薄毛は遺伝が原因?薄毛のメカニズムと治療法

仕事ではコストやスペックなどの分析は怠らず理詰めでものを考えるタイプ。育毛剤を購入する際も、どういった成分が含まれていて、どういった効能があるかを徹底分析して、購入しています。反面プライベートでは、事前準備は徹底的に行うが、その反面、その後が多少?ルーズになってしまうのが悪いところ。。。趣味は、家電ショップに行くことで、新製品のパンフレットをもらってきて、家でスペック比較表を見ているだけで1日過ごせます。
ライター歴5年で、あらゆるジャンルの商品のスペックを分析しての論評記事が得意です。
(神奈川県在住、30代男性、妻との3人家族)

髪を気にする男性

薄毛で悩んでいる方は、さまざまな薄毛対策を試していることと思います。しかし、薄毛は遺伝といわれることも多く、「遺伝なら今やっている努力は無駄ではないのか?」と不安になってしまいますよね。実際に薄毛は遺伝が大きく関係しているのでしょうか?ここでは、薄毛と遺伝の関係、薄毛のメカニズムや治療法などについて、詳しくご紹介します。

薄毛は遺伝の影響を受けるのか?

薄毛に関係する遺伝子は遺伝すると考えられています。特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症の場合、男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭に多くあるとされている5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンに変化するのが原因の一つとされているのです。ジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルを短くしたうえで、休止期を早めてしまうという特性があります。

太くてたくましい髪の毛に成長する前に毛が抜けてしまい、さらにジヒドロテストステロンが他の毛根に影響を拡大していくため、徐々に薄毛が進行してしまうのです。薄毛と遺伝の関係はすべて解明されていないものの、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすいかどうかは、遺伝されると確認されています。母親から受け継がれる性染色体のX染色体にあるとされているため、母方の家系に若くして薄毛の親族がいる場合、遺伝してしまうリスクがあるといえるでしょう。

遺伝だけじゃない!薄毛になりやすい原因とは?

薄毛の因子は遺伝すると確認されているものの、母方の家系に薄毛の人がいると必ず遺伝するというわけではありません。遺伝する可能性もあるし、遺伝しない可能性もあります。また、薄毛になる要因というのは、一つではありません。多くの場合、複数の原因を抱えていることが多いです。AGA以外の薄毛の要因としては、次のようなものが考えられます。

・頭皮の環境悪化
食生活の悪化や過度なダイエットによって、栄養不足の状態になると髪を正常に育成させることができずに髪が細く、弱くなってしまいます。その他にも、紫外線やシャンプーによって頭皮が乾燥しやすくなり、髪が抜けやすくなってしまうなどの外部要因が考えられるでしょう。

・ストレス・睡眠不足・運動不足
過度のストレスにさらされると、血行不良に陥ってしまいます。そうすると、髪に必要な栄養素が行き渡らずに髪が弱くなってしまいます。

・薬や病気の副作用
がんやうつ病、高血圧などで服用する薬の中には、薄毛になる副作用があります。また、甲状腺の病気などでも薄毛になりやすいです。

・喫煙
喫煙をすると、ニコチンによって血管が収縮して血行不良により薄毛になりやすくなります。さらに、ニコチンによって発生する活性酸素を減らすために、髪に必要なビタミンが多く失われて、結果として薄毛の原因になるのです。

薄毛にならないためには普段から頭皮ケアが重要

ここまでご紹介してきたように、遺伝しているというものの、遺伝以外の要因も非常に多いです。そのため、遺伝しているかどうかを気にする前に、日ごろの頭皮ケアを丁寧にしておく必要があるでしょう。規則正しい生活を心がけ、バランスの良い食事をすることで、健康な頭皮を育むための地盤を形成します。そして、意外に見落としがちなのですが、石油系のシャンプーを使っていたり、女性向けのシャンプーを使ったりすると、頭皮にあわずに薄毛が進行してしまう可能性も…。

健康な頭皮のためには、男性の頭皮の状況に合わせたシャンプーを活用して頭皮を乾燥から守ることが必要です。特に育毛シャンプーなどは、頭皮を乾燥から守ることができるだけではなく、頭皮に必要な成分が多く配合されています。継続して使うことで、髪が強くたくましくなりやすい環境にしていくことが期待できるでしょう。

育毛剤「ポリピュアEX」と「ポリピュアスカルプシャンプー」で毎日の頭皮ケア

毎日の頭皮ケアには「ポリピュアスカルプシャンプー」がおすすめです。頭皮の汚れや余分な皮脂をしっかり洗い流して清潔な状態に保ちます。しっかりとした洗浄力ですが、アミノ酸系成分が配合されたノンシリコンシャンプーのため低刺激で、肌が弱い人でも安心です。

また、保湿成分も配合されているため、乾燥から頭皮を保護してくれます。

さらに注目なのが、「グリチルリンサン2K」「サリチル酸」「ピロクトンオラミン」「トコフェロール酢酸エステル」といった育毛への効果が期待できる成分も配合しているため、頭皮環境の改善のサポートとしてピッタリのスカルプケアシャンプーです。

しかし、ポリピュアスカルプシャンプーだけでは効果を感じられないという方ももちろんいらっしゃると思います。その場合は、スカルプシャンプーに加えて育毛剤を併用するとよいでしょう。

育毛剤の「ポリピュアEX」はニンジンエキスやセンブリエキスなどの有効成分によって、育毛や薄毛、脱毛の予防、発毛促進などを期待することができます。育毛剤のポリピュアEXとポリピュアスカルプシャンプー を合わせることで、頭皮ケア、頭皮の栄養補給の両方を実現させることができるでしょう。薄毛で悩む場合は、複合的にケアをしてみてはいかがでしょうか。

ポリピュア

薄毛が進行していると思ったら育毛剤や病院に相談を

ただし、どうしても薄毛の進行が止められない、早く対策したいという場合は、ドクターに相談をしてみましょう。近年では、男性型脱毛症であるAGA専門の病院も増えています。ドクターの診断による適切な処置によって、早期回復も期待できるので、気軽に相談してみてください。

まとめ

男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンになりやすいという因子については遺伝が関係しており、とくに母親側の遺伝子により遺伝する可能性があると考えられています。しかし、必ず遺伝するというわけではなく、さらに、遺伝以外の薄毛の原因も多い傾向です。日ごろから頭皮ケアを怠らないようにしたうえで、育毛剤やスカルプシャンプー を併用したり、AGA専門のドクターに相談をするようにしましょう。

記事の参考URL

https://www.lucia-jp.com/ikumou-joshiki/joshiki5/
https://kaz-hakata-clinic.jp/thinning-hair-heredity
https://mylittleguidebook.jp/iden/
https://info-of-info.com/archives/447
https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/can_be_inherited/
https://529270.com/products/
http://www.scalp-directory.net/reputation/polypore.html

NEW新着記事

もっと見る