【監修記事】薄毛かも!?髪を増やすにはどんな方法があるのかを解説

フリーライター・編集者・翻訳者。美容からITまで幅広い分野で活動中。1年に1回しか行かない美容院で、「ハサミが悲鳴をあげていますね~」と言われてるくらいダメージを受けた髪の毛が悩み。加えてくせ毛のため、自分にぴったりな髪形がいまいち見つからない。現在は強めのパーマでぼさついた髪の毛をごまかしている。同じような悩みを抱えている人に少しでも情報提供ができればと思っています。

ふと鏡を見たとき、「髪の毛が薄くなってきたかも…」と感じることはありませんか?実際に育毛剤やフリカケを使ってみたけど、なかなか効果が感じられないと悩んでいる人も、中にはいると思います。

そのようなお悩みを解決するべく、今回は髪の毛を増やす方法について解説します。「薄毛が気になる」「髪の毛を増やしたい」という人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫
国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)
1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究25年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

髪の毛を増やす方法を総チェック

AとBの文字

髪の毛を増やす方法は、大きく分けると「地毛だけで何とかする方法(A)」地毛以外で増やす方法(B)」の2択があります。各選択肢について詳しく説明します。

地毛だけで何とかしたい派…A

薄毛の原因はさまざまありますが、一般的には食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなど生活習慣の偏りが挙げられます。そのため、髪の毛を増やすための基本的なステップとして、まずは偏った生活習慣を改善することが重要です。

食事のバランス

栄養素を食べ物別に分類したイラスト 脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミン・タンパク質

食事はビタミン、ミネラル、タンパク質、炭水化物をバランスよく摂取するように意識しましょう。

また、育毛に必要な栄養素が含まれた食材を積極的に摂るのもおすすめです。例えば、豆腐や唐辛子を食べることで、発毛や育毛を促す作用のあるIGF-Iが頭皮に増え、毛母細胞が刺激されます。毛母細胞が刺激されることで、抜け毛を抑制できると言われているのです。

質の良い睡眠と育毛剤の活用

布団と時計の写真

質の良い睡眠も、髪の毛を増やすためには欠かせません。最低でも5~6時間の睡眠が推奨されており、太陽のリズムにあわせて就寝・起床することで髪の毛の成長に影響を与えるホルモンのバランスが整いやすくなります。

生活習慣の見直しの他に、今ある地毛を維持するためには育毛剤での日頃のケアも必要不可欠です。育毛剤の使用目的は、現状の地毛の抜け毛防止には一定の効果が期待できるため、積極的に活用してみましょう。また同時に、髪を作るのに必要な酸素、栄養、水分を運ぶ血流を良くすることも大切です。そのために、育毛剤の浸透をより効果的になるように頭皮の汚れ、余分な皮脂を取り除くことも重要です。

ヘアカットによる対処法

この方法は厳密に言うと「髪を増やす」のではなく「増えたように見せる」方法です。

代表的なものは、カット技術だけで薄毛を目立たなくする「デザインカット」、地毛に特殊なコーティングをすることで髪を太く見せる「ヘアライズ」などがあります(共に株式会社スヴェンソンが提供)。

地毛のボリュームの程度によっては利用できない場合もありますが、初期段階のAGAの方で、とにかく自分の髪にこだわる方、さらにお手軽な方法を検討している方には有効な手段と言えます。

実際にスヴェンソンで「ヘアライズ」の取材をした記事は、以下からご覧になれます。施術後のビフォーアフター写真は必見です。

地毛以外で増やしてもいい派…B

地毛以外に髪を増やす手段としては、製品を使用した「増毛(結毛・ウィッグ)」の方法があります。増毛(結毛・ウィッグ)には主に4つの種類があるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

①編み込み式増毛:3本の特別な糸を髪の毛に編み込みカツラを装着するタイプ
②結毛式増毛:地毛に人工毛を直接結びつけるタイプ
③粘着式増毛:シートの粘着剤を頭につけるもしくは頭にノリを付けて薄くできたカツラを貼り付けるタイプ
④着脱式増毛:金具や樹脂で作られたピンでカツラを固定するタイプ

 

増毛(結毛・ウィッグ)の種類により特徴が異なるため、増毛(結毛・ウィッグ)を検討する際には事前に比較してみると安心です。

ただ製品を使うからといって、地毛の対応を放っておくのではなく、「地毛だけで何とかしたい派」で触れた育毛や生活習慣の改善は同時に行っていくことが望ましいです。

増毛(結毛・ウィッグ)の種類やメリットデメリットなど、詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。

地毛だけで何とかしたい派が知っておくべきこと

笑顔で髪をセットする男性を斜めから写した写真

カツラに抵抗感があり、なるべく地毛だけで何とかしたいという人は必見です。生活習慣の見直しや育毛剤での日頃のケアなど心がけたいことはいくつかありますが、今回はデザインカットのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

