薄毛やフケが気になり出したらゴーファでスカルプケア

仕事ではコストやスペックなどの分析は怠らず理詰めでものを考えるタイプ。育毛剤を購入する際も、どういった成分が含まれていて、どういった効能があるかを徹底分析して、購入しています。
反面プライベートでは、事前準備は徹底的に行うが、その反面、その後が多少?ルーズになってしまうのが悪いところ。。。趣味は、家電ショップに行くことで、新製品のパンフレットをもらってきて、家でスペック比較表を見ているだけで1日過ごせます。
ライター歴5年で、あらゆるジャンルの商品のスペックを分析しての論評記事が得意です。
(神奈川県在住、30代男性、妻との3人家族)

シャンプーした後の男性「薄毛が日に日に進行している…」「大きなフケが発生した!」その原因はもしかすると、普段お使いのシャンプーにあるかもしれません。洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったり、不適切な洗髪をしていたりすると、頭皮環境が悪化します。結果、薄毛やフケの症状を悪化させかねません。そこで今回は、薄毛とフケの原因についてお話しするとともに、それらを改善へと導く男性向けシャンプー「ゴーファ(GOPHA)」をご紹介します。

薄毛の原因は?

薄毛の原因は多岐に渡り、人によって大きく異なります。AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症を発症している人がいれば、生活習慣の乱れから頭皮環境が悪化し、薄毛になる人もいるでしょう。また、それらの原因が複合的に絡み合い、深刻な薄毛症状を発症している人もいます。「なぜ薄毛になるのか?」という問いについて、明確な答えを提示することはできません。

ただし薄毛の原因には、「ヘアサイクルの乱れ」という共通点があります。起因がどうであれ、いずれは頭皮のヘアサイクルが乱れ、薄毛を招くことになるからです。具体例を1つ出してみましょう。

例えば、AGA。AGAの原因物質は、悪玉男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」です。この物質がヘアサイクルにおける成長期を阻害し、髪が太く・長く成長できないまま脱落していきます。つまりAGAを改善するには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制した上で、ヘアサイクルを正常に戻す必要があるのです。

ジヒドロテストステロンの生成は、専門クリニックなどで処方されるAGA治療薬で抑制します。またヘアサイクルの正常化は、ミノキシジル配合の育毛剤・発毛剤を使用したり、薬用シャンプーで頭皮に栄養を与えたりするのが効果的です。AGA治療薬だけでも一定の改善効果は期待できますが、育毛剤や薬用シャンプーの併用が理想的です。

このことから、AGAなどによる薄毛症状を改善するために、シャンプーの見直しは必須。後述するゴーファといった、育毛シャンプーの購入を検討しましょう。

フケの発生原因は?

フケとはいわば、頭皮から剥がれ落ちる垢のようなもの。通常のフケは極めて小さく、洗髪時に流れ落ちるため目立つことはありません。ただし、皮脂の過剰分泌が起きたり、常在菌が異常繁殖したりすると「フケ症」を発症します。フケが大量発生するほか、目に見えるほど大きなフケも増えてしまいます。

フケ症は、大きく分けて2タイプ存在します。

・脂性フケ:常在菌の異常繁殖により、頭皮が刺激を受けて大量のフケが発生する。脂性肌の人が発症しやすい

・乾燥ふけ:頭皮が乾燥し免疫力が低下。頭皮のターンオーバーのリズムが乱れ、未熟な角質細胞がフケとして剥がれ落ちる。 乾燥肌の人が発症しやすい

いずれもシャンプーの見直しにより改善できます。脂性肌の人には、適度な洗浄力のある脂性肌用のシャンプーを、乾燥肌の人は、頭皮に潤いを与える乾燥肌用のシャンプーを使ってみましょう。自身の頭皮の状態、また頭皮環境に合わせてシャンプーを選ぶことが大切です。

ヘアサイクルにフォーカスした薬用シャンプー「ゴーファ」

ヘアサイクルの乱れは、薄毛に直結します。そこで、ヘアサイクルの正常化を促すゴーファという育毛シャンプーをご紹介しましょう。

成長期を延長させる2大植物エキス

ゴーファは、頭皮への刺激を最小限に抑えた天然アミノ酸系シャンプーです。合成香料なども使用しておらず、天然成分にこだわって開発されました。さまざまな有効成分および植物エキスが配合されていますが、特に注目したいのが「ビワ葉エキス」と「ホウセンカエキス」です。

漢方薬などにも使用されるビワ葉エキスは、ビワの葉から抽出したエキスのこと。毛母細胞に作用する「FGF-7」という物質を活性化させる効果があります。またFGF-7は、ヘアサイクルにおける成長期を始動させる、スイッチ的な役割も担います。より早く成長期を始動・継続させることで、髪の発毛と成長を促すのです。

ホウセンカエキスについては、古くから民間療法に用いられてきた成分です。AGAの原因物質を抑制する効果があり、それによって成長期の期間を延ばします。退行期への早すぎる移行を防ぐ成分、といえばわかりやすいかもしれません。

抗炎症効果+血行促進効果

ヘアサイクルの正常化に加え、抗炎症効果なども期待できます。独自処方の天然成分がフケや痒みによる炎症を抑え、頭皮環境の改善へと導きます。先述したフケの改善においても、ゴーファの使用は有効です。また「オタネニンジン根エキス」や「ローヤルゼリーエキス」も配合されているため、頭皮の血行促進効果が期待できます。洗髪時にスカルプブラシなどを用い、頭皮マッサージをすれば、より効果が高まるでしょう。

まとめ

シャンプーは、ほぼ毎日使用するもの。だからこそ、頭皮に刺激を与えたり、頭皮の状態に合わないものを使ったりするのは避けるべきです。薄毛やフケ症でお悩みの方は、薬用シャンプーのゴーファを一度お試しください。

記事の参考URL

https://hatsumo-web.jp/cause/

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/43_fuke-kayumi/

http://www.4960.com/hpgen/HPB/entries/24.html

 

NEW新着記事

もっと見る