毛の種類

女性の薄毛には、主に次のようなものがあります。

  • 脂漏性脱毛症

皮膚炎によって進行する脱毛症です。ヘアケアが十分でないと頭皮の毛穴に脂分や汚れが残り、フケになります。すると毛穴が詰まって髪が抜けやすくなってしまうのです。頭皮の汚れ以外にも、ストレスや生活習慣が原因で脂漏性脱毛症が起こる場合もあります。

  • びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、過度のヘアケアやダイエット、老化が原因で起こる症状です。中年以降の女性に発生するケースが多くなります。広い範囲の髪の毛が落ちていくのが特徴で、「FAGA(女性の男性型脱毛症)」とも呼ばれます。

  • 牽引性脱毛症

髪を引っ張ることにより起こるのが、牽引性脱毛症です。ポニーテールやお団子、ドレッドヘアーといった髪型で髪の毛を引っ張ることにより、髪や頭皮がダメージを受けて起こります。すぐに影響は現れず、何十年も髪を引っ張り続けることで発生するため、注意が必要です。

親和クリニックの薄毛治療法

親和クリニックでは、以下のような薄毛治療が行われています。

  • 内服薬、外用薬治療

女性の場合、内服薬にフィナステリド(男性のAGA治療薬)は使用できません。代わりに「パントガール」という薬を使います。即効性はありませんが、服用を続けることで徐々に効果が感じられるようになるそうです。外用薬には、男性の薄毛治療と同様にミノキシジルを使用します。

  • ノーニードル発毛メソセラピー

ノーニードル発毛メソセラピーは、親和クリニックで独自に開発された発毛薬を、針を使わずに頭皮に注入する方法です。ナノテクノロジーを応用した最新システムを用いるため、痛みなく有効成分を注入できます。

  • 自毛植毛

親和クリニックでは、自毛植毛も可能です。毛が薄くなった部分に自毛を植えつけることで、見た目の印象を大きく変えられます。より根本的な治療を行いたい方におすすめの方法です。

薄毛を防ぐには

薄毛を防ぐには、毎日のヘアケアがポイントになります。シャンプーは毎日欠かさずに行い、ヘッドマッサージをして血行を促進しましょう。頭皮に刺激を与えることで毛母細胞が活性化し、健康な髪が生えやすくなります。また、負担を分散するため、分け目は定期的に変えることをおすすめします。

食生活も髪に影響するため、注意が必要です。タンパク質は髪の毛の元になるため、納豆・無脂肪牛乳・鳥ムネ肉・たまご・ツナといった食材を多く摂るようにしましょう。また、ビタミンEの含まれるアーモンドやゴマ、玄米は血行を促進するのに役立ちます。

ほかにも、薄毛に関係するのが生活習慣です。睡眠時間が足りていなかったり、運動できていなかったりすると、髪が弱ってしまいます。眠っている間は髪を育てる成長ホルモンが活発に分泌される時間であるため、十分な睡眠時間を確保しましょう。特に、22時から翌日2時までの4時間はゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が活発化されます。可能であれば、22時~翌日2時の時間帯は眠るようにしてください。

また、適度な運動をすることで、毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養が届きやすくなり、汗によってジヒドロテストステロン(脱毛の原因となる物質)も排出されやすくなります。薄毛予防のためにも、ぜひ生活習慣を整えましょう。

それでも薄毛が気になってきたときは、早めにクリニックへ行くことをおすすめします。速やかに治療を行うことで、改善できる可能性が高くなります。

まとめ

女性でも薄毛に悩む方は少なくありません。親和クリニックでは女性の薄毛に対応した治療を行っているため、抜け毛や頭皮の透けに悩んでいる方は、ぜひ行ってみましょう。適切な治療を行うことで、健康な髪を取り戻せる可能性が高くなります。

記事の参考URL

https://www.femmy-c.com/shinwa/

https://www.femmy-c.com/shinwa/woman/

https://www.shiseidogroup.jp/binolab/h_0003/

http://cp.glico.jp/powerpro/protein/entry25/

http://home.384.jp/bruzit5r/ikumou-seikatu.html