30代からの薄毛。AGAを改善するには親和クリニックがおすすめ

学生時代にハマったサーフィン好きが高じて、社会人になり、あこがれの湘南に引っ越し、フリーのライターをしています。週末は趣味のサーフィンを海で楽しんでいますが、日焼けと海水の影響と徹夜の執筆作業のためか、最近、髪が薄くなってきたのが気になっています。将来が心配でスキンケアと髪の手入れには人一倍気を使っている毎日です。学生時代からライターをしており、ライターとしての活動歴は10年以上になります。人一番こだわりのあるファッションや美容などのおしゃれ系と、マリンスポーツやキャンプなどのアウトドア系の記事が得意で、読んだ方が自分もやってみたい!と思ってもらえるような記事を心掛けています。(神奈川県在住、20代男性、独身だが彼女と同棲中)

30歳みなさんが自分の薄毛を自覚するタイミングはいつでしたか? 実は、30代を目前にして薄毛を自覚する方は、意外にも多くいらっしゃるようです。僕自身も30歳前にAGAに気づき、早めに対策を始めています。ここでは、30代からAGAを改善するひとつの方法として、クリニックのAGA治療についてご紹介していきます。まだ20代後半の方も、これからやって来る30代へ向けて参考にしてみてください。

30代で自覚するAGA。改善はまだ間に合う?!

「薄毛は自分よりもずっと年上の男性が悩む症状」というイメージを持っている男性が多いのではないでしょうか? 20代前半の頃には、まさか自分が20代後半でAGAになるなんて想像していなかった、という話もよくあります。実は、僕自身もそうでした。

30代が近づくと、老化により代謝が落ちたり、運動能力が低下したりと、体質にさまざまな変化が生じます。また、社会人として働いて忙しくなるにつれ、食生活が乱れたり睡眠不足に陥ったりと、生活習慣が変化することもあるでしょう。このような体質の変化や生活習慣の変化が重なった結果、30代で薄毛を自覚する方が増えてくるようです。

「もしかしたら自分はAGAかもしれない……」と気づいたら、できるだけ早めに対策を始めましょう。30代で自覚しても、AGAの改善にはまだ間に合います! AGAには少しずつ進行するという特徴があるため、今のうちから対策をして進行を遅らせるように取り組めば良いのです。

クリニックのAGA治療で薄毛は改善できるのか?

近年では、AGA治療を行うクリニックが充実してきたため、“薄毛は病院で治療できる”という知識がより広く知られるようになってきました。病院で行われるAGA治療には、主に薬による治療方法と、頭皮に施術する治療方法があります。

薬による治療方法では、医師が飲み薬などの「内服薬」や塗り薬などの「外用薬」を処方し、継続することで薄毛の改善を目指していきます。AGA治療の代表的な治療薬としては、内服薬の「プロペシア」や「ザガーロ」が挙げられます。

頭皮に施術する治療方法では、頭皮に有効成分を注入していきます。栄養成分を注入する「メソセラピー」や、成長因子を注入する「HARG療法」などが代表的な治療方法です。このほかにも、自分の髪の毛を薄毛が進行した部位に移植する「自毛植毛」があります。

医療機関で行われるこれらのAGA治療は、医学的な根拠に基づいて行われ、AGAの進行を抑えたり発毛を促したりする効果が期待されています。ただし、薄毛の進行の度合いや体質の違いなどで、人によって適切な治療方法が異なるため、医師と相談の上で治療方法を決めていくことが大切です。

脱毛部位の改善を目指すなら「自毛植毛」

クリニックにはさまざまなAGA治療の選択肢がありますが、そんな中でもすでに脱毛が進行してしまった部位の髪の毛を取り戻せるのが、「自毛植毛」の治療方法です。自毛植毛で移植した髪の毛は、その後は定着してほかの髪の毛と同様に半永久的に生え変わり、特別なメンテナンスなどの必要がありません。

このように大きなメリットを得られる自毛植毛ですが、費用の面でほかの治療方法と迷う方が少なくないようです。たしかに一度の手術で支払う金額はやや高額となりますが、その後に得られる効果が大きく、かつ半永久的に続くことから、お金を出すだけの価値はあるといえます。

ただし、注意しておきたいのは、自毛植毛の技術はクリニックによって異なるということです。自然な仕上がりを実現するとともに、手術の痛みや傷跡をできるだけ小さくするためには、高い技術力があり過去に多数の実績を持つクリニックを選ぶことが大切です。

自毛植毛は親和クリニックがおすすめ

30代からの薄毛に気づいたときにも有効な自毛植毛ですが、クリニックを選ぶときは自毛植毛を専門的に行っている医療機関を選ぶと良いでしょう。僕がおすすめしたいのは、東京の新宿をはじめとして名古屋・大阪・福岡と全国4箇所で展開している、「親和クリニック」です。

親和クリニックは自毛植毛の手術を得意としています。医院で独自に開発した「MIRAI法」では、メスを使用せずに植毛を行うのが特徴です。自毛植毛といえば、手術後の痛みや傷跡の心配があります。しかし、「MIRAI法」では特殊な極小の医療機器を使用することで、頭皮への負担を最小限に抑えつつ必要な組織を採取できるようになっています。

さらに、移植のために後頭部の髪の毛を刈り上げることに抵抗がある方には、「NC-MIRAI法」という選択肢もあります。こちらも「MIRAI法」と同様に、メスを使用せずに髪の毛を移植する手術ですが、従来の自毛移植のように髪の毛を刈り上げる必要がありません。周りの方にバレないように手術をしたい方は、検討してみてはいかがでしょうか?

仕事で活躍している20代後半から30代の男性にとって、手術のために休みを取って出社を控えるようなことは、なかなか難しいかもしれません。そんなときも、親和クリニックの自毛植毛なら誰にも気づかれずに薄毛対策を始められるはずです。

まとめ

30代で薄毛に気づいた方へ向けて、薄毛を改善するためのAGA治療についてご紹介しました。親和クリニックの自毛植毛は、やはり自毛植毛を専門としている医療機関ということで、技術が高く自然な仕上がりを実現できるのがメリットだと感じます。自毛植毛に興味をお持ちの方は、ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

参考URL

https://www.hairdoctor-men.com/usuge/101310/

https://www.angfa-store.jp/column/usuge011

http://www.aga-news.jp/

https://medicalnote.jp/contents/160526-011-GA

https://shinwa-clinic.jp/medical/transplant/

NEW新着記事

もっと見る