AGAによる薄毛は治るの?AGA治療方法や効果について

月刊誌、WEBサイトの編集を経てフリーランスとして活動。スポーツを中心に教育関連や企業PRなどの制作・運営に携わっています。屋外の取材が多く、髪の日焼けやパサつきが気になりつつも「髪コト」に参加するようになって、日々のケア方法などを実践するように。最近はヘッドスパにハマる中、みんなの人生を豊かにするよう記事づくりをしていけたらと思います。

AGA治療で薄毛は治る?完治できるのか? 

頭頂部の髪が薄くなっている男性の後ろ姿

近年、髪の毛に関する悩みの一つとして聞かれるようになったAGAは、進行中の脱毛症です。日本人男性の薄毛のほとんどはAGAによるものと言われており、その治療法も注目されています。

では、実際にAGA治療によって抜け毛や薄毛は完治するのでしょうか。育毛に詳しい井上哲夫先生監修のもと、AGAのメカニズムとともに、その治療法や効果についても見ていきます。

国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫
国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)
1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究25年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

AGA治療で薄毛は完治する?疑問に対する結論は

AGA治療をすることで薄毛が治るかと言うと、答えは「NO」です。ただしNO(治らない)」というのは、「毛が抜ける前の状態に戻して薄毛が再発しないような完治」のことを指し、抜けてしまった毛の量を戻していくような治療はできます。

毛根がしっかりと残っていれば発毛が認められることもありますし、薄毛治療をすることで症状が改善することもあります。しかし、ご自身の「なりたい毛量」に近づけるかを想定することは重要です。

いつまでAGA治療は続けるの?やめても大丈夫?

では、AGA治療を始め、効果を実感した場合、治療をやめてもいいのでしょうか。これも、答えとしては「NO」になります。

繰り返しますが、AGAは進行する疾患なので、治療や予防などの対策をやめれば、抜け毛が増えたり後退してしまったりする可能性も高くなるのです。同時に、「治療をいつまで続ければいいだろう」と考えてしまうのも当然でしょう。

だからこそ、もしAGA治療をするのであれば、どこをゴールとするか、目指すヘアスタイルを描きながら、治療を続けることが望ましいのです。

AGAは放っておいても治る病気なのか?

M字(生え際)部分の薄毛写真

では改めて、AGAとはどんな病気なのかを見ていきます。一般的にAGAは進行性の脱毛症です。決して放っておける疾患ではないからこそ、AGAのメカニズムを知ることで治療の第一歩になるでしょう。

AGAとは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことを言います。思春期以降の男性に起こる髪の毛が薄くなる原因のほとんどがAGAだとも考えられているのです。

その症状は主に、おでこの生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなっていくもので、比較的ゆっくりと進行していきます。洗髪などの際に抜け毛が多くなってきたと感じたら、注意が必要です。

こうしたAGAの原因としては、遺伝や男性ホルモンの影響などと解明されているため、医学的な治療が必要とされています。

AGAは進行性

AGAの特徴は、生え際や頭頂部の後退がじわじわと、ゆっくり進行していくことです。その進行タイプは人それぞれで、1箇所の場合もあれば、複数箇所が同時に薄くなる場合もあります。

ただし、AGAの場合は薄毛になっても、産毛が生えたり残ったりすることがあるため、「おかしいな」と思ってもAGAの症状だと気づかないことも多いようです。しかし、放置すれば進行してしまうので、注意深く頭皮の状態を見てケアしていくことが必要です。

AGA対策は早い方が良い

薄毛の3タイプのイメージイラスト(M字・U字・O字)

AGAは進行速度が緩やかなため、気づいたときにはかなり薄毛が進行していたり、発毛サイクルに異常が起きたりしている場合も少なくありません。通常、髪の毛の発毛サイクルは1,000〜2,000日ほどと言われていますが、AGAの場合は、最短で100日程度。十分に毛髪が成長しないまま抜けてしまうのです。

その状態で対策をしないと、どんどん薄毛が進んでいくことがあります。そのため、気になりだした時に頭皮の状態をできるだけ良い状態に保つことが重要です。

正しい頭皮マッサージと育毛剤の使用を平行することでAGAの進行を遅らせることはできますので、できることから早めに対策した方が良いでしょう。

頭皮を観察してみると、毛穴に汚れや皮脂が詰まっていたりして、炎症、かゆみの原因となっていることがあります。それらも抜け毛を促進することになると考えられます。

AGA治療では、どれくらい生えるの?

