新感覚の増毛チャレンジ。人生のイージーモードへ

地球儀と男性

都内で企画関連の仕事にたずさわっている彼。頭脳明晰、顔はイキイキして、人生を謳歌している様がはっきり見て取れる。

しかしかつては、ブラック企業で苦しい日々を過ごし、多大なストレスを受けたという。その代償として、薄毛になってしまったと感じている。

彼が人生を逆転してハッピーになった経緯をひも解いていく。

ブラック企業勤務で抜け毛が加速

大卒で入社した会社では、忙しい部署に配属された。いや、「忙しい」ではなく、「超忙しい」ブラックな部署だった。

徹夜残業は当たり前。家に帰れるのは月に3、4回。それも、着替えを取りに行くための一時帰宅だ。

多忙な時期はもっとひどく、1カ月あたりの実働時間は、普段の倍近くに及んだ。勤怠カードに記録を決して残さない。それがこの会社のスタンダードだった。

また、怒鳴られたり、苦労して作った資料をビリビリに破られたりするパワハラは日常茶飯事だった。

秘匿されているブラック部署だ。本社の人事部が残業チェックで巡回してくる時だけは、皆でご飯を食べに行って「会社にいませんアピール」をし、警備ゲートから会社に戻る…なんてことも1度や2度ではなかった。

頭を抱える男性

働き始めて半年もしないうちに、ストレスが増大して抜け毛が増えた。部署内を見渡すと、私のように抜け毛が進行する人、白髪が増える人が少なくなかった。

医学的に、人は極度に緊張すると頭皮の血流が悪くなって抜け毛が増えると言われているという。私はそれを身をもって証明した一人だ。

この先、「なぜ薄毛になったのか?」と人に聞かれれば、私はこの先ずっとこのブラック企業でのエピソードを語ることになるだろう。

先輩や仲間と決めた増毛チャレンジ

この会社に2年勤めた後、我慢の限界に達して転職を決意した。直属の上司には何も言わず、人事部に、退職にあたって有給休暇を取らせてくれと伝えた。申し出は受理され、私は開放された。

2社目の会社では時間に余裕ができて、物事が大きく変わった。職場が違うと、感じる空気すら違う気がした。

そんな中、思いもよらぬ出来事が起きた。居酒屋で新しい会社の先輩から「大分キテるな」と薄毛を指摘されたのだ。「そうっすね、それじゃあ増毛してみます!」と返した。そうしたら、その席で皆が私の薄毛について話し合ってくれた。スマートフォンを片手にカツラメーカーまで探してくれ、最終的にネット上で料金を公表している、地毛に編み込むタイプのカツラを展開するメーカーが良いのではないかという結論に至った。

飲み会での乾杯

他のメーカーはカツラ感が強かった。値段が非公表であるのも不安だった。おまけに、それらのカツラメーカーに行ったことがある先輩から「別室に通されてクソ高い値段の製品を買うよう求められたよ」と体験談を聞かされ、なおのこと拒否感が出た。

皆で話し合ったメーカーへ実際に話を聞きに行った。いきなりカツラは抵抗があったので、薄毛を隠すデザインカットから始めた。デザインカットは居心地がよく、おかかえの美容室になった。2年ほど続けてから、カツラを試した。追加料金やら何やら、やましいこともない。契約書をくまなくチェックしても問題ない。契約してカツラを使い始めた。

「カミングアウト」という戦法

私は、ここである戦法をとった。社内への事前告知だ。事前に「カツラつけます」と宣言した。

すでに面識のある人には、カツラをつける前に公表したほうが、断然いい。まわりの人も前向きに受け止めてくれるし、会話のネタが一つできる。「気づいているのかな?どうかな?」といちいち目線を気にする必要もないから、気持ちが楽だ。

何より、まわりが気をつかわないで済む点がいい。裏で「あいつ、絶対にカツラだよね」とヒソヒソ話をされるより100倍ましだ。

合コンで、盛り上げ役から主役へ

カツラをつけると、女性関係で良い効果が出た。薄毛で引け目を感じる必要がまったくない。合コンが圧倒的に楽になった。

ホームパーティー

今まではと言うと、薄毛をネタに盛り上げ役に徹することが多かった。4対4なら、ほぼ必ず盛り上げ役だ。主役には絶対になれなかった。

増毛してからはそういう立ち回りを演じる必要がなくなり、女性にどんどんアプローチできるようになった。

一方、薄毛ではない仲間たちは、なぜ戦績が悪いのか不思議だった。ついつい、「めちゃくちゃ楽じゃないか。お前ら、フサフサの髪があるのに女性にモテないって、ふざけてんのか?戦績が悪いのは、より好みしすぎか、お前らの努力が足りない。髪があると、攻めるのがすごく余裕だぞ」と言い放つまでになっていた。

とはいえ、増毛後も彼女はまだいない。だが、「スノーボードに行こう」と積極的に誘える女性の友達がいっぱい増えた。

増毛で、人生が「イージーモード」

編み込みタイプのカツラは、まだ4ヶ月しか使っていないが気分爽快だ。髪があれば、人生は本当に、本当に楽だ。人生が、イージーモードになる。これは間違いない。

EASY

将来は、世界100カ国めぐりたい。だから、結婚するなら、同じように海外に行くのが好きな女性がいい。まずは、今年中に彼女をゲットしたい。

暗く辛い道を歩んできた私の前にはもう、希望の道しか見えない。私は、自分の人生を、心の底から楽しむつもりだ。

シェアする
いいね!1つ星 2
読み込み中...