頭皮の脂性は体の外側と内側から改善しよう

学生時代は、サッカー一筋で自分で言うのもなんですが、筋肉質のスラッとした体型にサラサラヘアで体育会系さわやか青年でした。社会人になってからはプレーする機会もめっきり減り、40代になって髪も薄くなってきて、お腹もメタボ気味で娘からおじさんっぽくなったと、一緒に歩いてくれないのが悩みです。ダイエット関連や育毛関連の商品には目がなく、ついつい財布の紐も緩みがちで嫁からも怒られてます。
ライター歴は15年以上で、前職を活かしたIT関連の記事や食レポや商品レビュー記事が得意です。
(埼玉県在住、40代男性、妻と5歳の娘の3人家族)

脂症の改善には、体の外側と内側、両方からの対策が欠かせません。シャンプーの選び方や生活習慣などに気をつけ、脂症を解消していきましょう。今回は、脂症の対策方法についてご紹介します。

やっかいな脂症は薄毛を進行させる原因になる

脂症で頭皮に皮脂がたまっていくと、さまざまなトラブルが発生します。そのひとつが薄毛の進行です。過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まると髪の毛の成長が妨げられるほか、育毛剤も浸透しにくくなります。

脂症でギトギトになった髪の毛は、ヘアスタイルにも影響を与えます。薄毛を隠すための髪型をしている方は特に、脂症の影響でかえって地肌が目立ってしまうことも多いのではないでしょうか。

もちろん、べとべとしたままの地肌や髪の毛は清潔感もないため、不快感を与えてしまう可能性もあります。体の外側と内側から対策して、脂症を改善しましょう。

脂症を改善するシャンプーを選ぼう

肌質に合ったシャンプーでなければ、脂症が悪化してしまうこともあります。皮脂を適度に落とし、地肌にダメージを与えにくいシャンプーを選びましょう。

  • シャンプーの洗浄成分に注意

スカルプケアを重視したシャンプーの中には、脂症用のものも販売されています。ただ、中には洗浄力が強すぎて頭皮にダメージを与えてしまうものもあります。特に洗浄成分に高級アルコール系成分を使用しているものは、毎日使うには刺激が強すぎるかもしれません。地肌に刺激を与えにくいアミノ酸系シャンプーを選ぶのがおすすめです。

アミノ酸は人体を構成する成分のひとつで、皮膚に優しく、保湿効果があるのがメリットです。特にフケやかゆみなどに悩まされている脂症の方は、低刺激のアミノ酸シャンプーを使ってみましょう。売れ筋の低刺激アミノ酸シャンプーをご紹介します。

人気の低刺激アミノ酸シャンプー

・チャップアップ(CHAPUP)CUシャンプー

出典 https://chapup.jp/shopping/lp.php?p=chapup_shampoo_o3

・haru 黒髪スカルプ プロ

出典 https://www.haru-shop.jp/lp/scalp/180821/index.html

・スカルプD 薬用スカルプシャンプー オイリー

出典 https://scalp-d.angfa-store.jp/brand/scalpd/?utm_source=X&utm_medium=sd_af&utm_campaign=sd_afX_X

  • シャンプーは1日に1回が基本

皮脂を取り除こうと髪の毛を1日に何度も洗うのは避けてください。シャンプーを使うのは1日に1回が基本です。シャンプーは余分な皮脂や汚れを洗い流してくれますが、使いすぎると頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。皮脂の取りすぎは過剰分泌の一因になるため、洗髪のしすぎは控えましょう。

生活習慣を見直そう

脂症を改善するためには、体の内側からケアしていくのも大切です。特に生活習慣が乱れている方は、意識して見直していきましょう。

  • 食生活

皮脂のもととなるものは、食事で摂取した脂質や糖質です。外食、ファストフード、コンビニのお弁当、お菓子、ジュースなどは脂質や糖質が多く含まれているため、食べすぎないようにしましょう。アルコールも皮脂のもとになってしまうため、お酒の飲み過ぎも控えましょう。

