薄毛からの卒業。そして、カツラからの卒業

「子どもをきっかけに増毛を始めてから、もう30年以上経つんだね」と語る口調は、至極穏やかだった。

彼は35歳で増毛を始めた。

始めるきっかけはいろいろあったが、「どういう自分でいたいか」という気持ちと向き合ったことが大きいかもしれないと、照れくさそうに笑う。

「カツラ売りのセールスマンが家に来てね…」なんて、驚きのエピソードも語ってくれた。

カツラのセールスマン、登場。

訪問

25歳くらいだったろうか。髪が少々薄くなり始めたと感じたのは…。それから数年後、「カツラを作りませんか?」と家にセールスマンがやってきた。

「このままどんどん薄毛が進行して、髪の毛がなくなってしまうのではないだろうか…」と不安だった私は、そのままお願いすることにした。

そして、完成した製品を実際に目の当たりにして違和感を覚えた。これはどう見ても不自然だと思ったのだ。結局、そのカツラを使う気にはなれず、一度も使うことなく無駄に終わった。

薄くなってきていたことに不安はあったものの、それほど深刻に感じていなかったのかもしれない。「まあいいや」という気持ちだった。

「薄毛のまま」でいることに対する懸念

父親と子供

そんなことを20代後半で経験し、31歳で結婚した私。妻との子どもが生まれるときまで、薄毛について多少気にはしていたものの、真剣に考えることはなかった。しかし、子どもが大きくなっていくにつれて、友達に「お前のパパ、髪薄いじゃん!」なんてからかわれたらどうしよう、と考えるようになった。

同時に抜け毛も増えてきていた。薄毛がそろそろ深刻な状態になるかもしれない。なんだか、自分が「自分らしく」いられなくなりそうだった。私の髪のせいで、子供がからかわれてしまうのは心苦しい。でも、それ以上に自分らしさを出せなくなるのは辛いものだと思った。

妻からは「髪のことでそんなに悩むくらいなら、何かしてみたら?」と言ってもらえた。そんな一押しもあり、35歳で増毛を決断。カツラをするということに対しては、あまり抵抗を感じたことはない。「どういう自分でいたいか」を叶えるために必要だと思っていたし、共働きだったから経済的な問題もなかった。

カツラメーカー、再び…

髪を気にする男性

増毛を決意してからすぐ、広告で見たカツラメーカーに出向いた。そこは、以前作った着脱式のカツラとは違って、地毛とカツラ編み込むという製品だった。実際装着してみると、それはもう驚いた。前回の経験からも、カツラは違和感があものだと思っていたが、こんなに自然なのか…と。

商品を実際この目で確認しながら、その特徴について丁寧な説明を受け、「これは信用できる製品だ」と納得できたのも良かった。それ以来、もう35年近い年月お世話になっている。もし増毛していなかったら、35年も薄毛で悩み続けていたのだろうか…。そう考えると、薄毛のストレスから解放されている期間とも言えるのだろう。増毛したことで、人生において髪の不安のない長い歳月を得られたというわけだ。

増毛して何が得られたのか?

男性グッドの手

髪が深刻な状態になる前に増毛したこともあってか、結局のところネガティブなシチュエーションを経験しないで済んだことも良かった。増毛して初めて人前に出てみても、周囲が「わっ」と驚くような反応もなく、自然に受け入れられていた。みんなは私が増毛しただなんて思っていない。せいぜい、髪のカットの仕方を変えた?と思っているくらいだろう。

スポーツを楽しむことにも問題がない。水泳だってできる。最初の頃、洗髪には多少時間を掛けてやっていたけれど、今は慣れたもんだ。「髪の心配がない」というのは、ためらうことなく、ごく自然に人前に出ていける。自分が自然体のまま居られるということは大きい。

妻とカツラへの、感謝の気持ち

青空に伸ばす手

定年退職後も、実は別の仕事をして働いている。休みの日には、仲間とテニスを楽しんでいる。テニスのときには帽子を被るけれど、増毛してるのに帽子をするからといって、おかしな見た目になることはない。高校時代の友人とは月1くらいでバンド演奏を楽しんでいる。テニスもバンドも仕事も、こうして思いきり取り組めるのは、増毛したことによって、「自分らしく」いられるからなのだろう。

全てにおいて満足している、地毛とカツラを編み込む増毛法だけど、いつか来る「卒業」のことを考える時期が近づいたかな、と感じている。今はまだ、年金以外にも仕事での収入があるので問題はないが、更に年齢を重ねると仕事を続けてはいられないだろう。

この年齢になるまで、増毛が自分をずっと支えてきてくれた。ずっと前向きな人生を歩めた。子どもの前でも、格好良いパパでいることができた。「卒業」というと、思わず寂しい気持ちになってしまう。それほどまでに、私は増毛に救われてきたのだろう。

あの時、背中を押してくれた妻よ。

ありがとう。

シェアする
いいね!1つ星 1
読み込み中...

NEW新着記事