【解説】これってM字ハゲ?マッサージはM字ハゲに効果があるの?

月刊誌、WEBサイトの編集を経てフリーランスとして活動。スポーツを中心に教育関連や企業PRなどの制作・運営に携わっています。屋外の取材が多く、髪の日焼けやパサつきが気になりつつも「髪コト」に参加するようになって、日々のケア方法などを実践するように。最近はヘッドスパにハマる中、みんなの人生を豊かにするよう記事づくりをしていけたらと思います。

最近額が広くなってきたなと思ってるあなた、それはいわゆる「M字ハゲ」かもしれません。自分でできるM字ハゲへの対処法として、頭皮マッサージがあります。

頭皮マッサージはM字の部分だけに効くということではなく、まずはAGAへの理解が必要になります。この記事ではM字からくるAGAとご自身でできるマッサージを中心に解説します。

国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫
国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)
1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究25年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

M字ハゲとは!?こんな症状は要注意!

男性の生え際をアップした写真

英語のMの字のように生え際が後退していくことから「M字ハゲ」と呼ばれる薄毛の症状があります。

M字ハゲは額の左右が徐々に薄くなっていくもので、そこから頭部全体に薄毛が進行する場合などもあるでしょう。進行具合は人それぞれですが、「あれ!?」と感じたら、すでに抜け毛が進行し後退している可能性があるので、注意が必要です。

M字ハゲに気づく瞬間

M字ハゲは前頭部に症状が出るため、鏡を見て気づく場合が多いようです。最近ではiphoneなどのスマホで自撮りをした時に自分の薄毛に気付くケースも多くなってきています。

友人や家族の指摘よりも先に自分で気づきやすい場所なので、M字を活かした髪型にするなど、早い段階で対策や改善に乗り出すことができます。

M字ハゲのほとんどはAGAが原因。

そんなM字ハゲの原因としては、生まれつきなどの場合も考えられますが、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAは思春期以降の男性に見られ、額や生え際から頭頂部の毛髪が抜けたり、細くなって後退していく症状で、早い場合は高校生年代でも発症します。

AGAの進行にはいくつかパターンがありますが、生え際の左右から後退していくM字ハゲは、前頭部からの進行パターンの一つだと考えられるのです。

「M字ハゲは早めの対処方法が必要」と言われる理由

M字ハゲは額の生え際から後退していくため、実際にどのくらい後退しているのかわかりにくいこともあります。もともとおでこが広い場合もあり判別がつきにくいのです。

しかし、AGAなどが原因のM字ハゲならば、進行も早く、何もしないでいるとどんどん抜け毛が進み、気づいた時には手遅れだったという事になりかねません。薄毛が進行してからは、特に対処法が限られやすい部位でもあります。

「おかしいな…」と感じたら、すぐに予防や対策に動きましょう。

M字ハゲはAGAの始まり

ハミルトンノーウッド分類「前頭部」 進行イメージイラスト

成人男性が薄毛に悩む場合、その原因のほとんどはAGAだと考えられています。まずはAGAについて、見ていきましょう。

AGAの種類を解説。そのうちのM字が該当することを解説。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を指します。思春期以降の男性に見られる薄毛の症状は、そのほとんどがAGAだと考えられているほど、誰がなってもおかしくない症状です。

その原因として考えられているのは、遺伝的要素や男性ホルモンの影響です。さらに過度なストレス、睡眠不足といった生活環境もダメージを生み出します。

例えば過度なストレスを抱えていると、自律神経が乱れ、血液を循環させる機能が正常に働かなくなって血行不良を引き起こしやすくなるのです。その結果、頭皮環境も悪くなり、毛髪の成長を妨げてしまいます。

そして、このAGAはいくつかの進行パターンがあります。

①額の生え際から後退していく場合
②頭頂部から薄くなる場合
③額の生え際や頭頂部からの混合

 

このような進行パターンのうち、額の生え際から後退していく場合、額の左右から後退して「M」の字のようになってしまうため、M字ハゲもAGAの進行パターンの一種と考えられるのです。

M字ハゲは自分でメンテできる?

左右の生え際(M字)を抑える男性

では、実際に「M字ハゲかな?」と感じた時、自分で対処する方法はあるのでしょうか。

治癒できる可能性は低いが、退毛の促進を遅らせる可能性がある。

M字ハゲに気付いた時、自分で出来ることとしてまず浮かぶのが育毛剤の使用でしょう。しかし、育毛剤は「今生えている毛髪」に効くため、根本的な治癒になるわけではなく、後退や退毛の促進を遅らせるといった対処法になります。

頭皮マッサージ

また、自分でできる予防・対処法として取り入れたいのが、血行促進を促すマッサージです。血流を改善することで、髪の生成サイクルが順調に回り、毛髪の成長にも良い影響が出てくるでしょう。生え際、頭頂部など、皮膚が減っている部位に対し、ゆとりを出すように頭皮を緩めるマッサージも血行を良くします。

