薄毛対策のマッサージにおすすめのイクオス|効果を増大するには?

仕事ではコストやスペックなどの分析は怠らず理詰めでものを考えるタイプ。
育毛剤を購入する際も、どういった成分が含まれていて、どういった効能があるかを徹底分析して、購入しています。
反面プライベートでは、事前準備は徹底的に行うが、その反面、その後が多少?ルーズになってしまうのが悪いところ。。。
趣味は、家電ショップに行くことで、新製品のパンフレットをもらってきて、家でスペック比較表を見ているだけで1日過ごせます。
ライター歴5年で、あらゆるジャンルの商品のスペックを分析しての論評記事が得意です。
(神奈川県在住、30代男性、妻との3人家族)

シャワーを浴びる男性多くの男性の悩みとなる抜け毛や薄毛。その対策として、育毛剤の使用が有効とされています。とはいえ、育毛剤にはさまざまな製品があり、効果も千差万別。選択肢があまりに多いため、どれを選べばいいのかわからず悩んでいる方も多いことでしょう。今回ご紹介するのは、多くのニュース・メディアで取り上げられた話題の育毛剤「イクオス」です。ここでは、イクオスの効果や作用メカニズム、また効果を高める方法について解説します。

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ!イクオスのアプローチは?

そもそもなぜ、人は薄毛になるのでしょうか?薄毛の原因は人によって異なりますが、特に多くみられるのが「ヘアサイクルの乱れ」です。髪の毛は延々と伸び続けるもの、といったイメージを抱いている方がいるかもしれませんが、それは違います。実際は成長期・退行期・休止期というヘアサイクルに従い、髪は発毛・脱落を繰り返しているのです。

ヘアサイクルが正常であれば、退行期から休止期に脱毛しても、健康な髪がすぐに生えます。理論上、髪が薄くなることはありません。ただし、何らかの理由でヘアサイクルにおける成長期が短縮されると、髪が太く・長く成長できないまま脱落します。その結果として、薄毛が引き起こされるわけです。

イクオスは、ヘアサイクルの乱れに対して「毛生促進」「脱毛予防」「育毛」といった3つのアプローチができる育毛剤です。そのカギを握るのが、頭皮環境の改善効果が期待できるスカルプ成分「M-034」と、保水力に優れた「ペルベチアカナリクラタエキス」の2つ。これらの成分を独自に調合し、「Algas-2」という独自成分を開発・配合しました。いずれも天然の海藻が由来の成分です。肌にもやさしく、誰もが安心して使用できるようになっています。

イクオス独自のメソッドで「攻める育毛」

イクオスには、複数の発毛促進メソッドがあります。中でも注目したいのが、頭皮の地肌に直接働きかける毛生促進です。この毛生促進は、3つの有効成分によって効果を発揮します。

1つめは、頭皮の血行を促し、毛母細胞や毛乳頭に栄養を行き渡らせる効果がある「センブリエキス」。2つめは、毛穴の炎症を防止することで、頭皮環境を改善する「グリチルリチン酸」です。そして3つめが、頭皮全体の炎症やかゆみを防いでくれる「ジフェンヒドラミンHCI」。これらの有効成分が複合的に効果を発揮し、地肌に直接働きかけて「攻める育毛」を実現します。

イクオスの効果をさらに高めるには?マッサージは有効?

イクオスには薄毛改善に効果的な有効成分がいくつも配合されています。個人差こそありますが、用法・用量を守って使用するだけで、一定の効果が期待できます。さらに高い効果を望むのであれば、以下でご紹介する育毛テクニックを試してみてください。

使うタイミングで効果を高める!入浴後の使用がベスト

育毛剤は、使用タイミングにおいても効果に差が出るといわれます。イクオスの場合、もっとも効果的なのは入浴後です。体温が上昇し、頭皮の血行も良い状態なら、イクオスの「血行改善効果」をさらに高めることができます。また、シャンプーによって頭皮の老廃物や、余分な皮脂などが取り除かれるため、育毛剤の浸透力アップも期待できるでしょう。

イクオス使用前のシャンプーは重要です。まず髪に付着している汚れを落とし、その後、頭皮の汚れや皮脂をしっかりと落とします。ここでの注意点ですが、頭皮を清潔に保つことは、薄毛改善において重要なポイントといえども、過剰な洗髪は頭皮への刺激と成りかねません。逆に薄毛の原因となることもあるので、髪の洗いすぎには注意しましょう。

頭皮の血行をさらに促進!マッサージも有効

イクオスの効果を最大限に引き出す方法として、マッサージが挙げられます。イクオスの使用と同時に、頭皮をマッサージすることによって、さらに血行を促進し、頭皮環境の改善・そして発毛や育毛効果が期待できます。

イクオスに付属している「育毛ヘアケアガイド」では、効果的な頭皮マッサージの方法がわかりやすく解説されていますのでチェックしてみましょう。

最低でも3~4ヶ月の継続使用を!

薄毛の原因の多くは、ヘアサイクルの乱れにあります。ヘアサイクルの改善が薄毛対策の肝となるわけですが、このサイクルは短期間で変化するものではありません。一般的には、最低でも3~4ヶ月から半年程度は、改善期間が必要といわれます。そのため、短期間で効果が実感できないからといって、途中で使用を止めるのは避けましょう。十分な効果を得るには、ある程度の時間がかかることを念頭に置くべきです。

生活習慣の改善も重要!

生活習慣の乱れも、薄毛の原因のひとつです。イクオスなどの育毛剤を使用しているにも関わらず、十分な効果が得られない場合は、生活習慣が原因となるケースも少なくありません。たとえイクオスによって、頭皮に発毛・育毛に必要な栄養を行き渡らせることができる環境を作ることができても、肝心の栄養が不足していては意味がないでしょう。食生活を中心に、生活習慣の見直しも行ってください。

まとめ

イクオスをはじめとする育毛剤は、そのまま使用しても一定の効果が期待できるものです。ただし、少しだけ使い方を工夫するだけで、さらなる育毛効果がのぞめるようになるのです。先述した頭皮マッサージなども組み合わせ、効果的な薄毛対策を行っていきましょう。

記事の参考URL

https://iqos-official.jp/user_data/LP1.php?utm_expid=.Yf0-ZvRmRAelk8Fma3IkkA.0&utm_referrer=
http://hagenaositai.com/522.html
https://www.tokyobabycafe.com/?p=128
https://ikumousenchou.com/post1128?utm_source=gss&utm_medium=cpc&utm_campaign=senchou_050&dclgad=778&gclid=CjwKCAjw67XpBRBqEiwA5RCocQ1Vn0BQf2qciFZGg-wXuj7cJe_GRD0aTriN4GIB9SE5lR1xKiLT3BoCFmMQAvD_BwE

NEW新着記事

もっと見る