増毛スプレー・パウダーでバレることなく薄毛隠し!選び方と使い方

増毛スプレー(薄毛スプレー)や増毛パウダーは、今すぐ手軽に薄毛対策ができておすすめ!

ドラッグストアや薬局などの店頭販売はもちろん、Amazonや楽天などの通販サイトで購入もできて商品バリエーションも豊富です。

最近ではワックス機能が備わったタイプなども登場し、さらに機能が充実しています。

ただし口コミ評判を見ていると、バレる可能性がある・汗や雨で黒いしずく”になる・頭皮環境悪化ではげる可能性もある…というデメリットがあるのも正直なところ。

このようなデメリットを回避するために、今回は男性用増毛スプレーや増毛パウダーの仕組み・正しい選び方・上手な使い方を徹底解説!

どうしてもデメリットが気になる人のために、増毛スプレーや増毛パウダー以外の、男性用薄毛対策法もご紹介します。

増毛スプレー・パウダーの仕組みとは~おすすめできる人も解説~

増毛スプレー・パウダー・パフのアイコン画像

増毛スプレーや増毛パウダーとは、炭や特殊繊維などの微粒子を吹き付ける(振りかける)ことで、髪の毛が増えているように見せる整髪料です。

髪や頭皮に特殊繊維などを絡めつけて定着させることで、髪の密集度が上がったように見えるという仕組みです。

薄毛対策の増毛スプレーや増毛パウダーはいくつか種類があり、それぞれの使い方や特徴が異なります。

増毛スプレーのアイコン画像

スプレータイプ
繊維パウダーを、ヘアスプレーのように吹き付ける。
ヘアセットの仕上げに吹き付けるだけで楽だが、国内流通の種類は少なめ。
(商品名:増毛スプレー、薄毛スプレー、ボリュームアップスプレー)

増毛パウダー(ふりかけタイプ)のアイコン画像

ふりかけタイプ
繊維パウダーを振りかけて頭皮や髪に付着させ、ミストスプレーで固めて定着させる。
商品バリエーションは多いが、パウダー量の調整がしにくく飛び散ってしまいがち。
(商品名:増毛パウダー、薄毛パウダー、マイクロヘアパウダー)

増毛パウダー(パフタイプ)のアイコン画像

パフタイプ
繊維パウダーを含んだパフでポンポンと叩き込んで頭皮や髪に付着させ、ミストスプレーで定着させる。
ピンポイントで薄毛対策できるが、ボリューム感を出しにくくパフ部分が不衛生になりがち。
(商品名:増毛パフ、増毛ファンデーション)

増毛スプレーや増毛パウダーに共通する最大の魅力は「手軽さ」!

増毛系の整髪料には、以下のようなメリットがあります。

増毛スプレー・パウダーの3つのメリット
1 入手しやすい
2 今すぐ薄毛をカバーできる
3 比較的費用が安い

 

増毛スプレー・増毛パウダーは入手しやすく、薬局やドラッグストアなどの店頭販売はもちろん、Amazonや楽天などのネット通販も豊富にあります。

また、増毛スプレーは「今すぐ」薄毛をカバーできるため、コツさえ掴めばすぐに薄毛対策ができます。

そして他の薄毛対策や治療よりも費用が安く、薄毛対策の初心者さんも気軽に始めやすいです。

増毛パウダーのおすすめ商品は、以下からチェックできるので参考にしてください。

増毛パウダーおすすめラインアップ4選

増毛スプレーやパウダーがおすすめの人

増毛スプレーや増毛パウダーは、具体的に以下のような人におすすめです。

増毛スプレーやパウダーがおすすめの人
・初めて薄毛対策をする人
・薄毛の範囲が狭い人(頭頂部の薄毛など)
・円形脱毛症の人(主に単発型)
・整髪料をあまり使わない人
・一時的に薄毛を隠したい人
・毎日ヘアセットに一定の時間をかけられる人

 