皮脂の分泌を抑制するためには、ビタミンBの摂取がおすすめです。ビタミンB2は皮脂分泌量をコントロールしてくれる栄養素ですが、体に貯め込むことができません。食事やサプリメントで積極的に摂取しましょう。

特に多く含まれるのはたまご・レバー・納豆・牛乳・青魚・葉物野菜などです。男性の場合、18~49歳なら1日に1.6mg、50~69歳なら1日に1.5mg、70歳以上なら1日に1.3mg摂取するのが推奨されています。鶏卵であれば約7個、牛レバーなら55g、サバの切り身なら6切れ分の量です。これだけ聞くと大量に摂取しないと難しいと思ってしまいますが、まずはこれらの食材をバランスよく摂取する事を心がけてください。サプリメントで賢く補うという方法もお薦めです。

ビタミンB補給にお薦めのサプリメント

・ネイチャーメイド ビタミンBコンプレックス

出典 https://www.otsuka.co.jp/nmd/product/item_103/

・ディアナチュラ ビタミンB群

出典 https://www.dear-natura.com/product/detail/vitamin-b-bottle

ビタミンB6も脂肪の分解を助けてくれる成分です。バナナ・青魚・レバー・豚モモ肉などに多く含まれています。1日の摂取推奨目安量は、18歳以上の男性で1.2mgです。牛レバーだと150g、バナナなら約3本で摂取できます。とりすぎると健康被害を招くおそれがあるため、過剰摂取には気をつけましょう。

  • 睡眠

睡眠不足は疲労回復を妨げ、内臓の活動を弱めます。睡眠不足による自律神経の乱れは、皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。毎日しっかりと睡眠時間をとることが大切です。寝付きが悪い方は、就寝前に自分なりのリラックスタイムを設けてみてください。暗い部屋でテレビやパソコン、スマートフォンの画面を見ないようにしましょう。

また、運動不足の場合、体が疲れていないために寝付けない可能性もあります。運動してある程度体を疲れさせるのも大切です。運動習慣のない方は、ウォーキングのように簡単なものから始めて、体を動かしましょう。

  • 入浴

入浴は頭皮を清潔に保つほか、ストレス解消の効果もあります。一人暮らしだとなかなか湯船を使わないという方も多いですが、できるだけお湯をためて浸かりましょう。熱すぎるお風呂は湯あたりしたり、乾燥の原因となったりします。設定するなら40度程度のお湯がおすすめです。

ストレスをためない生活が大切

脂症の原因には過剰なストレスも関わっているといわれています。ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となり、その結果として過剰な皮脂を分泌させる一因となります。現代に置いて完全にストレスを解消するのは難しい事かもしれないですが、前述した睡眠の取り方、入浴などでリラックスした時間を少しでも持つ事はかなり効果的です。

また、運動やスポーツ、趣味や友人との交流など、自分が楽しめることを生活の中に取り入れるのは非常に重要ですね。

まとめ

脂症は、皮脂を適度に落として清潔にしながら、生活習慣を整えていくことで改善につながります。現在使用中のシャンプーが合わないようなら買い替えましょう。生活習慣が乱れている自覚のある方は積極的に改善に取り組んでいきましょう。

記事の参考URL

https://www.hairdoctor-women.com/touhi/touhi-syoujou/9727.html#i-4

http://www.sn-shampoo.com/user_data/tips06.php

http://aspiral.jp/scalp/scalpcare.html

https://fuminners.jp/cocoro/8115/

https://fuminners.jp/kaimin/howto/5280/

https://chapup.jp/shopping/lp.php?p=chapup_shampoo_o3

https://www.haru-shop.jp/lp/scalp/180821/index.html
https://scalp-d.angfa-store.jp/brand/scalpd/?utm_source=X&utm_medium=sd_af&utm_campaign=sd_afX_X

https://www.otsuka.co.jp/nmd/product/item_103/

https://www.dear-natura.com/product/detail/vitamin-b-bottle

NEW新着記事

もっと見る