AGAに悩む男性必見のペルソナ。遺伝子検査キットの秘密

父に限らず、父の家系は薄毛の親族が多く、自分自身も遺伝による薄毛の可能性が高いと言われているのが心配ごとで母親からも健康と髪の毛に悪いので油ものを取り過ぎないように言われています。ただ、食べ歩きが趣味で1日で数軒も食べ歩くこともあるので、カロリーの取り過ぎは否めず、髪が薄くなってきたような気がしてます。美味しいと評判を聞くと絶対に食べてみたい!と思い、ラーメンを食べるだけのために片道3時間の移動をすることもあります。
小さい頃から文章を書くのが大好きで、プロのライターとしては、6年の経験があります。得意ジャンルは、育毛、グルメ、スポーツ全般で実際に試してみての体験レポートに自信があります。
(神奈川県在住、20代男性、独身)

遺伝子

育毛剤を使いたいけれど、どれを使えば良いのか分からないという方におすすめなのは、「ペルソナ」です。ペルソナは、最初に遺伝子検査を行い、本人に合った商品が送られてくるセミオーダー式の育毛剤です。検査は頬の内側を綿棒で擦るだけで簡単に行えます。こちらでは、ペルソナの遺伝子検査についてご紹介します。

遺伝子検査をする育毛剤

20代後半にして髪の生え際が薄くなってきた私。父や親族も髪が薄く、薄毛になりやすい家系です。AGAクリニックに行ってみようかと思いましたが、仕事が忙しいことや、まだそこまで進行していないことを理由に躊躇していました。そこで気になったのが「ペルソナ」という育毛剤です。

ペルソナの最大の特徴は、遺伝子検査をして自分に最適な育毛剤を届けてくれる点です。「SNP検査」でDNA情報を読み取り、ヘアサイクルや髪の太さといった基本情報や男性ホルモンの影響を分析します。検査結果を元に、14~28種類の天然由来成分を配合した育毛剤が送られてきます。

遺伝子検査で調べられるのは、主に「男性ホルモンの影響」「髪の太さや強さ」「頭皮トラブルを起こしやすいかどうか」の3つです。

薄毛の原因にはさまざまなものがありますが、特に多いのは男性ホルモンが原因のケースです。男性の4人に1人は男性型脱毛症(AGA)だとされています。男性ホルモンには髪の成長を阻害する働きがあり、男性型脱毛症(AGA)を引き起こしてしまうのです。SNP検査では、DNA情報から、男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかを読み解きます。

髪の健康状態は、髪の太さや強さから判別可能です。髪の毛は一定のサイクルで抜けたり生えたりを繰り返しています。ヘアサイクルが正常であれば、太く強い髪が生えてきますが、サイクルが乱れていると髪が育つ前に抜け落ちてしまいます。そのため、髪が細くなってきたら、薄毛の進行を疑わなければなりません。

また、頭皮トラブルが原因で髪が薄くなるケースもあります。ペルソナの検査では、遺伝的に頭皮トラブルが起こりやすいかをチェックします。頭皮トラブルの種類は、かゆみ・赤み・ふけ・抜け毛・乾燥といったようにさまざまです。頭皮の状態を調べ、本人に最適な成分が配合された育毛剤が届けられます。

私はペルソナの商品説明を読んで、病院に行くよりも手軽に遺伝情報が分かる点に興味を持ち、購入を決めました。自分に合った育毛剤を使いたい方は、セミオーダー式の育毛剤であるペルソナを選んでみてはいかがでしょうか。

ペルソナの検査キットの使い方

ペルソナを注文すると、販売会社のダブルヘリックスから検査キットが届きました。キットには綿棒や試験管、説明書が入っています。

検査の方法は、綿棒で頬の内側を擦って試験管に入れるだけです。検査キットに入っている返信用封筒に試験管を入れ、ポストに投函したら完了します。検査はとても簡単に行えました。

2~3週間経つと、検査結果と結果を元に配合された育毛剤が届きます。私の元にはリキッドタイプの育毛剤が届きました。使ってみると髪が以前より濃くなったように感じ、とても満足しています。

薄毛と遺伝の関係

遺伝子検査が重要なのは、薄毛に遺伝が大きく関わっているからです。男性ホルモンのテストステロンは、血液を通って体中を流れ、頭皮にある5aリダクターゼと結びつきます。すると、より強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変化します。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結びつくと、脱毛因子であるTGF-βが増加し、髪の成長が阻害されてしまうのです。

5aリダクターゼの活性度と、男性ホルモンレセプターの感受性を決めるのは遺伝です。5aリダクターゼが活性化しやすいとジヒドロテストステロンが増加しやすくなり、男性ホルモンレセプターの感受性が強いとジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなります。

このように、薄毛には遺伝が深く関わっています。薄毛を改善するためには、自分の遺伝子を知り、体質に合った対策が必要です。

遺伝子検査をするメリット

遺伝子検査をすることで、自分の遺伝的傾向や弱点が分かり、より効果的な対策ができます。薄毛の原因は、男性ホルモンや皮脂の詰まり、頭皮の緊張といったようにさまざまです。男性ホルモンが原因のケースの中でも、5aリダクターゼが活性化しやすいタイプや男性ホルモンレセプターの感受性が強いタイプに分かれます。原因を調べることで、より効果の期待できる育毛剤を使えます。

また、一度遺伝子検査をしておけば、一生涯薄毛対策に役立てられるのもメリットです。遺伝情報は一生変わらないため、今後薄毛が進行したときに、検査結果をみながら対策できます。

遺伝子検査の費用相場は、20,000~30,000円です。ペルソナの遺伝子検査費は24,800円(税抜)ですが、定期コースを選ぶと検査費と育毛剤を合わせて24,800円(税抜)になります。お得に遺伝子検査をしたい方は、ぜひペルソナを購入してみてください。

まとめ

薄毛には遺伝が大きく関係しています。ペルソナは遺伝子検査をし、一人ひとりに合った育毛剤を送ってくれるため、より高い育毛効果を期待できます。また、検査結果を今後の薄毛対策に役立てることも可能です。自分に合った育毛剤を使いたい方は、ぜひペルソナを使ってみましょう。

参考URL

https://prsna.jp/user_data/lp02.php
https://xn--01-zb4ata8554bktldw1apbbf83ad88afj0b.com/persona.html#i3
https://www.healthy-style.jp/archives/35816
http://home.384.jp/bruzit5r/usuge-to-iden.html
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/17_usuge/
http://www.twmu.ac.jp/IMG/genetic-diagnosis/cost.html

NEW新着記事

もっと見る