日焼けで薄毛に?紫外線による頭皮と髪の毛への影響

薄くなったつむじと強い日差し

かつては、日焼けによって小麦色に焼けた肌は、健康的でよいものだといわれていた時期がありました。しかし、近年では紫外線による肌の影響や老化などが注目されるようになり、適切な紫外線対策が必要だといわれるようになっています。肌は、しっかり紫外線から守っていても、頭皮を守れていない方が意外に多いことをご存じでしょうか?実は、日焼けは薄毛の要因になることもあるのです。ここでは、日焼けと薄毛の関係についてご紹介します。

紫外線による日焼けで薄毛になる

太陽の光を浴びて、日焼けすることは知られていますが、その他の皮膚と同様に頭皮も日焼けをします。特に、初夏から夏にかけては、太陽光が強くなるため適切な日焼け対策が必要となるでしょう。太陽光が髪や頭皮に害を与える要因としては、太陽光の中に含まれる紫外線にあります。紫外線は目に見えない不可視光線であり、無対策で紫外線を浴びることで、髪の毛や頭皮に大きなダメージを受けてしまうのです。

人体の中でも髪と頭皮は、もっとも太陽に近い部分にあります。特に頭頂部は遮るものがなく直接太陽光を浴びるので、多くの紫外線を受けて日焼けをしやすいといえるでしょう。頭皮の大部分は、髪の毛によって日焼けから守られますが、髪の毛は大きなダメージを受けます。また、つむじや髪の分け目部分は髪の量が少なくなるため、頭皮のダメージがかなり大きくなる傾向です。

日焼けという柔らかい表現によって、忘れてしまいがちですが、日焼けは軽いヤケドをしてしまっている状態なので、頭皮にかなり負担がかかってしまいます。また、髪の毛も同様に変色や切れ毛、枝毛などの原因となるでしょう。そのため、状態が悪化すると薄毛の原因になり得ます。

紫外線が頭皮に与える症状とは

それでは、紫外線が具体的に頭皮や髪に与える症状について、ご紹介します。

 

光老化

紫外線が頭皮、髪に影響を及ぼすイラスト

光老化というのは、皮膚に紫外線があたることによって、引き起こされる老化現象です。通常の老化とは違い、年齢に関係なく紫外線を大量に浴びることで引き起こされます。紫外線が皮膚にあたることで、メラノサイトが活性化したり、弾性繊維が変性して皮膚が厚くなったりします。さらに、「コラーゲンを減少させる」「エラスチンという肌に必要な細胞を破壊する」といったこともあるのです。

肌にハリがなくなってしまうため、毛穴がゆがんで狭くなってしまう可能性があります。ゆがんだ毛穴からは、通常の太い髪ではなく細い髪しか伸びてこなくなってしまうので、薄毛となってしまうでしょう。症状によっては縮れてしまう可能性もあります。

 

乾燥

日光が頭皮を乾燥させる図

紫外線によって日焼けしてしまうと、頭皮が乾燥しやすい状態になってしまいます。頭皮が乾燥してしまうと、かゆみを生じさせるだけではなく、フケや抜け毛を発生させる要因となるでしょう。また、太く健康的な髪を作り出すためには、頭皮がカサカサにならないように頭皮に潤いがなくてはなりません。頭皮が乾燥してしまっている状態では、健康な髪が伸びることができずに、細く弱い髪の毛が生えてしまう可能性があるのです。

脱色

紫外線には、メラニンを分解する作用があります。髪を黒くするためには、髪の生成の際にメラニン色素が必要です。そのため、紫外線対策をせずに髪に紫外線が当たり続けてしまうと、黒い髪が脱色してしまって、赤茶色のような色になってしまう恐れがあるでしょう。

髪質の劣化

髪の毛の状態10種類

髪というのは、アミノ酸システインという物質が構成されています。紫外線は、このアミノ酸システインを分解してしまうのです。そのため、長時間紫外線を浴び続けてしまうと、髪質を劣化させてしまう恐れがあります。切れ毛や枝毛といった弱い髪質になってしまう恐れがあるでしょう。

紫外線から頭皮を守る方法

紫外線が原因の日焼けから、頭皮や髪を守り、薄毛予防をするための対策法について、いくつかご紹介します。なお、紫外線は直射日光のないくもりの日でも降り注いでいるので、天気に関係なく対策をすることがおすすめです。

