薄毛に実際に効果のあるサプリメントは?プランテルサプリを使えば解決

仕事ではコストやスペックなどの分析は怠らず理詰めでものを考えるタイプ。育毛剤を購入する際も、どういった成分が含まれていて、どういった効能があるかを徹底分析して、購入しています。その反面プライベートでは、事前準備は徹底的に行うが、その後が多少ルーズになってしまうのが悪いところ。趣味は、家電ショップに行くことで、新製品のパンフレットをもらってきて、家でスペック比較表を見ているだけで1日過ごせます。
ライター歴5年で、あらゆるジャンルの商品のスペックを分析しての論評記事が得意です。
(神奈川県在住、30代男性、妻との3人家族)

色とりどりのサプリメント

薄毛に効果的な内服薬について、興味のある男性は非常に多いようです。しかし、それらの内服薬は医療機関で処方される治療薬であり、身近なドラッグストアなどでは販売されていません。一方、育毛サプリメントなら、ネット通販で購入できます。今回は、薄毛に有効な内服薬の特徴と、おすすめの育毛サプリメントについてご紹介します。

薄毛に有効な内服薬とは何か

一般的に「薄毛に有効な内服薬」と呼ばれるのは、「プロペシア錠」や「ザガーロカプセル」といったAGA(男性型脱毛症)治療薬のこと。AGAの原因物質に直接作用し、抜け毛量を減らしたり、薄毛の進行を食い止めたりする効果があります。上記AGA治療薬は処方箋医薬品に指定されており、皮膚科や専門クリニックでしか購入できません。

亜鉛やノコギリヤシを配合したサプリメントも薄毛に有効といわれます。ただし、サプリメントは内服“薬”ではなく、さまざまな栄養素をカプセルや錠剤に濃縮した栄養補助“食品”です。不足しがちな栄養素を補い、それによって病気を予防・改善するのがサプリメントの役目となります。今一度、治療薬とサプリメントの違いをしっかりと把握しておきましょう。

育毛をサポートするサプリメント

ダイエットサプリから疲労回復サプリまで、多種多様なサプリメントが登場している昨今。その中には、髪の成長や発育をサポートする「育毛サプリメント」も含まれます。育毛サプリメントは大きく分けて2種類、「ベース系」と「ヘルス系」があるので覚えておきましょう。

  • ベース系サプリメント:髪の成長に必要な栄養素を単体あるいは複数配合
  • ヘルス系サプリメント:ベース系の栄養素に加え、抜け毛防止などに効果的な栄養素を配合

ベース系の特徴は、亜鉛・タンパク質・ビタミン類といった「髪の成長に関わる成分」をバランス良く配合していること。“マルチビタミンサプリメントの育毛特化版”、といえばわかりやすいかもしれません。日常生活で不足しがちな髪に関わる栄養素を、この1粒でカバーできます。

対するヘルス系は、ベース系を元にノコギリヤシやイソフラボンなどの成分を配合。髪の栄養補給に加え、抜け毛予防や血行不良改善が期待できます。その豊富な含有成分から、さまざまな薄毛症状にアプローチできるサプリメントです。これから育毛サプリメントを購入するなら、ヘルス系の製品を中心に探すことをおすすめします。

薄毛を改善に導く育毛サプリメント「プランテルサプリ」

「どうにかサプリメントだけで薄毛を改善したい……」。そんな方に試してもらいたいのが、7種類の有効成分を配合した「プランテルサプリ」です。日本で唯一のM字特化型育毛剤「プランテル」の派生製品であり、働き盛りの男性の育毛ケアをサポートします。ここでは、プランテルサプリに含まれる配合成分についてご紹介しましょう。

3種類の活力対策成分

プランテルサプリには、ノコギリヤシ・亜鉛・発酵黒生姜といった3種類の発毛を促す活力対策成分が配合されています。各成分の配合量および簡単な特徴は以下の通りです。

  • ノコギリヤシ(300mg):体内の5αリダクターゼの働きを阻害し、AGA(男性型脱毛症)による薄毛の進行を抑える
  • 亜鉛(7.5mg):発毛促進に関わる必須ミネラル
  • 発酵黒生姜(60mg):特許技術により加工された黒生姜。血管拡張および血流増加効果が期待できる

特筆すべきは、AGAの原因物質に直接作用するノコギリヤシでしょう。プロペシアなどのAGA治療薬に近い働きをする一方、副作用リスクがほとんどないといわれる成分です。このことから、市販されている育毛サプリメントの多くにノコギリヤシが配合されています。

また発酵黒生姜に関しては、それに含まれる「ショウガオール」に強力な血行促進効果が認められています。末端血管の拡張および血流増加により、髪の成長に必要な栄養素が頭皮まで届きやすくなります。

4種類の抜け毛対策成分

活力対策成分の多くは、「発毛を促すための成分」が中心でした。一方の抜け毛対策成分は、「抜け毛を減らすための成分」「美しく健康的な髪を育むための成分」が多く見られます。

    • 大豆イソフラボン(30mg):ホルモンバランスを改善し、抜け毛の進行を抑制する
    • ガニアシ(30mg):豊富なミネラルを含有する昆布の“仮根”
    • ケラチン(30mg):髪の毛の主成分(本来は体内で合成される)
    • ミレットエキス(150mg):必須アミノ酸であるメチオニンとシスチンから構成される成分。髪の生成をサポートし、毛艶やコシを向上させる

ガニアシとは、昆布の根の先端(仮根)のこと。海中に漂う姿が蟹の足に見えるため、漁師の間でこう呼ばれてきました。長い間捨てられ続けてきましたが、ガニアシ研究会などの近年の研究により「昆布の数倍の栄養素を含む」ことが判明。健康食品を中心に活用されるようになりました。そんなガニアシには、各種ミネラルやアルギン酸(食物繊維)、美髪効果の高いフコイダンなどの成分が含まれています。

まとめ

栄養補助食品であるが故に、サプリメントは「薄毛を改善する!」などと謳うことが禁じられています。よって、薄毛に効果的な内服薬はAGA治療薬に限られるものの、プランテルサプリのような育毛サプリメントでも、一定の改善効果は期待できるでしょう。ぜひ、その身で確かめてみることをおすすめします。

記事の参考URL

https://heatray-warmstone.com/healthtips/supplementfaq/kusuri.html
https://customlife-media.jp/hairgrowth-supplement
https://cart.yupiesu.com/sp/supply/index.html
https://hairgrowing.net/plantel/plantelsupple.html