子供の存在をきっかけに、増毛の世界へ!

「孫と一緒に写真が撮れるんだ」
そう言って嬉しそうに、照れくさそうに笑顔を見せる。
3人の孫に囲まれる日々は、幸せそうだ。

37歳で増毛をしようと決めたきっかけが、子供の存在と、自分の可能性。
「思春期を迎える子供が友達に、○○くんのお父さんは髪が薄いね、などとからかわれたり、言われたりしたら嫌だな」
「自分はもっと何かをできるかもしれない」
そんな思いを抱えながら、増毛をはじめた。

それから約20年。以前は嫌だった外出も写真も風も「今は楽しめている自分がいる」と教えてくれた。

薄毛であるがゆえの、嫌な思い出

薄毛が気になったのは、20代に入る頃だ。頭を洗って乾かしたときに、髪の毛がたくさん洗面所に落ちているのを見たり、鏡を見て「あれ?」と感じることが増えていた。数年、育毛剤を試してみたが、効果はないし、維持もできなかった。

友人から「薄いんじゃない?」と言われることが苦痛だったし、飲み会などでは話題のネタになることも、本当に嫌だった。会社の旅行で風呂に入った後、薄毛を隠すのに必死になっていたことも、思い出す。

増毛を決断した日

24歳で結婚し、翌年、長男を授かった。それから3年後には次女も誕生し、生活もにぎやかになっていく。成長していく子供たちを見守るうちに、運動会やイベントなどで、親がみんなの前に出ていかないといけない場面が増えていった。

子供と自分

「子供の前では若くいたい」「自分が薄毛だから、子供が友達に何かを言われるかもしれない」
そんなことを思うと、運動会などで競技をするときは本当にきつかったし、長男の野球に付き添うときも、心が苦しくなっていった。

長男が中学に上がるころ、37歳になった私は、意を決して妻に相談した。
「増毛したいんだけど…」
妻は、「いいんじゃないの」と背中を押してくれた。

子供が大きくなり、いろいろなイベントが増えたことに加え、子供が年頃になったのが、一歩を踏み出す大きなきっかけだ。自分としても、髪を気にせずに、もっといろいろできるんじゃないかなとも思っていた。

増毛の世界に踏み込んでみて

その後、インターネットなどで、さまざまな情報を集めてみると金具式ではなく、外さなくていいカツラがあることを知った。そして、それが地毛と編み込むカツラだということも。

そんな編み込み式のカツラを目にしてから、店舗に相談しに行った日のことは、今でも鮮明に覚えている。カツラをつけているという担当者を見て「こんなに自然なんだ」と驚いた。
いろいろなことを話すうちに、自分の気持ちも分かってくれたし、この人ならと信用できたことも大きかった。

実際に編み込み式のカツラをつけてみると、本当に自然だった。でも明らかに毛量が増えたので、増毛の翌日には、会社でカミングアウトをした。どんな反応になるか不安もあったが、「それいいじゃん!」と言ってくれた。似たような髪型になった同僚からの「俺と同じだな」という一言も、うれしかった。大きな声で言うのは照れくさいが、妻が「かっこいいね」と言ってくれたことも、うれしい言葉だった。

増毛したからこそ、得られたもの

海岸

増毛してからの生活も変わった。何事にも積極的になり、最近では、堤防での海釣りを楽しんでいる。外出だって増えた。増毛前は風が怖くて乗ろうとは思わなかったロードバイクで、健康維持のサイクリングにも出かけている。

それに、2年前には長男に子供が産まれた。以前は、写真に写ろうとさえ思わなかった自分が、今は孫と一緒にたくさんの写真を撮っている。この瞬間が、本当に増毛して良かったと感じるのだ。

何ごとにも代えがたいうれしさが広がる毎日だが、もうすぐ60歳。いつまでも若くいたい気持ちもあるが、そろそろカツラの白髪の量を増やそうかな、なんて思う。どんなふうに年齢相応にしていこうかと考える日々も、自分にはとても幸せで嬉しい悩みだ。

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...

NEW新着記事