「デザインカット」はとにかくその手軽さが魅力です。時間とお金をあまりかけずに「自分がなりたいヘアスタイル」をすぐに手に入れることができます。

またデザインカットは基本、薄毛部分を「短髪」にして毛流れを作り目立たなくする技術なので、短髪スタイルを好む方にはとても良い選択といえます。もちろん地毛なのでパーマやヘアカラーを使うこともできます。

デメリット

デザインカットは全ての薄毛の方が利用できるというわけではありません。

「薄毛を目立たなくする」わけですから、目立たなくするための最低限の地毛が必要になります。AGAの進行が初期の方には有効ですが、目立たなくする地毛の密度には限界があります。また、一度だけカットをすればよいというものではありませんので、定期的なカットが必要になります。

地毛以外で増やしてもいい派が知っておくべきこと

洗面所の鏡の前で髪の毛をチェックする男性の写真

それでは次に、増毛(結毛・ウィッグ)のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

増毛(結毛・ウィッグ)は、「今すぐ薄毛を何とかしたい」という人におすすめです。増毛(結毛・ウィッグ)には大きく分けて4種類がありますが、どの種類も「髪の毛を増やしたことがすぐに実感できる」というメリットがあります。髪の毛をケアしたり、地道に育毛したりする必要がないため、「自分の理想とするヘアスタイル」をすぐに手に入れるという即効性が期待できるのです。

また、髪の毛を増やしたい部分だけ増やすことができるのも、増毛(結毛・ウィッグ)の魅力です。各種類のメリットは、以下の通りです。

①編み込み式増毛:1日中装着したまま過ごせる。スポーツをしたりお風呂に入ったりしてもカツラがずれる心配がなく、アクティブなライフスタイルに適している。

②結毛式増毛:仕上がりがとてもナチュラルで、心理的なハードルが低い。薄毛が進行していない人でも試せる。

③粘着式増毛:髪の毛が短いスタイルも可能で、見栄えが自然。地毛が全くなくても装着可能。

④着脱式増毛:状況に応じて自分でカツラの着け外しができる。1日中装着したくない人や、イベントなどによりカツラを使い分けたい人にはおすすめ。

デメリット

「地毛を育成する」という意識が薄れてしまうのは、増毛(結毛・ウィッグ)の大きなデメリットです。また、増毛(結毛・ウィッグ)を続けるためにはお金がかかり、生活スタイルにあったものを選ばないと失敗することがあります。

①編み込み式増毛:髪の毛の状態や長さによっては、装着できない可能性がある。また、編み込みの土台となる地毛は伸びるため、月一回ほどの定期的なメンテナンスが必要。

②結毛式増毛:クシでとかす際に髪の毛が引っかかりやすい。また、人工毛を直接地毛に結ぶため、地毛に負担がかかりやすい。短い間隔で定期的なメンテナンスも必要。

③粘着式増毛:頭皮を密閉することにより皮膚呼吸を妨げるなどびダメージが与えられる可能性がある。地肌を直接洗えないため、衛生的にも良くない。自身で貼れるものもあるが、広範囲のものはプロの技術が必要となり、これも定期的なメンテナンスが必要。

④着脱式増毛:強風や直接力がかかることで、カツラがズレたりとれたりする心配がある。また金具を地毛にかます時に局所的に負担がかかるので、その部分の地毛の退毛を促進してしまう。

 

各種類の増毛(結毛・ウィッグ)のメリットとデメリットを把握した上で、自分のライフスタイルに合った増毛(結毛・ウィッグ)を選択しましょう。

まとめ

YES/NOの選択をする男性(ミニチュア)のイメージ図

誰もが本来、「自分の髪だけで何とかしたい」と思っているはず。その方法にこだわることは大事ですし、できるだけ地毛を大事にしていきたいものです。また、増毛(結毛・ウィッグ)に抵抗感がある人も、多くいるでしょう。

しかし、増毛(結毛・ウィッグ)を検討する人も少なくありません。その理由は「なりたい髪型に、すぐなれるから」です。解決の目的をそこに置く人にとって増毛(結毛・ウィッグ)は、時間をかけて地毛を増やす必要もなく希望する毛量やヘアスタイルにすぐに手が届くのです。

ただ、増毛によるスタイルづくりは効果的ですが、地毛を育てる頭皮ケアは同時に行っていきましょう。地毛が維持されることは製品を使うスタイルづくりにとっても大切なことです。髪の毛を増やしたいと思ったとき、さまざまな選択肢があることを覚えておきましょう。

参考文献
https://www.biteki.com/hair/trouble/466572#heading01
https://www.shinjukumc.com/aga/aga_male/medical#mathod
https://www.shokumou.jp/about.php
https://customlife-media.jp/aga-effect
https://scalp-d.angfa-store.jp/column/ikumouzai/
シェアする
いいね!1つ星 1
読み込み中...