もしAGA治療を進めた場合、髪の毛はどれくらい生えてくるのでしょうか。

AGAは、生涯で限られた回数しかない発毛のヘアサイクル=11本の生え変わりの周期が短くなることで進行しますが、これには当然、個人差があります。この周期が終わってしまった毛根は本来の働きを失っているので、発毛しません。

そうした毛根の状態などが個々に違うため、AGAの程度や発毛や育毛の状態も異なるのです。ですから、最初に自分の理想的なヘアスタイルやなりたいイメージを治療時に伝えることが大事になります。

場合によっては他の選択肢も含め検討を

ただし、AGAが想像している以上に進行している場合やAGA治療薬が合わない等の場合は、増毛、かつらの着用など、AGA治療以外の方法も検討してみましょう。

AGAに対する対処法も年々増えてきており、自分の体調や生活スタイル、経済事情などを考慮しながら、薄毛ケアをすることが可能なのです。

AGAはどのようにして治療をするのか?     

AGA治療薬をイメージした錠剤の写真

AGA治療は、一般的に飲み薬などの内服薬と外用薬を用いることが多いようです。ここでは、どのような治療薬があるのかを詳しく見ていきます。

AGA治療の種類 

AGA治療は、進行を抑える「治療薬」を使うもの以外に、有効成分を頭皮に直接注入することで育毛や発毛を促し、比較的早く効果をもたらす「メソセラピー」AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の地毛を移植する「自毛植毛」などの治療法があります。

外用薬(塗薬)・内服薬(飲み薬) 

AGA治療の中でも、最も知られているのが「プロペシア」や「ザガーロ」の服用でしょう。これらは、日本でも厚生労働省が認可しているAGA治療薬ですが、最近では、より安価なジェネリック薬品も複数登場しており「フィナステリド錠」などが用いられることもあります。

塗り薬などの外用薬としては、発毛を促す「ミノキシジル」が有名ですが、ミノキシジルはもともと血管拡張作用の薬で、その副作用として毛が生えたことからAGA治療薬として改良されました。ミノキシジルは内服薬としても用いられることがある薬品です。

医師の処方が必要・保険適用外

これらのAGA治療は、保険は適用外のため自由診療となっており、費用が高くなる傾向にあります。

保険が適用されないのは、「薄毛は病気ではない」という考えに基づいているためで、内服薬などを使うには、医師による処方箋も必要となっています。

海外からの個人輸入とは?

AGA治療は「薬代が高い」「クリニックに行かないといけない」などの背景から、AGA治療薬を個人輸入することも増えているようです。

しかし、個人輸入には危険が伴います。中には悪質で全く効果がないものや健康被害をもたらすような薬品を、AGA治療薬と謳って販売している可能性も否定できません。また、偽造品やパッケージだけが似ていたり、錠剤の色も同じなどの粗悪品である場合もあるでしょう。

そのため、安全かつ安心に治療するためにも、AGA治療薬を使用したい場合は個人での輸入をすることは全くおすすめできません。

AGA治療ができる窓口と気になる費用は? 

腕を組んで顎に手を当て、考えている男性の写真

そうしたAGA治療を受けるには、どのような病院が適切でしょうか。まず浮かぶのは皮膚科や薄毛専門クリニックなどですが、近年はAGA治療に特化したクリニックも多く見られるようになってきました。

総合病院の皮膚科、皮膚科クリニック、薄毛専門皮膚クリニックで受診

AGA治療など薄毛治療をするためには、頭皮が関わるため、一般的には皮膚科を選ぶことが多いでしょう。総合病院や近所の皮膚科など、足の運びやすい場所にあったり、気心知れた医師による診断も可能です。また、実績のあるクリニックの確認も大切です。

同時に、近年ではAGA治療を専門にしたクリニックも登場しています。その「扉を開く勇気が必要」という声も聞こえてきますが、多くのクリニックが進出していますので、「選択できる」環境になったことは良いことだといえるでしょう。