ここから、頭皮マッサージの基本を「前頭部」「側頭部」「頭頂部」の3つに分けて簡単に説明します。

前頭部のマッサージ 写真解説引用:https://eonet.jp/health/special/special88_3.html

①「前頭部」は両手の親指以外の8本を生え際におきましょう。この時、小指を目頭のライン上、人差し指を頭のハチのラインに置き、その他の指は等間隔になるようにします。それぞれの腹を使って、耳や目尻を、頭頂部に持ち上げるようなイメージで上げていきます。頭皮を上げたまま2~3秒キープしたら、ゆっくり下ろしましょう。この動作を10回行います。

側頭部のマッサージ 写真解説引用:https://eonet.jp/health/special/special88_3.html

②次に「側頭部」です。耳の上にある盛り上がった側頭筋に指をおき、時計回り、反時計回りと10回ずつもみほしていきましょう。それを3セット行うのがベストです。

頭頂部のマッサージ 写真解説引用:https://eonet.jp/health/special/special88_3.html

③「頭頂部」のマッサージは、頭のてっぺんにある百会というツボを刺激します。手のひらを立てて、指の腹を使い百会をとんとんというイメージで軽くパッティングしましょう。そこから頭全体に広げていくと、ストレス解消にもつながります。また、頭皮と同時に首、肩の凝りもほぐすと一層効果的です。

頭皮マッサージについて、より詳しい情報は「このツボが効く!薄毛・抜け毛対策に頭皮マッサージを!」からご覧ください。

眉マッサージ

M字ハゲの原因として、目を酷使することにより眼精疲労が溜まりホルモンバランスが乱れていることが挙げられます。

そこで、眉毛を軽くつまんでいくマッサージが効果的です。目の周りにはいろいろなツボがありますが、眼精疲労の緩和には「清明」と呼ばれる目頭と鼻の付け根の骨との間にあるツボが有効とされています。そのツボを含めて、眉つかみでほぐしていきましょう。

「清明」「太陽」「魚腰」など、目の周りのツボ

眉つかみの方法ですが、まず、まぶたの目頭の部分に、親指を当て人差し指でまゆ毛をはさむようにつまみます。これを眉頭(目頭)から眉尻(目尻)にかけてゆっくりと、3~4か所、つまんでいきましょう。

ツボは専門的には、経穴と言います。東洋医学の重要な言葉で「氣」があります。流れがいいと健康ですが、悪くなると調子が悪くなり、ツボを押さえると痛さを感じます。ツボは、「氣」の流れをコントロールする場所です。

マッサージはあまり力をかけずに痛気持ち良いくらいの感覚がベストなので、力加減を調整しながらやってみましょう。

育毛剤の効果促進のため

こうしたマッサージを行うと、血行改善が見込まれ、頭皮環境が整います。すると、育毛剤がより浸透し、効果がアップしていくでしょう。

かつては、頭皮マッサージをすると炎症を起こしてしまうなどデメリットが考えられていましたが、ほどよい力で刺激を与える頭皮マッサージを行うと、毛髪の成長の種とも言える毛乳頭細胞が活性化されるという研究発表がありました。

さらに、AGA治療薬の代表的なミノキシジルと頭皮マッサージを併用すると、その効果は何もしない時よりも1.5倍にもなるのです。

ミノキシジル配合発毛薬は、使用容量や回数を指定されていますので、使用方法は守るようにしてください。また、医薬部外品などの育毛剤は、少なくとも一日2回は使用すると期待が高まります。たまに使って1本が数か月長持ちするような使い方は期待できません。

育毛剤の効果アップを促すためにも、上記を注意しながらマッサージを取り入れてみるといいでしょう。

まとめ

一歩前進をイメージした「TRY」の文字

鏡を見たり、自撮りをしたりすることで、気付くM字ハゲ。その進行状況によって、自毛植毛や増毛という手段もあります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の進行状況をよく見てみましょう。

しかし、初期段階のM字ハゲの場合は、まだまだ自分でできる予防法や対処法があります。

まずは頭皮マッサージを取り入れてみるといいでしょう。頭皮マッサージは、洗髪時でも可能で、眉マッサージも仕事の合間などスキマ時間に取り入れることができます。

こうしたマッサージを取り入れることで、抜け毛を引き起こす頭皮環境の改善を見込めるうえに、退毛促進を遅らせる可能性が増えていきます。さらに、育毛剤の効果を高める場合もありますよ。

自毛植毛のメリットデメリットについては「植毛とは?増毛との違いやメリットデメリットを徹底比較!」の記事からご覧になれます。

また、増毛の種類や特徴については「増毛の方法って何がある?メリットやデメリットを徹底解説」で詳しい情報を掲載しています。

ぜひ両記事併せてチェックしてください。

参考文献
https://www.aga-clinic.com/column/m-hage/
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml
https://www.clinicfor.life/articles/a-056/
https://customlife-media.jp/wakahage#heading1
https://customlife-media.jp/hairgrowth-effect
https://www.s-re.jp/magazine/health/85/
https://biz-journal.jp/2016/10/post_16835.html
https://www.keirow.com/guide/tsubo/detail-03.html
https://www.esja400.com/column_aga/0016.php
https://agahairclinic.or.jp/drug-minoxidil/
https://www.fnn.jp/articles/-/5565
シェアする
いいね!1つ星 1
読み込み中...