手軽に始められるのが魅力の増毛スプレーですが、万人の薄毛対策に向いているとは限りません。

増毛スプレーや増毛パウダーの特性上、おすすめできない人もいるので注意をしてください。

増毛スプレーやパウダーをおすすめできない人
・薄毛の範囲が広い人(地毛が少ない)
・前頭部側が薄いタイプ(M字やU字)の人
・前髪そのものをカバーしたい人
・毎日パウダーやスプレーするのが面倒な人
・出張や旅行が多い人
・汗をかきやすい体質や環境にある人
・頭髪全体に白髪が混じっている人
・根本的な薄毛対策をしたい人
・育毛剤を使った本格的な薄毛対策中の人

 

増毛スプレーやパウダーがおすすめできない理由については、これから紹介するデメリットを見ればお分かりいただけると思います。

もしあなたが「増毛スプレーや増毛パウダーがおすすめできない人」であれば、他の薄毛対策がおすすめです。

詳細は記事の最後に紹介しますが、以下リンクをタップすれば今すぐ内容を見ることができます。

>>増毛スプレーや増毛パウダー以外の薄毛対策を解説

増毛スプレー・パウダーの6つのデメリット!バレる?はげる?

増毛スプレーや増毛パウダーを実際に使った人の口コミを見ていると、このようなデメリットがあるようです。

増毛スプレーや増毛パウダーの6つのデメリット
①毎日の髪型セットに時間がかかってしまう
②上手につけないとばれる可能性あり
③雨や汗で濡れて“黒いしずく”が流れる可能性あり
④パウダーで周りを汚さないかと精神的負担がかかる
⑤出張や旅行の荷物が増えてしまう
⑥頭皮環境を悪化させてしまうことも

 

ここではデメリットについて解説していきますが、特に気になるのは「頭皮環境を悪化させる」ですよね。

ズバリ分かりやすく言うと、「薄毛を促進する(はげる)可能性あり」です。

 薄毛対策として増毛スプレーや増毛パウダーを使用する前に、必ずデメリットも知っておきましょう。

デメリット①毎日のヘアセットに時間がかかってしまう

増毛スプレーや増毛パウダーをたまにつけるだけであれば良いですが、毎日ヘアセットとなると時間が勿体ないです。

増毛スプレーやパウダーは髪型のセットだけではなく、飛び散った粉の掃除やシャンプーでリセットする時間もかかります。

例えば、1回のヘアセットや掃除に15分かかるとして、月450分(7.5時間)もの時間を費やすことになります。

デメリット②上手につけないとバレる可能性あり

増毛スプレーや増毛パウダーは、上手に付けないとバレる可能性があります。

バレやすい例
・増毛スプレーがバリバリに固まって不自然
・増毛パウダーをふりかけすぎて不自然
・地毛の色と合ってなくてバレバレ
・地毛が少ない部分の地肌が黒光りしてバレる

 

ただし、増毛スプレーや増毛パウダーの正しい選び方や上手な使い方をマスターすれば、このような心配はありません。

増毛スプレーや増毛パウダー初心者さんは、コツを掴むまで数回は練習をしましょう。

デメリット③雨や汗で濡れて“黒いしずく”が流れる可能性あり

増毛スプレーや増毛パウダーは、汗や雨などの水分を含むと黒いしずく”になって流れ落ちることがあります。

もしあなたが以下に当てはまる場合、増毛スプレーや増毛パウダーが”黒いしずく”になりやすい環境と言えるでしょう。

”黒いしずく”になりやすい例
・体質的に汗をかきやすい
・汗をかきやすい環境
・外回りなど、直接雨や雪にさらされやすい環境で仕事をしている人
・プールやサウナを頻繁に利用する
・アウトドアやレジャーが趣味

 

もちろん商品によっては汗や雨に強いタイプもありますが、逆に市販のシャンプーで落としづらい…ということもあります。

デメリット④周囲を汚さないか常に心配になる

増毛スプレーや増毛パウダーは先述したように、汗や雨などの水分を含むと“黒いしずく”となって流れ落ちてしまいます。

このようなトラブルで周囲を汚さないために、バスや電車などの座席に頭を付けづらくなるだけではなく、白い枕や白いシャツを着ることが億劫になることも…。

また、増毛スプレーや増毛パウダーを上手に使わないと、周囲にパウダーが飛び散ってしまいます。

ヘアセット時に着ている服はもちろん、自宅の洗面所や壁を汚さないよう気も使ってしまいます(そして同居の家族に「勘弁して…」と怒られる)。

デメリット⑤出張や旅行の荷物が増えてしまう

増毛スプレーや増毛パウダーを毎日使う場合、どうしても出張や旅行の時の荷物が増えてしまいます。増毛スプレーや増毛パウダーだけではなく、衣類の汚れを防ぐケープ・タオル・掃除用品なども必要です。

