薄毛の原因は?男性に多い原因とは

趣味はお酒で、一人でしんみりと飲むのも、仲間とワイワイ飲むのも、家で飲むのも、お店で飲むのも、外で飲むのも大好きです。要するにお酒があればなんでもありです。あまり物怖じしないタイプなので、出張先でぶらっと知らない店に立ち寄るのも大好きです。独身生活満喫中で健康的な生活を送っていると言えず、髪が薄くなってきたのが一番の悩みです。育毛剤はかなりの商品を試している中でも育毛剤のフィンジアを信じ、粘り強く使用した経験があり、効果を実感したので、今でも愛用しています。
ライター歴10年以上で、男性の美容・健康ジャンルを得意としており、実際に自分でも試してみることをモットーとしており、知識と実体験に基づいた記事には自信があります。
(東京都在住、30代男性、独身)

櫛でとかす男性
薄毛を改善して、太く健康な髪を育てる環境を作るためには、「なぜ薄毛になったのか」を知ることが必要です。薄毛の原因というのは一つではなくさまざまな要因があります。さらに、多くの場合複数の要因が合わさって、薄毛になってしまっている状況なのです。自分が薄毛になってしまっている原因を確認して、最適な対処法をとるようにしましょう。

髪が生育する仕組み

髪の毛というのは、永遠に伸び続けるものではありません。ある程度成長すると、髪は成長を止めて、一度抜け落ちます。そして、時間をおいて、再度毛根から新しい髪の毛を伸ばしていくのです。これはヘアサイクル(毛周期)とも呼ばれており、状態によって成長期・移行期・休止期の3つのサイクルに分類されます。

・成長期

頭髪の85~90%が該当するサイクル期であり、毛がどんどん伸びていく時期です。人や毛根ごとに期間が異なりますが、おおよそ2~6年は成長期が継続します。

・移行期

成長を終えて、休止期に入るまでのサイクル期です。頭髪の約1%がこれに該当し、2週間ほどは伸びたり抜けたりすることなくそのままの状態を維持します。

・休止期

毛根が退化をして髪の毛が抜けるまでのサイクル期です。頭髪の9~14%が該当し約3か月程度続きます。

休止期が終わると、再び成長期に入り、新しい髪の毛が伸び始めるのです。私たちの髪は、このように3つのサイクルで構成されています。

薄毛になる原因とは

薄毛になってしまう要因というのは、1つではありません。主に、次のようなことが考えられます。

・血行不良

髪が生育するための栄養は、血液の循環の際に受け渡しされます。血行不良に陥ることで、必要な栄養を受け渡しすることができずに、髪に必要な栄養が不足してしまい薄毛になってしまうのです。

・栄養不足

偏った食生活や過度なダイエットによって、髪の生育に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。そのため、血液が十分に循環していたとしても、栄養不足となり髪が薄くなってしまうでしょう。

・生活習慣

運動不足によって肥満状態になったり、睡眠不足状態になったりすると、血行不良が引き起こされてしまい、薄毛になりやすい環境になってしまいます。

・ストレス

過剰なストレスにさらされてしまうことで、自律神経に乱れが生じ、血行不良が引き起こされる恐れがあります。また、ストレス自体が毛母細胞、毛乳頭、頭皮などに影響を与えて薄毛になるリスクもあるでしょう。

・間違ったヘアケア

自身の頭皮にあっていないヘアケアによって、頭皮にダメージを与えてしまうと、薄毛の原因になったり、薄毛を促進させてしまったりすることがあります。

・男性ホルモン

男性ホルモンであるテストステロンが、特定の酵素と結びつくことで、髪が抜けやすくなってしまうことがあります。

男性ホルモンの影響による薄毛の仕組み

薄毛に悩む男性の場合、それぞれの原因の中でも、特に男性ホルモンによる影響を受けているケースが多いです。これはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。男性ホルモン自体は、髪の毛に影響を与えるものではありません。しかし、ヒトの体内にある5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンと結びついた時に薄毛になる原因が発生してしまうのです。男性ホルモンが、5αリダクターゼと結びつくと、ジヒドロテストステロンという物質に変化します。

