薄毛の髪をどうにかしたい…相談はどこに行く?各窓口のポイント解説

ウェブメディアのディレクター兼ライターとして活動しています。小さい頃からサラサラ直毛に憧れはありますが、自分のくせ毛も嫌いじゃありません。月1回の散髪後のヘッドスパが一番の幸せです。私が携わった記事がきっかけで、読者の方々の新しいアクションにつながればうれしいです。

薄毛のことを相談したい…こんなときには、どこへ行けばいいのでしょうか?多くの方は一人でその悩みを抱え、誰にも相談できずにいます。

どのように髪の悩みを解決したいのか自分でもよく分からない、病院(処方)と他サービスの違いや良し悪しが分からない。そんな方のために、育毛・ヘアケアの専門家監修のもと、世間に数多ある薄毛の相談窓口のポイントを解説していきます。

国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫
国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)
1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究25年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

薄毛相談窓口の種類

薄毛の相談先として、医療機関・増毛(ウィッグ)サロン・育毛発毛サロンを思い浮かべる男性のイラスト

薄毛の悩み解消に向けて相談ができる窓口は、医療機関から増毛サロン、育毛・発毛サロンまで色々あります。まずはどのような機関があるのか見ていきましょう。

①病院・クリニック

成人男性を中心に薄毛・抜け毛の主な要因に挙げられるのがAGA(男性型脱毛症)です。このAGAの診療窓口として、AGAクリニックや病院の皮膚科があり、医師による診察、薬の処方を受けられます。

日本臨床医学発毛協会によりますと、日本でAGAの進行を抑える薬「プロペシア」が厚生省に認可されたのは2005年10月11日。同年12月14日に同薬が日本初のAGA向けの薬として発売されました。以後、日本のAGA治療の裾野が拡大します。

2020年現在のAGA治療は主に、医師の処方が必要な薬による治療、髪の成長因子「グロースファクター」を頭皮に直接流し込む注入治療、側頭部や後頭部の自毛を植毛する3つの方法があります。代表的なクリニックは湘南AGAクリニック、AGAヘアクリニック、総合病院の皮膚科、皮膚科クリニックなどです(2020年8月現在)。

②増毛(ウィッグ)サロン

ここでいう「増毛」は、主に結毛法やウィッグの取り付けによる頭髪のボリュームアップを指します。アデランスやアートネイチャーなどの大手メーカーから、独自技術を提供するスヴェンソン、東京義髪整形などの老舗まで多岐にわたります。それぞれ手法や費用に差があります。ご自身の生活様式に合う増毛法かどうかを事前に検討、比較してみましょう。

③育毛・発毛サロン

医師が在籍する医療機関ではないものの、髪・頭皮に詳しい専門スタッフから、心身のトータルケアにもとづく独自の発毛サポートを受けられます。バイオテックヘアやリーブ21などが該当します。髪のアドバイスのみならず、食事指導のプログラムなどもあるようです。

各窓口で提供されるもの

机に置かれた電卓とお金の写真

上記の1〜3で挙げた相談窓口では、受けられるサービスもかかる費用も、効果を実感できるまでに要する期間も異なります。内容を詳しく見ていきましょう。

病院・クリニックのサービス内容

AGA治療を中心とした病院・クリニックのサービスは、主に投薬治療、注入治療、自毛植毛の3種類です。健康保険が適用される「保険診療」ではなく、保険適用外の「自由診療」であるため、費用は全額自己負担です。

1回の通院でもらえる薬の代金はピンキリで、6,000〜15,000円と言われます。加えて初診料や再診料で3,000〜5,000円ほどかかります。

また自毛植毛を提供するクリニックもあります。自毛植毛では、4〜5本の毛が生える1つの毛包を「1株」と数え、男性ホルモンの影響を受けづらい後頭部などの毛包を数百・数千株、薄毛が気になる部分へ移植します。移植方法にもよりますが、400株以下でも数十万円、500〜1000株以上を移植する場合は100万円以上の費用がかかる可能性があり、大変高額です。

AGA治療は原則、頭髪の発毛サイクルに合わせた発毛を目指します。効果を体感できる人でも3〜6ヵ月を要すると認識しておきましょう。

増毛サービス

増毛には主に編み込み式増毛、結毛式増毛、着脱式増毛、粘着式増毛の4つの方法があります。メーカーによっては体験コースが用意されていますが、増毛で重要なのは「継続」です。「体験コースが安かったから」という理由で契約すると、本契約の継続に時間と費用を大いに割く可能性もあります。メンテナンスのサイクル、製品の寿命や保証、それらにかかる費用なども事前に確認して選択しましょう。

各増毛の種類のメリットデメリットは、以下の記事で丁寧に分かりやすく解説しています。併せてご覧ください。

育毛・発毛サロンのサービス内容

AGA治療以外の施術にもとづく育毛・発毛サロンでは、頭皮チェックから炭酸シャワーによる頭皮洗浄、オゾン照射、食生活のアドバイスに至るまで、様々なサービスを提供してくれます。予防や現状維持の指針を示してくれそうですが、「より髪が増えた」という実感を求めるならAGA治療や増毛がおすすめです。

髪コトがおすすめする薄毛相談の選択基準

FACT(事実)とBIAS(偏見)の文字

これまで見てきたように、一口に発毛、増毛と言っても多種多様なサービスが存在します。では一体どのサービスが自身の頭髪状況に適していて、どのサービスを選んだらいいのでしょうか。髪コト編集部がおすすめする、薄毛改善の選択基準をお伝えします。

じっくり、根本的に解決したい、「自分の髪」をどうにかしたい…

この悩みは、言いかえれば「過去の毛髪を取り戻したい」「自然発毛を促したい」という気持ちの表れです。AGAクリニックなどの医療機関を受診するのが最も安心ですが、即効性のある治療を望むのは困難です。中長期的に時間とお金をかける根気も必要になります。

また、AGAクリニックに通う人は薄毛が進行した状態であることが多いため、ご自身が望む量の発毛を成し得ることができないかもしれません。深刻な状態で、かつ大きな変化を望む方には目標とする毛量を事前に確認することが重要です。

即効性を求める、自分が求めるヘアスタイルにしたい

見た目の変化をすぐに求める・理想のヘアスタイルがある…このような希望を持つ方におすすめは、ずばり増毛です。「地毛を生やす」という根本的な解決には至りませんが、ウィッグや結毛法によって、施術後すぐに自分好みのヘアスタイルや毛量を手に入れることができます。

例えばスヴェンソンの編み込み式増毛法などは、専門のスタイリストが希望に合わせて髪をカットしてくれるので、ウィッグで思い通りのヘアスタイルを実現してくれます。

まとめ:まずは薄毛相談に向けて冷静に!

薄毛の問題は、悩んでいる人にとってはどこに相談すべきか、どれくらいお金や時間がかかるのか、とても分かりにくいものです。

そのため、「早くなんとかしなきゃ」と焦って、最初に目についた方法にすがるのは禁物です。冷静になり、自身の薄毛の原因を調べ、状況に適した対処法を選びましょう。

参考文献
http://www.hatumo.jp/aga.html
https://www.nhtjapan.com/price/
https://shinwa-clinic.jp/about/drcolumn/23/
https://www.agaskin.net/chiryo/transplantation/
https://www.reve21.co.jp/
https://www.biotech.ne.jp/
シェアする
いいね!1つ星 2
読み込み中...