仮に落ちにくいタイプの増毛スプレーを使っている場合、洗浄力の高いシャンプーも必要になります。

万一衣類が汚れることを想定すると、着替えも多めに準備しないといけません。

デメリット⑥頭皮環境を悪化させてしまうことも

増毛スプレーや増毛パウダーは視覚的なボリュームアップが目的ですが、頭皮を補色するのが前提の商品です。

増毛スプレーにはエタノールが配合されている商品が多く、どうしても頭皮が乾燥しやすい環境となります。

そして増毛パウダーは、定着させるためのミストスプレーにコーティング成分が含まれており、毛穴を塞いでしまうことも…。

増毛スプレーやパウダーなどの整髪料が頭皮に付着することで頭皮環境が悪化すると、髪に栄養を届ける血流や毛母細胞の働きが低下し、薄毛が促進する(はげる)可能性もあります。

もちろん頭皮に優しいと謳っている商品もありますが、商品選びや使い方を間違えると薄毛が促進する(はげる)可能性もある…ということは覚えておきましょう。

デメリットが気になる方へ
増毛スプレーやパウダーを使わずに薄毛を隠すこともできます。
詳しくは記事のラストで解説しますが、今すぐチェックしたい人は以下をタップしてください。
>>増毛スプレーや増毛パウダー以外の薄毛対策を解説

自分にあった増毛スプレー・パウダーの正しい選び方

たくさんのスプレー缶が並んでいる様子

増毛スプレーや増毛パウダーの選び方を知れば、「ばれる」「頭皮環境の悪化」というデメリットを回避できるかもしれません。

これから解説する内容をしっかり理解した上で、最適な増毛スプレーや増毛パウダーを選びましょう。

自分の髪色に合うものを選ぶ

増毛スプレーや増毛パウダーを選ぶ時、自分の髪色に近い色を展開している商品を選びましょう。

というのも、「黒髪」と一言で言っても、「青みがかった黒髪」「光に当たると茶色くなる黒髪」「グレーっぽい黒髪」など地毛の色は多種多様。

「黒髪=どのメーカーの黒でも合う」という訳ではありません。

自分の髪色に合った増毛スプレーやパウダーを選ぶ時は、実際に商品を使った人の口コミなども参考にして選びましょう。

天然成分が配合されているものを選ぶ

増毛スプレーや増毛パウダーを選ぶ時、髪に優しい食物繊維・植物繊維・炭などの天然成分が配合されている商品を選びましょう。

頭皮環境の悪化を防ぐなら保湿成分が配合されている商品、髪の傷みを防ぐためにUVカットができる商品もおすすめです。

そして、頭皮環境を重視するなら、コーティング力が強すぎる商品(耐水性や保持力が高くて洗髪性が低い商品)は避けましょう。

例えば「超耐水」や「雨でも落ちない」などの謳い文句がある、増毛スプレーや増毛パウダーなどです。増毛スプレーや増毛パウダーの定着ミストには、「コポリマー」という定着成分が配合されています。

定着成分であるコポリマーは数種類あり、耐湿性・洗髪性・収束性・セット保持力などの特徴が異なります。

商品によって配合されているコポリマーの製造会社も異なるため、商品の成分表示を見ただけでは判断が難しいです。

ただ、増毛スプレーや増毛パウダーの成分表示にある「コポリマー」の名称を、そのままネット検索で打ち込んでみれば、配合されているコポリマーの洗髪性や保持性を調べることはできます。