またどのような病院やクリニックに行ったとしても、AGA治療は自由診療なので、費用にも差が出てきます。事前に調べられることは調べておきましょう。副作用につきましても医師に十分に確認されるようにしてください。

AGA治療の費用について 

AGA治療は全額自己負担のため、一般的な治療と比べても高額です。その相場は、1ヶ月で13万円前後ですが、そのほとんどが薬代になります。

一般的にプロペシアは5,0008,000円。サガーロは8,00010,000円ほど、ミノキシジルでは約6,0008,000円です。ただし、診察内容や服用する薬によっても値段は異なり、高いときには100,000円ほどを必要とする治療もあるようです。

まとめ

ここまでAGA治療について、さまざまな視点で見てきました。

薄毛が改善されることは医学的にも認められているからこそ、処方してくれるクリニックや皮膚科も増えているのですが、根本的に重要なことは、AGA治療により回復する髪が、ご自身が望むヘアスタイルのイメージと合っているかどうか」です。このイメージをしっかりと持ってAGAの対策をすることが大切なのです。

また、どんなにAGA治療が良くても頭皮ケアは欠かせません。頭皮環境を考え、汚れを取り去ること、頭皮の血行を良くするためにマッサージを行うことなど、AGA治療をする・しないに関わらずホームケアを継続することが大切です。

場合によっては他の選択肢も含め検討を

前述のとおり、AGAの発症状態は人によって異なります。「イメージしているほどには生えない」という見込みが大きい場合や、すでにAGAによる地毛の後退がかなり進んでいる場合などは、増毛やウィッグの着用もを検討してみると良いでしょう。

大事なのは自分に合ったライフスタイルで選ぶこと

髪の毛に触れている男性の写真

ウィッグにはいくつか種類がありますが、ポイントは自分のライフスタイルに合わせてウィッグの商品や装着方法を選ぶことです。

これまでウィッグといえば、かぶるもの、もしくは金具や両面テープを使用する「着脱式」が一般的でしたが、取れる心配や常に消耗を気にして使用しなければならないといった不安がつきまといます。ウィッグはそもそも“消耗品”であることはあまり知られていません。

そんな中で一考したいのが、「定額制」を導入しているスヴェンソンの「編み込み式増毛法」。地毛にウィッグを編み込んで装着するので取れる心配を無くし、定額制により消耗の不安から解放された生活を送ることができます。

スヴェンソン「編み込み式増毛」によるビフォーアフターの写真

※スヴェンソン「編み込み式増毛」によるビフォーアフター

消耗の心配がないということで、製品を最初から短くしたり、毛量を調整して装着できるので、ヘアスタイルのバリエーションも増えるというメリットも見落とせません。

また、スヴェンソンの編み込み式増毛なら無料でお試しすることも可能です。詳しく知りたいという方や資料を見てみたいという方は、ぜひ以下からチェックしてみてくださいね。

 

このように、薄毛対策は選択がひとつしかないわけではありません。「カバーする」という視点で、自分のライフスタイルに合ったAGA対策を考えてみましょう。

参考文献
https://www.osaka-clinic.com/column/1668#AGA
https://agacare.clinic/official/column/effect/862/
https://emira-t.jp/special/6918/
http://aga-c.com/aga-knowledge/aga治療、やめるとどうなる!?
http://aga-c.com/aga
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml
https://agahairclinic.or.jp/care/
https://customlife-media.jp/aga-medical-treatment#heading5
https://agahairclinic.or.jp/aga/
https://www.eri-clinic.com/menu/mesotherapy_hairgrowth/
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf
https://www.agaskin.net/chiryo/medicine/
https://agahairclinic.or.jp/drug-minoxidil/
https://www.josaiclinic-fukuoka.com/column/1491
https://customlife-media.jp/aga-cost
https://agatimes.com/usuge/article_004001
https://www.aac-nagoya.com/column/1596
https://smartlog.jp/152790#S34617263
https://agacare.clinic/official/column/effect/839/
https://www.aac-nagoya.com/column/1631#AGA-3
シェアする
いいね!1つ星 2
読み込み中...