生え際が気になり始めたら、すぐに育毛対策を

以前と比べて「おでこが広くなった」と感じたときは、もしかしたら生え際が後退しているかもしれません。生え際の後退は少しずつ進行するため、発見が遅れてしまうケースも珍しくないようです。違和感に気づいたときは、早めに育毛対策に取り掛かりましょう

今回は、髪の毛の生え際が後退する原因や、生え際の育毛対策についてご紹介します。放置すると進行し続ける薄毛の症状。生え際後退のサインを見逃さずにチェックしてください!

生え際が後退する原因とは?

生え際が後退する原因として考えられるものをご紹介します。

男性型脱毛症

男性の生え際が後退している場合、男性型脱毛症(AGA)が主な原因であると考えられます。男性型脱毛症とは、成人男性が発症する脱毛症のことです。進行性であるのが特徴で、放置すると薄毛が進行していきます。生え際の後退は、初期の男性型脱毛症の典型的な症状として見られます。

ヘアカラーやパーマなど

頭皮に負担をかけるヘアカラーやパーマなどの施術は、生え際が後退する原因となる場合があります。若い頃には自覚症状がなくても、年齢を重ねるにつれて蓄積したダメージが表れるケースがあるようです。生え際の頭皮が炎症を起こすと、髪の毛が十分に成長できずに後退してしまいます。

眼精疲労

長時間にわたりPCなどの画面を見続けていると、目やその周辺に疲労が蓄積します。そして、慢性的に疲労の状態が続くと、髪の毛の成長に必要な成分が眼精疲労の解消に利用されてしまうのです。この状況が育毛に影響を与え、結果として生え際の後退につながると考えられています。

生え際の状態から薄毛のタイプをチェック!

男性型脱毛症(AGA)の進行パターンには、「M字型」と「U字型」という2つのタイプがあります。それぞれのタイプで生え際の後退の仕方が異なるのが特徴です。ご自身の生え際の状態から、薄毛のタイプをチェックしてみましょう。

M字型の特徴

M字型の薄毛は、額の両脇から生え際が後退して、アルファベットの「M」のように進行していきます。額の中心部には髪の毛が残るため、発見が遅れやすい反面、ヘアスタイルである程度のカバーが可能です。生え際の後退の度合いをチェックするときは、眉毛から生え際までに指3本分以上のスペースが空いているかどうかを確認します。左右の生え際に、中指・薬指・小指を当ててみましょう。

U字型の特徴

U字型の薄毛は、生え際が額の中心部から後退し、逆さにしたアルファベットの「U」のように進行するのが特徴です。さらに進行すると徐々におでこが広くなり、やがては頭頂部まで脱毛してしまいます。M字型と同様に、額の中心に中指・薬指・小指を当てて、後退の度合いをチェックしましょう。指3本分以上のスペースがあったときには、生え際の薄毛が疑われます。

生え際の育毛対策

生え際の薄毛が気になるようになったら、まずは自分でできる育毛対策に取り組みましょう。さらに本格的に育毛をしたい方は、医療機関の治療を受けるという選択肢もあります。

自分でできる育毛対策

生え際の後退を自覚するようになったら、生活習慣の改善と正しいヘアケアを行いましょう。食生活では、皮脂の過剰分泌を防ぐために油分の多い食べ物を控えて、栄養バランスの取れた食事を心がけてください。また、適度な運動により全身の血行を改善し、ストレスを発散することも薄毛対策につながります。健康維持のために、ウォーキング・ランニング・水泳などの有酸素運動を行いましょう。

シャンプーは1日1回就寝前に行い、頭皮にシャンプー剤の成分が残らないよう、すすぎを丁寧に行いましょう。市販されている育毛剤を使用して、頭皮環境を整えることも有効です。育毛剤はドラッグストアや通販サイトなどで購入できます。育毛剤を塗布した後は、指先で揉み込むようにスカルプマッサージを行うと、頭皮の血行促進につながるため、ぜひお試しください。

医療機関の育毛対策

本格的な育毛対策を始めるなら、皮膚科や男性専門クリニックで薄毛治療を受けましょう。薄毛治療では、主に医薬品の処方を中心として各種治療が行われています。投薬治療は、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑えたり発毛を促したりする医薬品を数カ月間にわたり服用することで、ヘアサイクルを正常な状態へと近づけるのが特徴です。

ほかにも、頭皮に育毛の有効成分を直接注入する「注入治療」や、自分の毛根を脱毛部分に移植する「自毛植毛」などの治療法があります。生え際の後退が進行してしまい、自分でできる対策では改善が見られない場合には、医師に相談してみることをおすすめします。男性型脱毛症(AGA)は進行性の症状であるため、できるだけ早めに対策を採りましょう。

まとめ

髪の毛の生え際が後退する原因や、生え際の薄毛対策についてお伝えしました。生え際の後退の原因には、男性型脱毛症(AGA)・ヘアカラーなどによるダメージ・眼精疲労などが考えられます。特に、生え際がM字型またはU字型に後退するのは、男性型脱毛症の初期によく見られる症状です。生え際の後退に気づいたら、すみやかに育毛対策を始めましょう!

参照

https://www.hairdoctor-men.com/usuge/3719/

https://www.hairdoctor-men.com/usuge/3719/

https://www.ruan.co.jp/column/usuge/Hairline-light-retreat/

https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/haegiwa_check/

https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/male_usuge_chousa/

https://wove.jp/lp_aga/

https://www.ilandtower-cl.com/basis/aga/

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...