薄毛とファッションの相互作用。「かっこいい」のために必要なのは?

「髪の状態で、自分が求めるスタイルを制限されたくないんだよ」

そう語る男性。優しい表情でありながらも、そのまなざしは力強い。50代とは到底思えないような若々しさで満ち溢れていた。

自分がしたいおしゃれを楽しめるということは、自分に自信を与えてくれるもの。女性からのウケも全く変わるし、「このほうが良い」と思ったことをやるだけだと言う。

「視力が悪くなったときは、メガネやコンタクトするでしょ?それと同じで、状態を良くするために増毛をするってだけなんだ。難しい話じゃない」と話す、彼の増毛観を取材した。

何十万もするカツラメーカーでの育毛。その結果は

髪を気にする男性

「とうとう毛量が減ってきたか…」と感じはじめたのは、社会人になってからだった。ヘアスタイルがキマらなくなり始めたのだ。

誰かから「髪の毛薄いよ」なんて指摘されたことはない。毎日自分の目で見て、手で触れていれば、小さな変化でも気付いてしまうものだろう。

家系的に自分が薄毛になっていくことはわかっていた。だからこそ、完全に薄毛になってしまう前の段階からあれこれ試していた。

最初は市販の育毛剤。どうにも効果が感じられず、とあるカツラメーカーで何十万もする育毛コースを契約した。当時、私は25,6歳。

ただ、頭皮に塗る薬剤が自分には合わなかったのか、フケが出る。「ちょっとこれはきつい」と、結局3回ほど行って通うのをやめてしまった。そのあとには部分的な増毛も体験したが、求めていたものとは違っていたこともあり、そのメーカーとのご縁はそれまでだった。

スキンヘッドを選択するということ

薄毛になっていくのを受け入れたわけではない。髪の毛がファッションにまで影響してくることは明らかだ。薄毛がこのまま進行していったら、似合う服もだんだんとなくなっていく。かといって、薄毛が目立たないようにスキンヘッドにしても、スキンヘッドに合うファッションを選ぶようになる。

スキンヘッドの男性

予備校生時代に、受験を控えて心機一転、坊主頭にしてみたことがあった。心境としては「花山院の出家」という古典からの引用になるが、実にさっぱりとして色々なことに諦めが付く。そのことで受験勉強に集中できたのは確かだが、嫌になるほどこの坊主姿は自分には似合わなかった。それに気づいたことで、なおさら「自分に合う髪型であること」の大切さが身に沁みてわかった。

私が増毛を選択した理由

改めて言うようだが、髪の毛の状態によって、ファッションというものは制限されてしまう。着たいものを着られないことは、ただただストレスで不自由さを感じるし、何よりも自己表現ができないということは、少なからず自信喪失にも繋がる。それだけではない。ファッションが限られてしまうことで、女性からの評価も今ひとつになるだろう。

男性 ファッション

だからこそ、私は30歳のときに「増毛」という選択をした。

増毛は、育毛コースで通っていたメーカーとは違うメーカーでスタート。地毛とカツラを編み込んでしまうというものが特徴的で、興味を持ったことが始まりだった。

予想通り、そのカツラは素晴らしいものだった。始めてからもう20年以上になるが、ずっと増毛を続けていることがそれを証明している。これからもずっとお世話になるだろう。

今では懐かしい話だが、当初は髪が完全に薄くなる前から増毛を始めていたこともあり、自分の地毛を剃って、カツラのボリュームや装着感を調整していた。

今はそんなことをする必要もなく、そのあたりは年齢と共に自然にフィットしてくるものだった。ただ、予想していたよりもやや早めに地毛が薄くなった気はするが、結局薄くなるのなら一緒だなと思う。

私の増毛観。ファッションと髪の毛と女の子のウケと…

ハートを持つ男性の手

増毛することで、「自分は薄毛だから…」と自信がなくなることも、ファッションが制限されることもなかった。当時付き合っていた彼女は、「増毛したあとのほうが良いよ」と言ってくれた。職場の女性もそうだった。増毛前と増毛後。ビフォーアフターというが、アフターのほうがいいなら、このまま続けようという気持ちにもなる。

私は結婚しているが、当然妻は結婚前から増毛していることを知っている。男性よりも女性のほうが、カツラや増毛に対してのアレルギーが少ないのだとわかった。幼い頃から、ヘアスタイルが違うだけで、周囲の女の子の反応にも差があることを敏感に感じていたものだ。

目が悪くなってメガネやコンタクトをするのも、整形をするのも、一度してしまったらする前に戻すことは出来ない。だが、どちらも「その方が良い」からやっているわけで、ずっと続けていくことになんの問題もない。これは髪も同じだと私は思っている。

「やるべきこと」をした、私の今

男性の足元

人生の選択肢としては、その方が良いと思えることをやるべきだし、メガネも増毛もした方が良くなるのならやるべきなのだ。これが私の出した結論だ。

今の髪になってから、もう何の心配もなく安心していられる。

結婚して子供にも恵まれた。もし、自分のように薄毛を気にして相談してきた人がいたら、「増毛した方が良くなると思うなら、した方が絶対にいいよ」と言ってあげられるかもしれない。それくらい、増毛で得たものは大きかった。

これを読むあなたも、一歩踏み出せますように。

シェアする
いいね!1つ星 0
読み込み中...

NEW新着記事