AGA治療はギャンブル?人生を楽にしてくれた増毛体験とは

実家で家族と暮らしている30代後半の彼は、物流業界で働きながら、率先して親の介護を行う優しい性格。そんな彼にも「薄毛」という悩みがあった。

「みんな、僕の頭を見ているんじゃないか?」かつて、そう思い悩む日々を送ってきた。

そんな彼は現在、地毛に編み込むカツラを使って増毛している。昨今人気のAGA治療を選ばなかった理由は何なのか?今回は、その理由を解き明かすストーリー。

人間不信の僕にのしかかる、20代で薄毛という事実

教室でたそがれる男性

高校生の時、人生観を変える出来事が起きた。

僕が「正しい」と強く信じていたことを、まわりに「それは違う」と真っ向から否定された。「正しいことを正しいと言ってはいけないのか」と、僕の堅物のような性格も災いし、どんどん孤立してしまった。それからはイジメに近い仕打ちも受け、人間不信に陥った。

そんな高校時代を過ごし、人付き合いが苦手になってしまった僕。社会人になり、初めての職場では、周囲とコミュニケーションを取るのにいつも苦労し、ストレスを感じていた。悩みはそれだけではない。ストレスとともに年々薄毛が進行し、「みんな、僕の頭を見ているんじゃないか?」などと余計な心配をするにようになった。劣等感すら感じていたほどだ。

25歳になると、さらにショックな出来事が起きた。アルバイト先の同僚や先輩の頭と、鏡で毎朝見る僕の頭とでは、毛量が明らかに違ったのだ。髪が薄い。その事実に愕然とした。僕は同世代に比べて薄毛なんだとはっきり自覚してしまった。

AGA治療検討するも、ブラック企業入社で断念することに

作業場で勤務する男たち

その後、物流会社で働くようになり、育毛剤を利用し始めた。「若いからきっと生えてくる」と信じて7年利用したが、期待する効果はまったく実感できなかった。

育毛剤の使用と平行して行っていたのは、インターネットでAGA治療にまつわる情報を漁ることだ。そして、クリニックに通うことを検討した。

しかし、その計画は頓挫した。当時働いていた会社が、俗にいうブラック企業。土日祝日の休みもなく働かされ、プライベートに使う時間はほとんどなく、AGA治療は諦めるしかなかった。

この物流会社ではかれこれ8年ほど働いた。そのうちに、世の中で”働き方改革”という言葉が広まるようになり、まわりの人が、僕の会社は「ブラック企業じゃないか?」と意見してきた。

僕自身もとうとう「こんな働き方、やってられるか!」と堪忍袋の尾が切れた。親も寝たきり状態になり、面倒を見るためにプライベートの時間を確保したかったのも大きい。そこで転職を決意した。34歳の時の出来事だ。

AGA治療はギャンブル?検討の先に行き着いたカツラ

考える男性

会社をやめるタイミングで、薄毛対策も本格的に考えることにした。

以前検討したAGA治療は、クリニックへ足を運んで相談したら、専門医から「髪が生えるまで長い時間が必要で、毛髪が生える保証もない」と言われた。クリニックの選び方や薬は発毛効果を左右するとも言われた。

まるでギャンブルだと思った。その時点で、AGA治療に対して疑心暗鬼になってしまった。とはいえ、薄毛の問題は解消したかった。仕事の際は薄毛を隠すために頭にタオルを巻き、外出時は帽子を必ずかぶる。そんな状況を打破したくてしょうがなかった。

そこで考え方を変え、カツラに目を向けた。ネット上でカツラメーカーの情報を調べると、A社では「結毛1000本まで無料」と謳っていた。1000本無料はありがたいが、それ以上の本数になるとどうなるか、一体いくら必要なのか分からなかった。1万本、2万本…となればきっと高額になるだろう。そう思って二の足を踏んだ。

最終的にA社を諦め、別のカツラメーカーを検討してみることにした。そして、地毛に編み込むタイプのカツラを展開し、無料でカツラの体験が出来るという別メーカーを知り、相談しに行くことに。これが当たりだった。

カツラにして正解だったと言える理由

困っている箱男

人毛を使ったこのカツラは、使い心地が良かった。薄毛を気にする必要が一切なくなり、若い頃に感じていた劣等感が薄れ、前を向いて歩けるようになった。僕にとって、長年抱いてきたコンプレックスが解消された瞬間だった。

転職で入社面接を受けた際、面接官の印象も目に見えて良くなったと思う。社会において、髪型や毛量は、第一印象を決める大事な要素だとつくづく実感した。

カツラは、様々なことを僕に教えてくれた。

と同時に視野が広がり、周囲の人たちをよく観察するようになった。そこで悟った。人は意外に、他人のことにそこまで興味がない。今まで、ただただ自分が周囲を気にしていただけだったのだ。

本当は、人にそこまで頭を見られていなかった。例えば仕事相手は、僕の薄毛を気にして来社しているわけではない。仕事で来ている。勝手に僕が「こっち見てんじゃねーよ」と劣等感を感じていただけだ。そうした気づきも、僕の心に平穏をもたらした。

変化した行動パターン。そして人生の新しい側面への気付き

LIFE

それからというものの、行動がアクティブになった。今まで、仕事が終わったら家にすぐ帰っていた。が、ここ2、3年で生活パターンが変わり、仕事終わりに友人とよく遊ぶようになった。

僕の増毛に対する、まわりの反応も興味深かった。よく「学生か!」とツッコまれ、見た目がそんなに若返ったのかと、思わず笑ってしまった。仕事でも人から「若い」と言われる。

ただし、恋愛を積極的にしようとは考えていない。今や、結婚してくれた人に親の面倒を見てもらう、という時代ではない。誰かに頼るのは違うと思うからだ。とはいえ、大げさかもしれないが、増毛は僕の人生をずいぶん楽にしてくれたし、人生の新しい側面を教えてくれた。

高校時代の嫌な思い出も、経験できたからこそ得られたものがあった。経験できて良かった、と今になって思うのだ。

増毛したことは、そんな気持ちとちょっと似ているのかもしれないな。


この物語に出てくる「編み込み式の増毛」はスヴェンソン。詳細は以下リンクからご覧ください。まずは気軽に無料体験!納得してから始められます。


 

シェアする
いいね!1つ星 2
読み込み中...