増毛スプレーや増毛パウダーに配合されているコポリマーの耐水性や保持力が強くて洗髪性が悪いと、おのずと洗浄力の高いシャンプーが必要となります。洗浄力の高いシャンプーを使うことで、頭皮に必要な脂分まで落としてしまう可能性もあります。

市販のシャンプーで簡単に落とせる商品の方が、髪の傷みや頭皮環境の悪化を防げるでしょう。

「ふりかけ」「パフ」「スプレー」などの種類で選ぶ

薄毛対策で一時的にボリュームアップさせるなら、増毛スプレー・増毛パウダー・増毛パフといった「種類」にも注目しましょう。

それぞれの仕組みや仕上がりの特徴によって、向いている人と向いていない人がいるためです。

向いている
ヘアスタイル
ボリュームアップ
したい範囲
スプレーカチっと固める部分的
ふりかけふんわりと柔らかい広範囲
パフふんわりと柔らかい部分的

※この表は横にスクロール可能です。

増毛スプレーや増毛パウダーの商品によっては、使った後にクシを通せる商品や、ワックスが一体になった商品もあります。

あなたが求めるヘアスタイルのイメージに合ったタイプを選びましょう。

増毛スプレー・パウダーのバレない使い方

手鏡をのぞき込みながらヘアスタイルを整えている男性

増毛スプレーや増毛パウダーがバレないようにするには、上手な使い方を知ることも大切です。

ここでは、増毛スプレーや増毛パウダーの正しい使い方を解説します。

使う前はシャンプーで頭皮状態を整える&髪をよく乾かす

増毛スプレーや増毛パウダーを使う前は、可能であればシャンプーをして頭皮状態を整えましょう。

シャンプーをしたら、ドライヤーで髪をよく乾かしてください。

そして「液状育毛剤」を使っている人は、濡れが乾くまでヘアセットしないでください。

というのも、髪や頭皮に余分な脂分や水分が残っていると、増毛スプレーや増毛パウダーが定着しづらく、成分が固まってダマ”になってしまう可能性があるためです。

増毛スプレーや増毛パウダーを使う前は、水分も育毛剤もよく乾燥させましょう。

服・手・爪にパウダーがつかないように注意

増毛スプレーや増毛パウダーを使用する前に、必ず首周りに汚れてもいいタオルやケープを巻きましょう。

スプレーもパウダーも細かな繊維が飛び散りやすく、服についてしまうと目立ってしまいます。

増毛スプレーや増毛パウダーを使用する場所は、掃除しやすいお風呂場などがおすすめです。

そして手や爪に付いたパウダーは、石鹸でしっかり洗い流しましょう。

もし毎回爪の間に入ったパウダーを石鹸で洗うのが面倒であれば、ビニール手袋を使用するという選択肢もあります。

増毛スプレーは頭皮から離して円を描くように吹き付ける

増毛スプレーは付け過ぎを防ぐためにも、頭皮から15~20cm離して円を描くように使いましょう。

頭皮に近すぎるとスプレーの噴射の跳ね返りが大きく、狙った部分以外の髪や頭皮はもちろん、周囲の壁などにも増毛スプレーが付いてしまいます。

また、増毛スプレーの量が多すぎると、バリバリに固まって不自然な仕上がりになってしまいます。

増毛パウダーはふりかけ過ぎに注意

ふりかけ過ぎたスーパーミリオンヘアーがダマになって取れてしまった様子

(増毛パウダーを振りかけすぎると、ミストスプレーを吹きかけた後にダマができて落ちやすくなってしまう)

ボリュームアップしたいからと、増毛パウダーをふりかけ過ぎるのは絶対NG!

