50代で増毛デビュー。薄毛を髪型でごまかす日々からの解放とは

「床屋にでも行った?」

増毛した後、家族にそんな反応をされたという男性。「増毛前、パンフレットも見せていたのに全然気付いていなかったんです。面白かったな」と明るく笑う。彼が増毛をスタートしたのは、50歳を過ぎてからだった。

30歳手前から薄毛に悩み続けて、約20年。増毛した今、彼は何を思うのか。

最初のカツラメーカーで絶望した日

わたしが薄毛を意識したのは28歳くらいのときだ。頭頂部のボリュームが減ってきて意識し始めた。ただ、そのときは思い込みだったかもしれない。他の人に比べれば薄毛だったが、それほど進行してはいなかったからだ。

男性の元気が無い背中

それでも、とにかくこの「薄い」という状態が嫌で嫌でしょうがなくて、とあるカツラメーカーのA社に話を聞きに行った。

そこで生まれたのは絶望だけだった。まだお金に余裕がない頃で、料金が思ったより高いと感じて手を出せなかった。一方で、「カツラを接着剤で頭部につける」という説明を聞いて抵抗感も芽生えた。カツラをつけたいけど、つけたくない…。この矛盾した気持ちをどうすることもできなかった。その後、カツラの話はうやむやになり、「人より早く禿げるだろうな…」と薄毛をくよくよ心配する日々が続いてしまった。

髪型で薄毛をごまかしてきた日々

ハサミとクシを持つ美容師

それから55歳になるまで、サイドを短く刈り上げて髪のボリュームの少なさをごまかすしかなかった。髪型はスポーツ刈りか角刈りに限定された。時々、自分でバリカンを使って坊主にもした。ただ、坊主からスポーツ刈りにしようとすると、髪の生え方が不揃いで少し苦労した。ここ最近、去年までは1ミリの角刈りだった。他にも、髪のボリュームが出やすいシャンプーを利用して工夫するようにもしていた。

他にも、個人輸入で販売されていたミノキシジルを5%配合している塗るタイプの育毛剤を買って使ったりした。髪の毛を太くする効果があり、見た目が良くなった。夏場にいつも薄毛になる傾向があったが、それを使って「あ、今年の夏は大丈夫だな」と効果を実感できた。

ただし、薄毛にまつわる苦い経験もある。50代前半には、背の高い友達にスマホで、後ろから撮影された。「何かな?」と思ったら薄毛の部分を撮られていたのだ。「この野郎」とちょっとだけ思った。あとは、若い頃に「地肌が見えてる」と人に言われた覚えもある。

薄毛で良かったことなど、1つもない。

髪型でごまかすのはもう限界…ウィッグ探しを開始

そんなこんなで、過去に色々と試してはいたものの、とうとう再度カツラメーカーへ相談しに行くことに。そこは、最初に行ったメーカーのA社とは違い、地毛とカツラを編み込むという増毛法が特徴的だった。

エレベーターの中

きっかけは、ある街でエレベーターに乗ったときのことだ。乗客を映すモニターを見たら、自分の後頭部が真っ白になっていてショックを受けた。普段は鏡だけ見て、正面からの印象だけで「まぁ、普通だろう」と考えていた。しかし、そのモニターで後頭部を見てから、他の人の目にはこう映っているんだと悟った。

同時に、「髪型でごまかすのはもう限界だ…」と感じたこともある。それから、男性用のウィッグをネットで探し始めた。

「カツラ」とか「ヅラ」とかいう言葉にどうしても抵抗があったが、ウィッグは女性が気軽につけているイメージがあり、あまり抵抗感がなかった。しかし、男性用の「ウィッグ」は本格的なものがない。遊びでつけるようなものばかりだった。どうしたものかと考えながら、ネットで色々調べていくうちに、地毛と編み込むカツラというものがあるのだと知った。

増毛すると、「自分を見たくなる」。その変化に感動

過去に話を聞いたA社は、料金がよく分からなかったし、契約させようとしつこかった記憶がある。資料請求した会社は行く前に料金が分かって、定額プランにも魅力を感じた。芸能人が編み込みのカツラを使っていたのにも惹かれた。

契約から着用まで3ヵ月ほどかかった。地毛とカツラを編み込むだけの毛の長さが、自分には足りていなかったのだ。髪が編み込める長さになるまでは、もどかしくて、やっぱり少しつらい気持ちだった。そんなこともあり、毛を伸ばす3ヵ月の間には増毛パウダーなんかに手を出したりした。

カレンダーの赤丸

そして、いよいよ待ちに待った日。54歳になってカツラの着用をスタートした。「待ちに待った甲斐があったな…」と感動したのを今でも覚えている。増毛する前は、鏡を見て「老けてる」とネガティブな気持ちになっていたものだが、増毛してからは「自分を見たい」と思うようにもなった。外出するときなんかも、「髪が薄く見えるから帽子をかぶろう」という考えがなくなった。何種類も持っていた帽子を使わなくなるほどだ。

それだけではない。「何でも思いっきりできる」という気持ちが芽生え、周囲の人に見られても平気だと思うようになった。

増毛後…「床屋行ったの?」カツラの相談をしていた母の反応

お墓とカラフルな花

編み込みのカツラをしてから3日後、母親と妹と墓参りに行った。母親は、増毛直前にも会っていたので、すぐに頭髪の変化に気が付いたようだ。「床屋行ったの?」と言ってきた。まるで増毛したなんて思ってもいない様子。それが少し面白かった。

増毛前に「こういうヅラをつけてみようかな」とパンフレットまで見せたことがあったのに、まったく気がつかなかったのだ。妹には、墓参りの後にメールで事実を打ち明けた。母と同様、妹も「ぜんぜん気がつかなかった」とビックリしていた。

僕が禿げていると知っている昔の友人たちは、増毛した僕の頭を見て絶対気がつくはずだ。

そうしたら、素直に事実を言おうと考えている。

会社では、ある同僚にカツラのことをカミングアウトしたことがある。彼は「マジで!?」と目を丸く見開いて驚いていた。今でも、あの顔を思い出すと、ちょっと笑いがこみ上げてくる。カツラをつけるのが、こんなに愉快なことだとは想像だにしていなかった。

薄毛の悩みからも解放され、自然なヘアスタイルと清々しさを得た今、過去をこんなふうに振り返られることが嬉しい。

シェアする
いいね!1つ星 1
読み込み中...