ジヒドロテストステロンは髪に作用し、ヘアサイクルに悪影響を与え始めるのです。まだまだ成長期の健康な髪の毛が、突然休止期に移行されてしまい、抜け落ちてしまいます。そして、成長期になったとしても、細く弱々しい髪の毛になりやすいのです。最終的に薄毛状態が進行してしまうと、髪の毛そのものが生えないようになってしまう恐れがあるでしょう。ホルモンの影響によるものなので、血行不良や栄養不足を解消しても薄毛が改善しないので気をつける必要があります。

AGAに必要な薄毛を解消する方法とは

薄毛の対処をするのであれば、発毛環境を整えて、育毛の手助けをする必要があります。

薄毛の原因を振り返ってみて、まずはどのような要因が該当するのか確認してみましょう。そして、その原因を解消することを目指します。発毛環境とは、頭皮健康な状態に保つことです。頭皮の状態は、脂っぽい人や乾燥しがちな人など人それぞれに異なります。シャンプーひとつをとっても、自分の頭皮にあっていないものを使ってしまうと、頭皮環境を悪化させてしまうでしょう。薄毛の男性に向けたシャンプーを使うことをおすすめします。

薄毛の男性におすすめのスカルプD薬用スカルプシャンプー

AGAや薄毛を改善したいと考えるのであれば、「スカルプD薬用スカルプシャンプー」がおすすめです。

スカルプDのシャンプーは数あるスカルプシャンプーの中でも種類が豊富です。

超脂性肌用の「ストロング」、脂性肌用の「オイリー」、乾燥肌用の「ドライ」があり、頭皮のタイプによってより自分にピッタリのシャンプーを選択することができるのです。

頭皮に合っているものを使用することで頭皮環境の改善により役に立つでしょう。

アンファー独自開発のアミノ酸系界面活性剤「アミノウォッシュ+」により、頭皮の汚れや余分な皮脂をしっかり洗浄しながら地肌がしっとりする洗い上がりです。

スカルプDのパックコンディショナーを併せて使用することで、よりうるおいのある頭皮へと導きます。また、髪や頭皮の健康を保つトリプルホールド成分や、髪のハリ・コシをアップする成分も配合されているので頭皮や髪の健康状態も改善できます。

しかしスカルプシャンプーだけでは育毛効果は期待できません。

育毛を手助けするためには、スカルプシャンプーと合わせて育毛剤を使うことがおすすめです。育毛剤には、髪の生育に必要な栄養素だけではなく、育毛促進成分などが含まれています。頭皮環境を整えたうえで育毛剤を活用すると、健康的な髪の毛を増やす助けになるでしょう。

しかし、薄毛対策をしてもどうしても症状が改善されない場合は、AGAクリニックに相談をすることもおすすめです。原因特定を含め、ドクターの診断のもとで適切な対処をすることができるでしょう。

まとめ

薄毛の原因は一つではありません。さまざまな要因があり、さらに複合的に関係していることがあります。男性の薄毛の場合には、AGAが原因の一つであることもあり、しっかりと対策をすることが必要です。頭皮環境を整えて育毛剤などで薄毛対策をする、クリニックに相談するなど、薄毛を改善するために早めに行動しましょう。

記事の参考URL

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/17_usuge/
https://www.reve21.co.jp/problem/thin_m.html
https://ranmu.jp/editorialmini/%E8%96%84%E6%AF%9B%E3%81%A8%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BD%9E%E8%82%B2%E6%AF%9B%E5%89%A4%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%A7%E3%81%99%EF%BD%9E
https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/male_usuge_chousa/
https://www.health.ne.jp/library/detail?slug=hcl_3000_w3000560&doorSlug=hair
http://home.384.jp/bruzit5r/dansei-horumon.html

NEW新着記事

もっと見る