パウダーを過剰にかけるとミストスプレーで定着しづらくなり、パウダーがボロボロとこぼれ落ちやすく なります。

さらに量が多すぎると浮いて見えてしまうため、とても不自然な仕上がりになります。

仕上がりをチェックする

スーパーミリオンヘアーをふりかけ過ぎて不自然に見えてしまっている髪の毛

(光の当たり方によっては、パウダーやスプレーを使った部分が不自然に見えてしまうことも)

増毛スプレーや増毛パウダーを使った後は、明るい室内でこまめにチェックをしましょう。

そして可能であれば、太陽光の下でも仕上がりのチェックをするのがおすすめです。

わざわざ屋外に出るのが大変な場合は、外出の際に確認をする程度でも良いでしょう。

これは、増毛スプレーや増毛パウダーの仕上がりが室内では完璧でも、屋外では不自然に見えてしまっている 可能性もあるためです。

増毛スプレーやパウダーの付け過ぎや地毛の色味のチェックは明るい室内で、そして可能であれば太陽光の下でも最終チェックしましょう

使用後はシャンプーで完璧に洗い流す

増毛スプレーや増毛パウダーを使った日は、必ずシャンプーで完璧に洗い流しましょう。

これは、頭皮環境の悪化や髪の傷みを防ぐだけが目的ではありません。

増毛スプレーや増毛パウダーを落とし切らないと、タオルや寝具にパウダーが付いて色移りする可能性があるためです。

増毛スプレーや増毛パウダーを使った日は、ぬめりが取れるまで完璧に洗い流してリセットしましょう。

増毛スプレーや増毛パウダー以外の薄毛対策を解説

右手の人差指を立てている男性

増毛スプレーや増毛パウダーは、薄毛に悩む人全員におすすめできる対策ではありません。

薄毛の状態やデメリットが気になる人は、増毛スプレーや増毛パウダーの他の薄毛対策の方がおすすめです。

ここでは、増毛スプレーや増毛パウダー以外におすすめの、3つの薄毛対策を紹介します。

もっと薄毛対策を知りたい方は、以下ページも併せてご覧ください。

すべての薄毛対策を読みたい方はこちら

バレずに長持ちする薄毛隠しなら「ヘアライズ®

ヘアライズ(HAIR RISE)®とは、増毛スプレーやパウダーのように髪を増やして見せられる、株式会社スヴェンソンが提案する独自のメソッドです。

髪が太くなるように成分をコーティングしてハリやコシを出すため、たった60分の施術でその場でボリュームアップが可能に!

 株式会社スヴェンソンの「ヘアライズ®」をもっと詳しく知りたい方は、以下リンクをご覧ください。

【実録】スヴェンソンでカットしたらこうなった!薄毛美容室の評判とは

薄毛専門美容室で薄毛が目立たないヘアスタイルへ

薄毛が気になるからと増毛スプレーや増毛パウダーに頼る前に、薄毛専門美容室で薄毛が目立たないヘアスタイルに挑戦してみましょう!

髪を伸ばして薄毛を無理やり隠すよりも、薄毛を知り尽くした専門のヘアスタイリストに仕上げてもらったほうが、無理なく違和感なくカモフラージュできます。

薄毛専門のスヴェンソンスタジオなら、プライバシー確保された半個室で、一人ひとりに応じた頭皮ケアのアドバイスもしてもらえます

ヘアスタイルを工夫するだけで薄毛対策ができ、驚くほど印象が変わりますよ♪

薄毛の方でもカット次第でイケてる髪型に!これだけ変わるビフォーアフター6選

もっと本格的に薄毛対策するなら「マイヘアプラス®

部分的にしっかり本数を増やしたい…そんな人には株式会社スヴェンソンの本格的な薄毛対策「マイヘアプラス®」がおすすめです。

自分の髪1本1本に人工毛髪を結びつけるさせるため、まるで地毛のように増毛が可能!!

スタイリングの自由度も高く、特許技術により定着率は99.2%。さらにリユースができるため、継続利用もできます。

もう汗をかくこともバレることも怖くはないし、毎日のヘアセットに長時間を費やす必要もありません。

「マイヘアプラス®」が気になる人は、以下ページを参考にしてください。

マイへアプラス®をもっと知りたい!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

参考文献

スーパーミリオンヘアー「使用方法(男性)

NHK「髪の洗い方・乾かし方の基本

大正製薬「脱毛予防に大切な頭皮ケアとは

新宿AGAクリニック「整髪料が薄毛の原因に!?使用する際の注意点とは?

互応化学工業株式会社「化粧品原料総合カタログ 2019年版

シェアする
いいね!1つ星 2
読み込み中...