頭皮を乾燥から守るスカルプケアで髪を育てる

父に限らず、父の家系は薄毛の親族が多く、自分自身も遺伝による薄毛の可能性が高いと言われているのが心配ごとで母親からも健康と髪の毛に悪いので油ものを取り過ぎないように言われています。ただ、食べ歩きが趣味で1日で数軒も食べ歩くこともあるので、カロリーの取り過ぎは否めず、髪が薄くなってきたような気がしてます。美味しいと評判を聞くと絶対に食べてみたい!と思い、ラーメンを食べるだけのために片道3時間の移動をすることもあります。小さい頃から文章を書くのが大好きで、プロのライターとしては、6年の経験があります。得意ジャンルは、育毛、グルメ、スポーツ全般で実際に試してみての体験レポートに自信があります。(神奈川県在住、20代男性、独身)

丁寧にシャンプー遺伝的に薄毛になってしまう可能性があるとしても、できるだけ薄毛が進行しないようにしたいものですよね。健康な髪を維持するためには、その土壌でもある頭皮をしっかりケアしてあげる必要があります。頭皮が乾燥してしまうと、薄毛のリスクが高まるので、スカルプケアは欠かすことができません。ここでは、頭皮を乾燥から守るためのスカルプケアのポイントをご紹介します。

頭皮の乾燥によって引き起こされるトラブル

頭皮が乾燥してしまうと、次のようなトラブルが引き起こされるリスクがあります。

・フケがでやすくなる

頭皮が乾燥すると、かさかさした状態になってしまい、乾性のフケが発生します。フケは、頭皮の表皮細胞がはがれてしまっている状態であるため、刺激に敏感な状態です。肌のサイクルによってフケが出ることは珍しいことではありませんが、フケの量が多いと乾燥状態を疑いましょう。

・かゆみがでる

乾燥すると肌が敏感になり、かゆみが発生します。かゆいからといって頭皮を頻繁に掻いてしまうと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるでしょう。

・抜け毛が増える

肌が乾燥して水分が少ないということは、頭皮の血行状態が悪いと言えます。毛根への栄養の受け渡しは、血流を通して行われるので、血行が悪いと髪が栄養不足状態となり、抜け毛が引き起こされます。

このように、頭皮の乾燥による悪循環でどんどん薄毛になってしまうリスクがあるのです。

なぜ頭皮が乾燥するのか?

頭皮が乾燥してしまう理由としては、いくつかの要因があります。

・頭皮に合っていないシャンプーを使用

石油系の界面活性剤を使用したシャンプーは、洗浄力が非常に高いものの、必要な皮脂まで洗浄してしまいます。自分の頭皮に合ったシャンプーを使用するようにしましょう。

・紫外線による環境要因

頭皮に紫外線があたってしまうと、肌などと同様にダメージを受けてしまいます。ダメージにより、頭皮が荒れてしまうと乾燥しやすい状態になってしまうでしょう。

・カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマで使用する薬剤は、頭皮にとって刺激が強いものです。薬剤が強くなるほどアルカリ性が強くなり、肌にダメージを与えるでしょう。

・ターンオーバーサイクルの乱れ

頭皮のターンオーバーサイクルが長くなるとフケが出やすくなり、逆に短くなるとバリア機能が弱まって乾燥しやすくなります。

・睡眠不足や栄養不足

睡眠不足や栄養不足は、頭皮のターンオーバーサイクルに影響を与えます。

スカルプケアにはシャンプー選びも重要!

先にご紹介したように、シャンプー選びに失敗してしまうと、頭皮が乾燥してしまいやすくなります。夫婦でシャンプーを共有している場合、女性向けのシャンプーを使ってしまっている男性も少なくありません。女性と男性では、髪質や頭皮の状態が異なりますので、できれば男性向けのシャンプーを使うようにしましょう。

なかでも、スカルプDは薬用シャンプーであり、アミノ酸系シャンプーなので頭皮に対するダメージも少ない傾向です。その他にも、シリコンや合成着色料、合成香料などを使用していないので、より髪と頭皮にやさしいシャンプーとなっています。また、男性専用のシャンプーであるだけではなく、頭皮の状態に合わせて、複数の中から選ぶことが可能です。超脂性肌用・脂性肌用・乾燥肌用に分かれているので、自分の体質に合わせて適切なものを選ぶことができるでしょう。

※表は横スクロール可能です。
タイプ 通常価格 定期購入価格 特徴
超脂性肌用  

3,611円

 

3,069円

アミノ酸系シャンプー(シリコン、合成着色料、合成香料不使用)
脂性肌用
乾燥肌用

(以上全て税抜)

シャンプーの仕方を間違えると乾燥しやすくなる

自分の肌質に合ったシャンプーを選んだとしても、洗い方そのものに問題があると、頭皮乾燥の原因となります。シャンプーの際に次のようなポイントに気をつけるようにしましょう。

・42度未満のお湯で洗う

お湯というのは、水に比べて脂を落としやすいという性質があります。42度以上のお湯で頭皮を洗い流すと、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうリスクがあるのです。頭皮の乾燥につながるので、42度未満で流すようにしましょう。

・頭皮を揉みこむように洗う

爪を使ってガシガシとシャンプーをしてしまう方はいませんか?爪で頭皮を洗うと、頭皮が傷ついてしまう可能性があるのでおすすめできません。血行不良や保湿成分が失われることにより、乾燥しやすくなります。

・シャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ

シャンプーが頭皮に残ってしまうと、毛穴につまってしまい、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。炎症を引き起こし、乾燥の原因になるので気をつけましょう。

・シャンプー後はドライヤーでしっかりと乾かす

髪が短いとすぐに乾くので、ドライヤーをせずに自然乾燥をしていませんか?髪の長さに関係なくシャンプー後はドライヤーでしっかりと頭皮を乾かすことが重要です。まずは、タオルで包み込むように余分な水分を取ります。ある程度水分が取れたら、ドライヤーを使って乾かしましょう。ただし、同じ場所に熱を加えてしまうと、頭皮を傷めるので、同じ個所に2秒以上ドライヤーを当てないようにしてください。

まとめ

頭皮が乾燥してしまうと、頭皮トラブルに悩まされるだけではなく、抜け毛や薄毛の要因になってしまう恐れがあります。今回ご紹介したポイントに注意をしながら、自分の頭皮に合ったシャンプーを使って、健康な髪を育てる環境を整えましょう。

記事の参考URL

http://www.s-tellar.jp/headspa/entry23057.html

https://monocil.jp/shampoo/article/dry-skin-mens/

https://scalp-d.angfa-store.jp/brand/scalpd/

NEW新着記事

もっと見る