髪の毛の育毛なら、実績多数のフィンジアがおすすめ

仕事ではコストやスペックなどの分析は怠らず理詰めでものを考えるタイプ。
育毛剤を購入する際も、どういった成分が含まれていて、どういった効能があるかを徹底分析して、購入しています。
反面プライベートでは、事前準備は徹底的に行うが、その反面、その後が多少?ルーズになってしまうのが悪いところ。。。
趣味は、家電ショップに行くことで、新製品のパンフレットをもらってきて、家でスペック比較表を見ているだけで1日過ごせます。ライター歴5年で、あらゆるジャンルの商品のスペックを分析しての論評記事が得意です。
(神奈川県在住、30代男性、妻との3人家族)

フィンジア

ヘアスタイルによって、人の印象は大きく左右されるもの。とりわけ髪のボリュームが減ってしまうと、実年齢より老けて見えることがあります。そこで試したいのが、育毛剤による育毛対策です。今回ご紹介するのは、臨床試験で認められた育毛成分を配合する「フィンジア」。3つの有効成分を中心に、フィンジアの魅力を掘り下げていきます。

3つの有効成分で育毛!フィンジアの効果とは

ドラッグストアやネット通販で気軽に購入できる育毛剤。簡単に買えるのは嬉しいことですが、選択肢があまりにも多いため、自分にとってベストな育毛剤が見つかりにくいもの。そんな中、多数のメディアで取り上げられ、高い注目を集めているのがフィンジアです。具体的にフィンジアとはどのような育毛剤なのでしょうか。

育毛剤の効果を考える上で、最も重要なのは有効成分です。フィンジアには、「キャピキシル」「ピディオキシジル」「カプサイシン」といった3つの有効成分が配合されています。以下で各有効成分の特徴と効果をご説明しましょう。

有効成分1:キャピキシル

フィンジアに配合されている有効成分の1つに、キャピキシルがあります。カナダの化粧品メーカーで開発された育毛成分であり、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」が主体です。アカツメクサ花エキスに含まれる「ビオカニンA」には、AGAの原因物質の生成を抑える効果が認められています。さらにアセチルテトラペプチド-3には、毛包の働きを維持する効果もあると言われています。これにより、抜け毛を防止しつつ髪の成長を促進する効果が期待できるでしょう。

また、薄毛・抜け毛の原因になり得る、頭皮の免疫異常を正常化する効果も認められています。ベースとなるのが天然成分ということもあり、副作用のリスクが低い点も魅力。キャピキシルは薄毛治療の分野において、今最も注目を集めている育毛成分のひとつです。

有効成分2:ピディオキシジル

2つめの有効成分はピディオキシジルです。世界で初めて発毛効果が認められた「ミノキシジル」という成分に似た名前ですね。実は、似ているのは名前だけではありません。ピディオキシジルは別名「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれ、分子構造自体もミノキシジルとよく似ています。

具体的な効果としては、全身の血管拡張による血行促進や、毛母細胞の活性化による発毛促進、成長因子による毛母細胞の復活など。これらの効果もミノキシジルと瓜二つです。ただし、ミノキシジルとは決定的に違う部分が1つあります。ピディオキシジルはミノキシジルに比べ、副作用リスクが低いことがわかったのです。またミノキシジルよりも吸収されやすく、発毛促進を効率的に行えるのも特徴です。医薬品のミノキシジルが気になるものの、副作用が心配…。そんな方でも、安心して使用できる成分ですね。

有効成分3:カプサイシン

3つめの有効成分がカプサイシン。こちらは唐辛子の辛味成分としても知られており、比較的身近なものとなります。しかし、カプサイシンと聞いて「刺激物」をイメージする方も多いはず。「逆に髪に悪いのでは?」と思われるかもしれません。

実際そのイメージとは裏腹に、カプサイシンには「硬くなった頭皮を柔らかくする効果」が認められています。直接的に髪を生やすわけではありませんが、頭皮環境の改善があるとされます。

人の頭皮は年齢を重ねるにつれて、どんどん硬くなっていきます。頭皮が硬くなった状態のままでは、どれほど効果的な育毛剤を使用しても、十分な効果が得られません。そこでフィンジアは、上記2つの育毛成分にプラスして、カプサイシンを配合しているのです。

作用メカニズムを解説すると、カプサイシンの働きで閉じている毛穴を開き、そこにキャピキシルやピディオキシジルを深くまで浸透・拡散させる、といったイメージ。これはフィンジア独自の「SPEテクノロジー」と呼ばれています。

髪の成長を助ける成分が多数配合!

フィンジアの有効成分は上記3種類がメインです。しかし、そのほかにも頭皮環境を改善したり、髪の成長をサポートしたりする成分が配合されています。例えば、頭皮や髪を清浄し、健やかに保つ効果が期待できる「グリチルリチン酸2K」。また頭皮に潤いを与え、乾燥肌の改善が見込める「パンテノール」や、髪をしなやかにする「ビワ葉」など、計10種類の髪や頭皮に良い成分を配合しています。ヘアケアメーカーとして積み重ねてきたノウハウを活かし、高い効果が期待できる成分だけを採用しているのです。

まとめ

今回ご紹介したフィンジアは、数多くの販売実績を誇る大人気アイテムです。2018年12月に実施された「スカルプケア商品10商品を対象にしたサイト比較イメージ調査」においても、「20代〜50代が選ぶスカルプケア商品」や「リピートして使いたいスカルプケア商品」の分野で1位を獲得。名実ともに優れた育毛剤といえます。育毛目的で“ハズレのない育毛剤”をお探しの方は、ぜひフィンジアを手に取ってみてください。

記事の参考URL

https://finjia.jp/gl1/
https://beauty.hotpepper.jp/doc/bn/glossary/ka/09.html
https://www.patience.co.jp/kopyrrol

NEW新着記事

もっと見る