帽子をかぶる

麦藁帽

もっとも簡単で、すぐにできる頭皮と髪の紫外線防止対策としては、帽子をかぶることです。紫外線を直接カットできるので、頭皮や髪を日焼けから守ることができます。しかし、夏場などに帽子を長時間かぶると蒸れて、頭皮がかゆくなったり、脂質によって毛穴が詰まったりすることも少なくありません。暑い時期に帽子を選ぶ場合には、通気性や通風性を考慮する必要があります。

日傘を使う

日傘を差す男性

帽子をかぶらずに、日傘を使うことも有効な日焼け対策といえるでしょう。最近では、「日傘男子」という呼称もあるように、男性が日傘を使うことが受け入れられるようになっています。日傘であれば、防止のように通気性を考慮する必要がありません。なお、帽子もそうですが、日傘にUVカット機能があるものの方が、より効果的に紫外線予防をすることができるでしょう。

頭皮に使用可能な日焼け止めを使用する

掌に日焼け止めを出す

最近では、皮膚と同じように頭皮に使える日焼け止めなども販売されています。パウダーやローション、クリーム、スプレーなど、さまざまなタイプの日焼け止めが販売されています。手軽に対策をするのであれば、スプレータイプがおすすめです。また、クリームやローションタイプは、指で塗り込む必要がありますが、ムラなく紫外線予防をすることができます。

育毛剤で髪を守る

育毛剤を勧める店員

男性と女性では、薄毛の原因が異なっており、女性用育毛剤には頭皮の栄養成分や保湿成分、そして抗炎症成分などが配合されています。日焼けをした頭皮に、女性用育毛剤を使用することで、日焼けによってダメージを受けた頭皮をケアすることが期待できます。

髪や頭皮をしっかり冷やす

濡れタオル

日焼けは、軽度のやけど状態に似ています。もし、対策をしていなかった場合は頭皮を濡れタオルや低温のシャワーなどを使って、しっかりとクールダウンさせるようにしましょう。

髪の保湿対策をする

育毛剤を頭にかける男性

シャンプーなどの後に、頭皮や髪にやさしいコンディショナーやローションを使って、しっかり保湿してあげることで、頭皮や髪のダメージを最小限に抑えることができます。

病院に相談する

医師に相談

万が一対策ができておらず、頭皮が日焼けしてしまった場合は、先にご紹介したようにクールダウンしたり、保湿したりする必要があります。ただし、それでも頭皮がひりひりしてしまう場合は、表皮だけではなく真皮にダメージを与えている恐れがあるので、病院に相談するようにしましょう。頭皮の症状に応じて、リンデロン軟膏などのステロイド外用薬やノンステロイドの消炎鎮痛剤の外用薬、ロキソニン”などの痛み止めの内服薬などが処方されたり、熱中症により脱水症状も出ている場合は点滴での治療も行われます。また、症状が軽い場合には、自宅でもできるスキンケアの仕方などもアドバイスしてもらえます。

ここまでご紹介してきた日焼け防止対策は、髪や頭皮を正常な状態に保つための対策です。すでに薄毛の状態になっている場合は、別の原因もあるでしょう。根本的な薄毛の原因は、男性ホルモンの影響を受けていることも大きいです。薄毛に悩んでいる場合は、日焼け予防ももちろん重要ですが、あくまでも予防なので改善をすることができません。

AGA(男性型脱毛症)を改善するためには、病院やクリニックで適切な処置をしてもらう必要があります。ご紹介した日焼け防止対策に加えて、AGA対策を併用していくことで、薄毛の改善を期待することができるでしょう。

頭皮を紫外線から守ろう

髪の毛や頭皮も、通常の皮膚のように紫外線を受けることで日焼けしてしまい、ダメージを受けます。また、頭皮にダメージを受けてしまうと健康的な髪を育成する環境から外れてしまうため、薄毛を引き起こす原因になってしまいかねません。髪がダメージを受けることで、枝毛や切れ毛などの弱い髪になるリスクもあるでしょう。「帽子や日傘を使用する」「日焼け止めを使う」「保湿やクールダウンをする」などの対策をして、髪や頭皮を紫外線から守ってあげましょう。

参考URL

https://www.hairdoctor-men.com/usuge/102008/
https://agahairclinic.com/times/care/article_003404
https://aga.plus/articles/51
https://www.biteki.com/skin-care/trouble/271454