薄毛じゃないけど増毛!?「個性」に敏感な今の時代だからこその選択

普段、スポーツ関係の仕事にたずさわる彼は、端正な顔を持つザ・イケメンだ。

現在24歳でまだまだ薄毛とは縁遠そうな年齢。たしかに、増毛した理由は「薄毛だから」ということではなかった。

薄毛とは無縁の彼が、一体なぜ増毛するのか。今回は「薄毛だから増毛する」という常識を覆す、現代の若者の新しい価値観に迫るストーリー。

増毛は特別なものではない。靴や服を選ぶのと同じ感覚で

メリットとデメリット

私は仕事柄、人に接する機会が非常に多く、屋外によく出る。仕事に不満はないし、プライベートも充実しているほうだと思う。

ただし過去に1つだけ、どうにかしたくて仕方がないことがあった。それは毛髪だ。理想のヘアスタイルにしたいと切に願っていた。

断っておくが、私は薄毛ではない。どうにかしたかったことというのは、理想とする重いマッシュの髪型を実現するのに、毛量が十分ではなかったことだ。そこで、20歳のときにウィッグメーカーに行って増毛しようと決意した。

増毛に対して、大きな抵抗感はなかった。若い芸能人だって、増毛してたりするんじゃないか?思っている。真偽は別として、増毛は服や靴を選ぶのと一緒の感覚だ。オシャレの一環で増毛をして、何も悪いことなんてないだろう。

増毛による理想の髪型と思わぬ副産物

TRY

家族に相談したときには、「自分で費用を支払うなら、自由にやればいいじゃないか」と言われた。あっさり承諾を得られて拍子抜けしたが、これでもう迷うことはなかった。私は「理想の髪型を手に入れるんだ!」とわくわくしていた。

そこでまず、インターネットで様々なウィッグメーカーのHPを調べた。中でも編み込み式のウィッグで有名なメーカーが気になった。料金がHP内に表示されていて、施術内容も含め、最も安心できた。また、若いウィッグ利用者の写真も掲載されていて妙に親近感を覚え、そこで増毛をすることに決めた。

増毛を始めた日は、専門学校に入学する手前。ちょうど真冬のクリスマスに、そのメーカーの店舗に足を運んだ。

例の編み込み式のカツラというのは、仕上がりはことのほか良かった。シンプルに、ヘアスタイルをセットしていて毛量が増えたことを実感できる。

微笑む男性

ヘアセットの時間も短くなった。入浴も含めて1時間30分かかっていたところが、合計30分短くなった。毎日30分時間を節約できるのは大きい。「増毛でヘアセットの時間が30分増えた」にならないのだから、凄いと思う。

毛量を増やした分、前髪が透けることもない。強風にあおられてヘアスタイルが崩れる心配も少なくなった。理想の毛量を手に入れたことで、やっと思い描く自分になれて嬉しかった。女性に対するアプローチも、少し積極的になった気がする。

学校を卒業して就職後、街で話題のイケメンとして記事で取り上げられたこともある。その記事のおかげか、仕事先での新規のお客さんも増えた。増毛の思わぬ副産物だ。

「薄毛だから増毛する」だけの時代の終焉

循環する矢印

今でも、見た目は重要だと思うし、増毛には大きな価値があったと断言できる。

オシャレ目的で増毛を続けている。それでいいと思う。

店舗のスタッフにそう持論を述べると、少数派の考えだと言われた。そうだと思う。私は自身、ウィッグメーカーには頭の毛が薄くなった人が行くところだと考えていたから、スタッフの驚きはよく理解できる。

理解できるが、こうも思う。「薄毛だから増毛する」だけの時代は終わった。整形だって簡単にできる今の時代、ウィッグをつけるなんてすごく簡単で、ノーリスクだ。気に入らなければ取り外せばいいのだ。

それに、万が一薄毛が進行しても問題ない。そのままウィッグを調整すれば、周囲にまったくバレない。本当にありがたいことだ。

「ウィッグ=バレる・不自然」という時代はもう古い。

髪のオシャレで困っている人は、私のように、増毛まで視野に入れた解決法をぜひ考えてほしいと思う。

シェアする
いいね!1つ星 1
読み込み中...